三十二番職人歌合
《三十二番職人歌合》

  十八番 左
われながらおぼつかなしやほねなしのなにをちからに世をわたるらん
 右
ちく生もつかひいるれば中中にわれにはましの熊のおほさよ
左。師子舞の自歌に師子のすがたはなくて。骨なしの一能を取りいでぬる。傍題とも難じ申すべきに。 落葉浮水といふ題にて筏士よめる歌。元久の勅撰に入れられぬる事ふと思出て侍るうへ。 此骨なしといふ事は。かならず師子舞の兼帯する能にて。ほねなしをすなはち師子相撲とも申すとかや。 しからば尤興ある事にや。何を力に世をわたるらんと。ほねなしのよめる利口にぞ侍る。 右。猿引の。つかひいるれば。畜生もわれにはましの能のおほさよといへる。やすらかにいひくだされてきこゆ。 右は。猶題の心たしかに侍れば。師子にはましぞましにて侍るべき

詩歌に戻る