七柏集
《七柏集一上》蓬莱菴興行

     薪の燃かねる舟の露霜   太
膝寄せて相撲の居所譲あひ      桃
    千部の後坐があの放し鳥   江

太…蓼太。
桃…李桃。
江…鱗江。


《七柏集一下》芭蕉菴興行

    夕ぐれ初る荻のうはかぜ   旧国
相撲とり軒につかえる宿かりて    魚文
     さあと鯲の鍋提て出る   太

太…蓼太。

《七柏集一下》雪音廬興行

鴈風呂の機嫌吹るゝ朧影       守
     角力の腹もかく老の春   足
腰かけて塩辛酒の三年ぶり      守

守…月もり。
足…あや足。


《七柏集一下》老鶯巣興行

そよそよと切籠の帋手に風の月    川
     寐ぬ裸子と角力とる爺   太
新酒吐く歩鵜戻の玉だすき      良

川…祇川。
太…蓼太。
良…あき良。


《七柏集一下》鎧渡楼興行

汁かけて飯かいなぐる秋の風     仝
    三番うちに相撲はじまる   貞
何ぞかぞ只すれすれの日枝横川    貞

仝…蓼太。
貞…武貞。


《七柏集一下》芭蕉菴興行

    状からへがす小粒十四五   継
わざはいも三とせの今は関角力    輪
     妻は留主して朝の宿   居

継…有継。
輪…半輪。
居…南居。


《七柏集一下》予が結び捨し仙府の嘉定菴は。十とせ余八とせの露に朽。霜にかたぶきしを。ことし又其地の人々ちからをあはせ。二間の草庵清らかに営建て。月々の雅莚もおこたらずと聞へければ。

    のとろに広き社地の古芝   太
此春の相撲願ひに袴着て       
   爰はひとつと手をうつて置   冠

太…蓼太。
…青
冠…羽冠。


《七柏集一下》雪中菴興行

町並に月見の門を明わたし      仝
     けふの相撲の皆噂なり   枝
広ぶたに足利染の草の花       枝

仝…蓼太。
枝…竜枝。

詩歌に戻る