あけ烏
《あけ烏》

  夏四月朔臨時会
(中略)
しのゝめの駒牽つるゝ旅に出て 土丸更梁 瓜
角力に呼てみたき山の名竹 裡
中秋も十日あまりの昼の月春 蛙

《あけ烏》四季混雑

投られて酒債飛散門角力 亀 公
詩歌に戻る