蕪村遺稿
《蕪村遺稿》秋

故さとの坐頭に逢ふや角力取
よき角力いでこぬ老のうらみかな
夜角力の草にすだくや裸むし
(中略)
訪ひよりし角力うれしき端居哉
角力取つげの小櫛をかりの宿
ちか付の角力に逢ひぬ繍師
(中略) 二ッ三ッよき名望まる角力取
詩歌に戻る