万代狂歌集
《万代狂歌集巻第一》春歌

  力士花をみる釘穴競
ちらぬ間とけふ関取の花見酒くみあふも又幕の内なり

《万代狂歌集巻第一》春歌

  野遊小田手乗安
去年秋の野角力をせし春の野に友とくみあふ吸筒の酒

《万代狂歌集巻第一》春歌

  鶏合を鰭雄
すまひほとたちあふ鶏ををかみては砂をつかんてもとるひな人

《万代狂歌集巻第三》秋歌

  あつさのまたのこりけるを
(中略)
  豊年雪丸
秋の風やつとたちあふ土俵際のこるあつさにうちはあけはや

《万代狂歌集巻第三》秋歌

  角力を室丸
飛いりやことりつかひにつくす手も鴫の羽かへし鴨のいれ首
  社頭の角力を雲多楼鼻垂
いさけふの手からのほとをみや柱ふとしてたてるすまひとりとも
  夜角力を見て賀満守
かりこみし稲をはつみてをのこらかまつ腕をこく秋の夜角力

《万代狂歌集巻第三》秋歌

  野分を
(中略)
  小田手乗安
野角力のありたるあとにのわけして風にくみあふすゝきかるかや

《万代狂歌集巻第六》雑歌

  谷風小野川さしむかひたるかたかけるに菅原長根
風さそふ団扇はひけと立合の遅桜こそけふの花なれ

《万代狂歌集巻第六》神祇歌

  社頭の角力を耳依天具知
十二銅ならて角力の手きれいにひねつてなくる神の広前

詩歌に戻る