年表 鎌倉・室町・戦国・安土桃山・江戸時代
1181養和元10.3蓮花王院総社祭にて相撲 玉葉
1182寿永元8.15石清水八幡宮放生会 吉記
1184元暦元8.15石清水八幡宮放生会にて相撲 山槐記
1187文治311.2是より先、新制を定めんとす、装束の制につき議す 玉葉
11.3装束の制につき左大臣経宗に問ふ 玉葉
1189文治53.3鶴岡法会にて相撲 吾妻鏡
4.3鶴岡祭にて相撲、三島社祭にて相撲 吾妻鏡
6.20鶴岡臨時祭にて相撲 吾妻鏡
7.1鶴岡放生会にて相撲 吾妻鏡
9.10鶴岡末社熱田社祭にて相撲 吾妻鏡
1190建久元4.26女御任子立后儀、装束相撲召合の如し 玉葉
1191建久23.3鶴岡臨時祭にて相撲 吾妻鏡
3.28宣旨あり、服飾の過差を糺す、任大臣節会、装束相撲召合の如し 三代制符 玉葉
12.7三浦介義澄新居にて相撲 吾妻鏡
1192建久38.14鶴岡放生会にて相撲 吾妻鏡
1193建久49.18春日大社若宮祭にて相撲 中臣祐明記
9.19春日大社にて相撲十番 中臣祐明記
1194建久56.17将軍御前にて相撲あり 吾妻鏡
1195建久62.13鶴岡臨時祭にて相撲 吾妻鏡
9.3御所内にて相撲を談ず 三長記
9.9鶴岡神事にて相撲 吾妻鏡
1196建久711.28承恵、承仁両法親王参内 三長記
1198建久9正.1日蝕 明月記
6.27日吉社にて相撲あり 中臣祐明記
6.28稲荷社にて相撲あり 中臣祐明記
6.30春日大社にて相撲十七番 中臣祐明記
1200正治22.2波多野盛道、勝木則宗を捕ふ 吾妻鏡
7.10陣定 猪隈関白記
9.2和田常盛、朝夷名義秀、将軍御前にて相撲 吾妻鏡 南総里見八犬伝 本朝語園
1201建仁元10.6上皇、住吉社に御幸、相撲あり 明月記
10.7上皇、御幸の途次、相撲を覧る 明月記
10.16上皇、熊野本宮御幸、相撲を覧る、定家これを見ず 明月記
10.18上皇、熊野新宮御幸、相撲を覧る 明月記
1203建仁38.14清範、石清水放生会の相撲の深更に及ぶかの由、云ふ 明月記
8.15石清水放生会にて相撲、遅々たり 明月記
1205元久27.27上皇、宇治にて相撲を覧る 明月記
7.28前日に続き相撲 明月記
1206建永元6.21営中南庭にて相撲あり 吾妻鏡
7.9上皇、滋野井の新宮にて相撲を覧る 明月記
1207承元元7.8定家、石清水放生会及び北野祭の牒に加判す 明月記
1208承元29.27朱雀門炎上す 吾妻鏡
1210承元48.16将軍家相撲見物 吾妻鏡
1211建暦元7.1近く公事竪義あり、問者を定む 明月記
7.4問者のうち相撲を止めしむ 明月記
1212建暦27.3院御所にて相撲 明月記
7.15上皇、近々二条泉に御幸して相撲を覧んとす 明月記
7.19上皇、連日二条泉にて相撲を覧、是日還御す 明月記
8.17大膳大夫業忠、相撲して頸を損じ歿す 吾妻鏡 明月記
当年より足助八幡宮放生会にて田楽相撲あり 足助八幡宮縁起
10.3院御所馬場殿に於て相撲あり 明月記
10.8上皇、泉二条泉かに御幸、相撲か 明月記
11.24西坊城にて相撲か 明月記
1213建保元6.11院宣を下して、藤原定家の所領越前国小森保の相撲藤藤太を召進せしむ 明月記
9.22院御所にて相撲 明月記
1214建保24.14日吉祭、大津東浦長者と日吉社神人争ひ、園城寺下法師、延暦寺所司と戦ふ、延暦寺衆徒、園城寺金堂等を焼く 吾妻鏡 華頂要略
1220承久2日吉社領伯耆国宇多川上下庄の内裏造営の役を免除せらる 民経記紙背文書
1221承久36.19官軍勇士錦織判官代を捕へ、斬る 吾妻鏡
1223貞応24.13手鞠御会、競馬、相撲勝負 吾妻鏡
1225嘉禄元6.27相撲小長洲、無実の罪科により所領を追放せられたるにより、一門傍輩の者の北野祭放生会等を勤むべからざるの由、訴訟あり 明月記
1226嘉禄28.1幕府南庭にて相撲 吾妻鏡
1227安貞元2.15幕府南庭にて相撲 吾妻鏡
3.27将軍相撲御覧 吾妻鏡
4.4将軍相撲御覧 吾妻鏡
7.9入道大納言藤原定輔歿す 明月記
1228安貞22.19幕府南庭にて相撲 吾妻鏡
4.26小山第にて相撲 吾妻鏡
6.19醍醐の僧二百人、勧修寺に発向し闘諍す 百練抄
6.28北小庭にて相撲 吾妻鏡
7.8馬場殿にて相撲 吾妻鏡
8.11南庭にて相撲内取 吾妻鏡
1229寛喜元6.16前年破損せる住吉社の修造のことを沙汰す 民経記
6.21住吉社の損色検分のため官使派遣と定む 民経記
6.27経光、住吉社遷宮の奉行を仰せらる 民経記
7.15盂蘭盆供、東北院にて雑人相撲、毎年の事なり 明月記
8.15石清水放生会にて相撲、早し 明月記
1230寛喜27.15盂蘭盆供、東北院にて雑人相撲 明月記
1231寛喜38.4北野祭 民経記
11.3宣旨あり、服飾の過差を糺す 三代制符
1232貞永元7.23御所にて相撲 吾妻鏡
1233天福元8.15石清水放生会にて相撲、雨に依りて遅々たり 明月記
1234文暦元7.15東北院にて雑人相撲 明月記
9.9春日大社相撲、諒闇により止む 中臣祐賢記
1236嘉禎29.6九日の春日大社の相撲止めらる 中臣祐定記
12.17春日大社若宮祭にて相撲 中臣祐定記
1237嘉禎34.19将軍帰洛に際し足利義氏の第に臨む 吾妻鏡
1240仁治元2.2鎌倉における禁制を定む 吾妻鏡
1247宝治元10.3蓮花王院総社祭にて相撲 経俊卿記
1248宝治26.16上皇、十五番の相撲を御覧あらせらる 百練抄
1249建長元5.29台盤所の御倚子成るも、返さる 弁内侍日記
1254建長6.1北条時頼、近臣の武芸怠慢を戒む 吾妻鏡 南総里見八犬伝
1257正嘉元10.15幕府南庭にて相撲 吾妻鏡
1261弘長元7.12将軍、時頼の山庄に遊ぶ 吾妻鏡
1265文永27.24山内第にて相撲あり 吾妻鏡
8.16将軍馬場の儀を観る 吾妻鏡
1266文永39.9春日大社相撲延引 中臣祐賢記
12.9春日大社相撲追行 中臣祐賢記
1271文永88.15石清水八幡宮放生会にて相撲 吉続記
1272文永99.1九日の春日大社相撲につき、諒闇により先例を勘案し、止む 中臣祐賢記
1275建治元9.9春日大社にて相撲 中臣祐賢記
1277建治39.9春日大社の相撲、遷座により止めらる 中臣祐賢記
1278弘安元9.9春日大社にて相撲 中臣祐賢記
1280弘安39.9春日大社にて相撲 中臣祐賢記
1281弘安46.15熊野六月会にて相撲 勘仲記
1282弘安510.3蓮花王院惣社祭の相撲停止せらる 続史愚抄 勘仲記
1283弘安68.15石清水八幡宮放生会にて相撲 公衡公記
9.9春日大社にて相撲 中臣祐春記
1284弘安79.22住吉社触穢の先例を尋ぬ 勘仲記
1287弘安109.18春日大社若宮祭、相撲なし 中臣祐春記
1288弘安118.15石清水八幡宮放生会にて相撲 勘仲記
1321元亨元9.16法隆寺にて祈雨相撲 嘉元記
1334建武元8.16足助八幡宮放生会にて田楽相撲百番 足助八幡宮縁起
1337延元2
建武4
8.28法隆寺講師坊前にて願相撲 嘉元記
是歳武蔵守源基連、息男の平癒を足助八幡宮に願ふ 足助八幡宮縁起
1344興国5
康永3
8.16佐女牛若宮放生会にて相撲 師守記
1384至徳元
元中元
10.27法会あり、軒に幔を引けるを見て相撲節の筵に擬す 後鑑
1416応永239.1伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
1417応永248.15石清水八幡宮放生会にて相撲 建内記
1418応永259.1伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
1419応永269.1伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
10.3是日より法安寺造営勧進相撲 看聞御記
10.4雨に依り相撲延引 看聞御記
10.5勧進相撲、千人ほど群集す 看聞御記
10.6勧進相撲終はる 看聞御記
1420応永279.1伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
1421応永289.1伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
9.9伏見御香宮祭礼にて相撲、喧嘩あり 看聞御記
1422応永296.16即成院にて相撲 看聞御記
8.12田向にて灯炉供養、相撲あり 看聞御記
9.1伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
1423応永307.24田向にて灯炉供養、相撲あり 看聞御記
9.1伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
9.9伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
1424応永318.30田向にて灯炉供養、相撲あり 看聞御記
9.1伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
9.9伏見御香宮祭礼にて相撲、喧嘩あり 看聞御記
1425応永327.12伏見宮貞成、川辺に遊ぶ 看聞御記
9.1伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
9.9伏見御香宮祭礼相撲、雨に依り延引 看聞御記
9.10伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
是歳幕府門前に落書あり、将軍足利義持腹立により諸大名に相撲を禁ぜしむ 看聞御記
1428正長元6.19足利義持、畠山満家邸にて相撲見物 満済准后日記
7.4足利義持、細川持元邸にて相撲見物 満済准后日記
7.10足利義持、赤松満祐邸にて猿楽相撲見物 満済准后日記
7.19山名時煕、足利義持を招く、天皇不予により相撲を略す 満済准后日記
1430永享2石清水八幡宮放生会にて相撲か 師郷記紙背文書
1431永享39.1伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
1432永享49.1伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
9.9伏見御香宮祭礼相撲、雨に依り延引 看聞御記
9.10伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
1433永享57.5清滝宮にて祈雨相撲 満済准后日記
9.1伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
9.9伏見御香宮祭礼相撲、雨に依り延引 看聞御記
9.10伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
1434永享69.1伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
9.9伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
1435永享79.1伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
9.10伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
1436永享89.9伏見御香宮祭礼相撲、雨に依り延引 看聞御記
9.10伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
1437永享99.9伏見御香宮祭礼相撲、雨に依り延引 看聞御記
9.11伏見御香宮祭礼にて相撲 看聞御記
1438永享109.9伏見御香宮にて相撲 看聞御記
1443嘉吉35.28願相撲 経覚私要鈔
9.10伏見御香宮の相撲なし 看聞御記
1450宝徳27.20古市胤仙一族等相撲を為す 経覚私要鈔
8.7祈雨結願の為、奈良にて相撲あり 経覚私要鈔
1452宝徳45.5畑経胤、相撲書を見る 経覚私要鈔
1456康正25.7願相撲 経覚私要鈔
1457長禄元5.22雨の降らざるに依り、地下相撲興行 経覚私要鈔
7.15延命寺にて相撲あり 経覚私要鈔
7.29馬場にて祈雨相撲 経覚私要鈔
8.3北里上水屋にて祈雨相撲 経覚私要鈔
8.8八島社にて祈雨相撲 経覚私要鈔
8.14布留郷にて祈雨相撲 経覚私要鈔
是秋南北郷民、高山にて祈雨相撲 経覚私要鈔
1458長禄27.15経覚、延命寺に赴き相撲を見物す 経覚私要鈔
1472文明44.27祈雨相撲に加へ興福寺中院宮遷猿楽出来、郷民迷惑す 尋尊大僧正記
5.11相撲頭につき衆徒蜂起、翌日治定す 尋尊大僧正記
5.21南北郷相撲あり、百二十番 尋尊大僧正記 大乗院日記目録
5.28衆中に立願相撲あり 尋尊大僧正記
11.14南北郷中の相撲銭につき定めんとす 尋尊大僧正記
12.4春熊丸及び幸円法師に相撲銭を催促す 尋尊大僧正記
1477文明911.20衆中より相撲銭上納さる 尋尊大僧正記
1478文明102.21高山八講の相撲銭につき触れあり 多聞院日記
7.24高山八講の相撲銭につき触れしむ 多聞院日記
9.9岩屋社社頭にて郷中相撲あり 言国卿記
11.20東金堂領木本庄の事につき相論あり 多聞院日記
11.25なお相論あり 多聞院日記
1479文明112.23奉行兼乗出仕す 尋尊大僧正記
7.26福寺にて勧進相撲あり 尋尊大僧正記
1480文明125.20相撲銭を賦課せず 尋尊大僧正記
8.6布留郷にて相撲あり 尋尊大僧正記
8.20幸郷より愁訴あり 尋尊大僧正記
11.27興福寺若宮祭にて相撲 尋尊大僧正記
12.1興福寺両堂より祭礼相撲懸布出づ 尋尊大僧正記
1481文明139.9古市、近日相撲銭を賦課せる旨下知す 尋尊大僧正記
1483文明158.4高山にて郷人相撲あり 尋尊大僧正記
1484文明162.28高山八講に相撲銭を賦課せんとす 多聞院日記
3.1十輪院の町人来りて相撲銭の事につき訴ふ 多聞院日記
3.5相撲銭を催促す 多聞院日記
7.12朝倉景総、相撲場にて朝倉教景を誅す 朝倉始末記
11.27興福寺若宮祭にて相撲 多聞院日記
1485文明176.17高山北里にて祈雨相撲、翌日南里にて相撲 尋尊大僧正記
7.3相撲治定 政覚大僧正記
7.8地下祈雨相撲を二十四日と定む 尋尊大僧正記
7.24南北郷相撲あり、百二十番 尋尊大僧正記 大乗院日記目録
1489延徳元7.23福寺にて勧進相撲興行、二十七日まで五日間 尋尊大僧正記 政覚大僧正記
9.9相撲に喧嘩あり 山科家礼記
1490延徳27.15南北相撲治定 尋尊大僧正記
7.16松梅院、右近馬場にて相撲を取るを許さず 北野社家日記
祈雨相撲あるべき旨風聞あり 蓮成院記録
8.1南北郷祈雨相撲習礼あり 蓮成院記録
8.4南北郷にて祈雨相撲あり 尋尊大僧正記 大乗院日記目録 蓮成院記録
是歳奈良中狼藉につき記せるあり 尋尊大僧正記
1492明応元是歳近来の新儀、悪行にして停止せらる 尋尊大僧正記
7.3祈雨相撲行はれず 蓮成院記録
7.20神木にて酒を飲むことを話す 山科家礼記
8.23慶忍専当死す 尋尊大僧正記
8.28辰市の郷につき記事あり 尋尊大僧正記
1493明応210.28二十九日に祈雨猿楽あるにより、南北郷民相撲銭を猿楽禄物となす 尋尊大僧正記
11.23古市、近日相撲銭を賦課せる旨下知す 尋尊大僧正記
1495明応47.14細川政元の従士、上原賢家の従士と相闘ひ共に死す、賢家恐れて丹波に奔り、尋で近江東坂本に逃る 実隆公記 後法興院記
10.13二条御壇所坊主民部卿来り、奇談を語る 尋尊大僧正記
1496明応55.9雨乞地下相撲 尋尊大僧正記
1497明応610.23相撲銭等につき悪行あり 尋尊大僧正記
1506永正37.11細川政元、令して撰銭相撲博奕等を停止す 実隆公記
7.26法隆寺にて祈雨相撲あり、寺僧四五人殺さる 尋尊大僧正記
1533天文23.5相撲銭を賦課せんとす 蓮成院記録
相撲銭を賦課せんとす 蓮成院記録
相撲銭調はず 蓮成院記録
11.21相撲銭を賦課せんとす 蓮成院記録
1542天文116.17住吉社相撲会退転につき南都より訴へあり、女房奉書にて旧来に復すべく命ず お湯殿の上の日記
1563永禄72.3丹波国山国庄にて相撲か、未詳 お湯殿の上の日記
1570元亀元3.3信長、常楽寺にて相撲を興行す、鯰江、青地、相撲奉行を仰付らる 信長公記 信長記 織田軍記
1578天正62.29信長、安土御山にて相撲興行 信長公記 織田軍記
8.3兼見、下御霊社へ勧進相撲見物に赴く 兼見卿記
8.15信長、安土御山にて相撲を興行す 信長公記 織田軍記
8.24木瓜大明神祭礼、勧進相撲停止 兼見卿記
9.9信長、安土御山にて相撲を取らしむ 信長公記 織田軍記
10.5信長、二条屋敷に相撲を興行す 信長公記 織田軍記 兼見卿記 多聞院日記
1579天正77.6信長、安土御山にて相撲興行、二日間 信長公記 織田軍記
8.6信長、安土御山にて相撲興行、翌日もこれあり 信長公記 織田軍記
8.24木瓜大明神祭礼、喧嘩を防がん為に勧進相撲を停止す 兼見卿記
1580天正85.5信長、安土御山にて相撲興行 信長公記 織田軍記
5.17信長、安土御山にて相撲興行 信長公記 織田軍記
6.13相撲取円浄寺源七、勘気を蒙る 信長公記 織田軍記
6.24信長、安土御山にて相撲興行 信長公記 織田軍記
1581天正94.21信長、安土御山にて相撲興行 信長公記 織田軍記
1582天正103.5相撲銭を徴収す 蓮成院記録
1590天正186.16興福寺大門にて相撲を取るあり、捕へらる 多聞院日記
1591天正199.19家康、船橋意冨日神社にて相撲を覧る 江戸名所図会
1592文禄元11.27興福寺若宮祭 蓮成院記録
1593文禄27.6豊臣秀次、相撲を覧る 言経卿記
7.18豊臣秀次、相撲を覧る 言経卿記
7.26豊臣秀次、相撲を覧る 言経卿記
8.21豊臣秀次、相撲あるも見物せず 言経卿記
8.24豊臣秀次、相撲あるも見物せず 言経卿記
1601慶長63.3松梅院、薬師衆と相撲見物 北野社家日記
1603慶長86.16公家衆、賀茂にて相撲見物 鹿苑日録
1604慶長97.17家康、秀康伏見第にて相撲を覧る 東照宮御実紀
9.8是より先、三宝院准后義演、醍醐寺鎮守清滝宮祭礼能を再興し、是に至り、相撲儀を再興す 義演准后日記
1605慶長106.11中臣祐範、神人衆の相撲を禁ず 春日正預祐範記
6.16辻斬あり、公家抱の相撲取穿鑿する旨、所司代板倉勝重の書状あり 言経卿記
7.23山城醍醐郷にて地蔵市、是日より勧進相撲あり 義演准后日記
7.24是日も相撲群集す 義演准后日記
9.23家康、下野守忠吉邸にて相撲を覧る 台徳院殿御実紀
1609慶長147.24地蔵市、相撲あり 義演准后日記
9.9清滝宮祭礼、相撲あり 義演准后日記
1611慶長168.2駿府藤堂高虎邸にて相撲 台徳院殿御実紀
1612慶長174.7梅津政景相撲見物 梅津政景日記
4.10梅津政景、山ノ神にて相撲見物 梅津政景日記
7.15梅津政景、相撲と踊を見る 梅津政景日記
1614慶長197.10喜多院の所化達、相撲を取る 慈性日記
1618元和48.1是より前、馬場相撲見物 慈性日記
1620元和69.29山神祭にて相撲あり 梅津政景日記
1621元和77.24地蔵市、相撲あり 義演准后日記
1624寛永元是歳明石志賀之助、江戸四谷塩町にて勧進角力晴天六日興行、大に疑ふべし 大江戸春秋 近世奇跡考 画証録 嬉遊笑覧 江戸繁昌記 浪華百事談
1627寛永47.18梅津憲忠及び政景、勧進相撲を見物す 梅津政景日記
1628寛永55.16梅津政景、勧進相撲を見物す 梅津政景日記
1629寛永63.29梅津政景、勧進相撲興行を許す 梅津政景日記
1630寛永74.3梅津政景、勧進相撲見物 梅津政景日記
4.4梅津政景相撲見物 梅津政景日記
4.12梅津政景、勧進相撲見物 梅津政景日記
4.18梅津政景、斎藤小右衛門所にて相撲見物 梅津政景日記
1637寛永147.22将軍、加州力士を召して相撲を取らしむ 大猷院殿御実紀
1638寛永154.7島原征討兵、相撲を取る 島原天草日記
4.15島原征討兵、再び相撲を取る 島原天草日記
1644正保元3.5元吉原揚屋甚左衛門方にて狼藉 洞房古鑑
1645正保2下賀茂会式にて晴天十日勧進相撲、京都勧進相撲の始とせらる 大江戸春秋 近世奇跡考 画証録 嬉遊笑覧 江戸繁昌記 浪華百事談
8.4平野にて相撲あり 
10.22石谷十蔵、馬士関源蔵と相撲を取る 翁草
1648慶安元2.28相撲取の下帯に絹を用ゐるを禁ず 御触書寛保集成 大江戸春秋 嬉遊笑覧
辻相撲を禁ぜらる 御触書寛保集成
辻相撲禁制、市井に令せらる 大猷院殿御実紀 御触書寛保集成
1651慶安47.21相撲取の異名を禁ぜらる 厳有院殿御実紀 御触書寛保集成 嬉遊笑覧
1661寛文元12勧進相撲を禁ぜらる 御触書寛保集成
是歳明石志賀之助の勧進角力是歳ともいふ、大に疑ふべし 画証録 嬉遊笑覧 江戸繁昌記 浪華百事談
1665寛文5辻相撲を禁ぜらる 御触書寛保集成
1678延宝64.19江戸深川芦野民部邸にて相撲 鈴木修理日記
1687貞享4踊及び辻相撲を禁ぜらる 御触書寛保集成
8.18尾張甚目寺の相撲場にて行司が百姓に切らる 鸚鵡籠中記
1689元禄26.9市井の相撲及び戯踊を禁ぜらる 常憲院殿御実紀 御触書寛保集成
1690元禄3路上の相撲及び戯踊を禁ぜらる 常憲院殿御実紀 御触書寛保集成
1691元禄47.14朝日重章、尾張山田にて相撲見物 鸚鵡籠中記
7.16朝日重章、再度尾張山田にて相撲見物 鸚鵡籠中記
1692元禄59.9飾摩津天満宮祭礼にて相撲 椎の葉
是歳大坂勧進相撲の始め、但し疑ふべし 摂陽見聞筆拍子 摂陽奇観 近世奇跡考 嬉遊笑覧 浪華百事談 摂津名所図会大成
1694元禄7路上の相撲を禁ぜらる 常憲院殿御実紀 御触書寛保集成
1699元禄125.28京岡崎にて勧進相撲、のち京吉祥寺にて勧進相撲 鸚鵡籠中記
7.16尾張伏見にて勧進相撲 鸚鵡籠中記
尾張一色村にて相撲、騒擾により以後名古屋の者の他所にて相撲取るを禁ぜらる 鸚鵡籠中記
1700元禄13京都高野川原赤の宮にて相撲 嬉遊笑覧
1701元禄144.22是日より京岡崎にて勧進相撲 鸚鵡籠中記
4.27朝日重章、京岡崎にて勧進相撲見物 鸚鵡籠中記
11.9隆光僧正相撲見物 隆光僧正日記
1703元禄166.2隆光僧正、戸沢上総介を訪ふ、能、相撲あり 隆光僧正日記
辻相撲及び辻踊を禁ぜらる 常憲院殿御実紀 御触書寛保集成
1706宝永32.14江戸兜町牧野讃岐守邸にて相撲 鈴木修理日記
1707宝永4辻相撲及び辻踊を禁ぜらる 常憲院殿御実紀 御触書寛保集成
1711正徳元市井の相撲を禁ぜらる 文昭院殿御実紀 御触書寛保集成
1713正徳3故出来山の子、鰺の尾の喉に刺さりて死す 鸚鵡籠中記
1716享保元是歳京都にて勧進相撲 嬉遊笑覧
1717享保28.3尾張下飯田にて相撲、朝日重章これを見物す 鸚鵡籠中記
11.21明年より祭における狂言踊等の一切を禁ぜらる 鸚鵡籠中記
1719享保47.28辻相撲及び辻踊を禁ぜらる 有徳院殿御実紀 御触書寛保集成
1720享保5辻相撲及び辻踊を禁ぜらる 有徳院殿御実紀 御触書寛保集成
1722享保74.2芝大仏地内にて勧進相撲 享保世話
1723享保8是歳大坂勧進相撲、三十年の中絶の後に当年再興か 摂陽奇観 浪華百事談 摂津名所図会大成
1724享保94.18神田明神にて勧進相撲 享保世話
1727享保126.4是日より五条八幡社修復のため勧進相撲、十日間 妙法院日次記
1728享保133.4東海道辺雷雨大風、岡崎にて抱へ主に参ぜる相撲取、倒れたる松に当たり圧死す 月堂見聞集
1730享保155.14南殿にて相撲二十五番御覧 妙法院日次記 月堂見聞集
1732享保174.11江戸下谷広徳寺前成就院にて相撲興行 月堂見聞集
1738元文312.20大坂相撲勧進元鬮取始まる 摂陽見聞筆拍子 摂陽奇観
1743寛保3市井の相撲を禁ぜらる 御触書寛保集成
1745延享211.10奥州加美郡宮崎にて相撲 芦東山日記
1746延享3関取雷電死す 摂陽奇観
1747延享411.10丸山、二世市川団十郎を訪ふ 老のたのしみ抄
1750寛延38.8谷風梶之助、奥州に生 摂陽見聞筆拍子 摂陽落穂集 大江戸春秋 寸錦雑綴 蒹葭堂雑録 梅翁随筆 傍廂
1751宝暦元壺井社勧進相撲、生玉寄進相撲 摂陽奇観
8.15是日より坂町裏寄進相撲 摂陽奇観
1754宝暦45.6是日より二条川東にて相撲、廿四日まで 在京日記
8.12是日より二条川東にて相撲 在京日記
1755宝暦55.6是日より二条川東にて相撲 在京日記
8.11是日より二条川東にて相撲 在京日記
10生玉勧進相撲 浪花見聞雑話
1756宝暦64.16是日より京都相撲 在京日記
1757宝暦76.4二条河原相撲始まらず太鼓のみ廻る 在京日記
1758宝暦8大坂勧進相撲、七日間興行を当年より十日興行に改む 摂陽落穂集 摂陽奇観 浪華百事談
1760宝暦107.9是日より天神裏大相撲 本居宣長日録
1762宝暦125.2侠客根津四郎右衛門死す 摂陽落穂集 摂陽奇観 浪華百事談
1763宝暦1311.2是日より山薬師境内にて相撲 本居宣長日記
1764明和元5.18是日より大相撲 摂陽奇観
11.19相撲取衣笠の新助、弥藤平と喧嘩 明和雑記
1765明和2難波新地にて大相撲、勧進元陣幕長兵衛 明和雑記
1766明和37.24相撲取万力と元相撲取万太、天満寺町にて喧嘩 明和雑記
1768明和5是夏大坂道頓堀にて女相撲あり 浪花見聞雑話 幽遠随筆
1769明和62.18浅草寺観音開帳 半日閑話
是歳大坂にて盲人相撲及び女相撲あり 摂陽奇観 幽遠随筆
1770明和79.19磐井郡渋民にて相撲、廿一日まで 芦東山日記
10江戸市谷左内坂にて相撲、釈迦ヶ嶽来る 半日閑話
1772安永元大坂大相撲、畳札切り落とし始まる、大男釈迦ヶ嶽来る 摂陽奇観
8.26池田正樹、大坂大相撲八日目を見物す 難波噺
1773安永210.23相撲取を其技を生業とするものに限る 浚明院殿御実紀 御触書天明集成
12大坂相撲勧進元鬮取、角力取共一人も出ず 摂陽見聞筆拍子 摂陽奇観
1774安永3大坂大相撲興行 摂陽見聞筆拍子 摂陽奇観
1775安永4大坂勧進相撲定書を定む 摂陽見聞筆拍子 摂陽奇観
1776安永5大坂大相撲興行、達ヶ関、谷風と改む 摂陽奇観 大江戸春秋
1778安永73.28江戸勧進相撲興行、当場所より八日間興行を十日間に改む 海録 明和誌 岡場遊廓考 天明紀聞 嬉遊笑覧 宝暦現来集 半日閑話 一話一言 通詩選諺解
1779安永85.16蒹葭堂、相撲と木遣を見物 蒹葭堂日記
8.14蒹葭堂、土佐楠瀬を伴うて相撲を見物す 蒹葭堂日記
9.14兵庫曾根天満宮にて相撲 秋山記
1780安永95.21是日より大坂難波新地にて大相撲興行、十日目五人懸かりあり 摂陽落穂集 摂陽奇観 浪華百事談
8.1伊豆岩科十王堂にて相撲あり 伊豆紀行
8.15伊豆三島明神にて相撲あり 伊豆紀行
8.19伊豆岩科神明にて相撲あり 伊豆紀行
9.24伊豆愛宕山にて相撲あり 伊豆紀行
9.25伊豆みの輪天神社にて相撲あり 伊豆紀行
1781天明元大坂難波新地にて大相撲興行、十日目五人懸かりあり 摂陽落穂集 摂陽奇観
10.2回向院住持殺害せられ二百両盗まる、元相撲弟子の仕業なる噂あり 天明紀聞
11江戸勧進相撲回向院にて興行、繁昌なり 天明紀聞
11風邪流行す、谷風と称せらる 天明紀聞
1782天明23.28谷風、小野川に敗る 俗耳鼓吹
4.1大田南畝ら、牛島中田屋にて宴す、谷風ら来る 三春行楽記
5.7蒹葭堂、相撲地取を見物す 蒹葭堂日記
5.17是日より大坂大相撲興行 摂陽奇観
1783天明311江戸勧進相撲興行、大当たり 天明紀聞
1784天明44.8天王寺豊後相撲再興 摂陽奇観
1785天明511.26大槻玄沢、長崎にて八ッヶ峰に会う 瓊浦紀行
1786天明65.5海田市にて勧進相撲あり 耳の垢
5.18漣荒助、蒹葭堂を訪ひ、溝口状を持来る 蒹葭堂日記
是秋白山権現境内にて子供相撲あり 宝暦現来集
12.20大坂西役所にて相撲鬮取あり 蒹葭堂日記
1787天明73.7鈴鹿山万吉、孝行につき褒美下さる 天明紀聞
1788天明82.15大童山文五郎生まる 一話一言 雪の古道
11江戸勧進相撲 よしの冊子
1789寛政元.22其角、力士相浪と同道す 寛政己酉句録
7.16其角、自抄を伴ひて相撲見物 寛政己酉句録
7.28其角、相撲を見物す 寛政己酉句録
大坂難波新地にて大相撲興行、九紋龍初めて来坂 摂陽奇観
11.28谷風小野川に横綱免許あり 摂陽見聞筆拍子 摂陽奇観 続飛鳥川 きゝのまにまに 大江戸春秋 寸錦雑綴 梅翁随筆 傍廂 宝暦現来集 高山彦九郎紀行 甲子夜話 春水掌録 よしの冊子 雨中の伽 一話一言 ふでのまにまに 吟社懐旧録書込
1790寛政25.24是日より大坂大相撲興行 摂陽見聞筆拍子 摂陽奇観 摂津名所図会大成
1791寛政36.3上覧相撲を五日と定む 御触書天保集成
6.5上覧相撲延引 御触書天保集成 きゝのまにまに よしの冊子
6.9上覧相撲を十一日と定む 御触書天保集成
6.11吹上にて上覧相撲 文恭院殿御実紀 摂陽見聞筆拍子 塵泥 明和誌 きゝのまにまに 大江戸春秋 遊藝園随筆 宝暦現来集 甲子夜話 片玉集 春水掌録 よしの冊子 雨中の伽 一簾春雨 藤岡屋日記 摂津名所図会大成
牛込神楽坂にて稽古相撲 よしの冊子
1792寛政47.18是日より大坂大相撲興行 摂陽奇観
8.3白山新作、稽古中に骨を砕き即死す 摂陽奇観
1793寛政56.19黒雲、下谷辺にて切らる よしの冊子
1794寛政64.9浜の庭園にて上覧相撲 文恭院殿御実紀 半日閑話 街談録 藤岡屋日記
4.14力士、年寄、行司に白銀及び米を下さる 文恭院殿御実紀 御触書天保集成
1795寛政7正.9谷風死す 摂陽見聞筆拍子 摂陽落穂集 大江戸春秋 寸錦雑綴 蒹葭堂雑録 梅翁随筆 傍廂 吟社懐旧録書込
8.19是日より大坂大相撲興行 摂陽奇観
12.20大坂相撲勧進元鬮取延引 摂陽奇観
1796寛政82.25大坂相撲勧進元鬮取あり 摂陽奇観
是歳幼年力士の絵を禁ぜらるか 街談録
1797寛政910.26是日より新庄村にて相撲、五日間 耳の垢
1798寛政10是歳大坂勧進相撲、虎ヶ嶽卯蔵土俵入披露 摂陽奇観
1799寛政1110大崎にて相撲、晴天三日間 耳の垢
11.6雪島方にて相撲、晴天三日間か 耳の垢
1800寛政1211.6江戸勧進相撲初日、雷電、鯱に敗る あがたの三月よつき
1802享和27.20霧島土俵にて相撲、晴天五日間 耳の垢
9.18浅草観音堂脇にて童相撲上覧 文恭院殿御実紀 甲子夜話 一話一言
12.4吹上庭園にて相撲上覧 文恭院殿御実紀
1803享和38.9江戸金毘羅宮で相撲 享和句帖
8.10引き続いて相撲 享和句帖
10.23大田南畝ら、浮世小路百川楼にて宴す、荒岩来る 細推物理
1804文化元6.3大坂難波新地にて大相撲興行、大童山来る 噺の苗
1805文化22.16相撲取、め組人足と喧嘩 きゝのまにまに 角力め組鳶人足一条 艮斎間話 藤岡屋日記 街談文々集要
10.29回向院勧進相撲始まる 文化句帖
1807文化48.6信濃安源寺小内八幡宮にて相撲 連句稿裏書
1808文化57.28右大臣一条忠良、京都にて内覧相撲 忠良公記
8.28信濃柏原時宮にて寄相撲 文化五年八月句日記
1809文化65.26是日より大坂難波新地にて大相撲興行 摂陽奇観
6.20大坂日本橋通一丁目宿屋に於て大喧嘩あり 噺の苗 摂陽奇観 閑度雑談
1810文化7是夏大坂勧進相撲興行 摂陽奇観
是秋京二条にて勧進相撲、緋縅、雷電を破る 一話一言
10.17一茶、香取神宮で相撲見物 文化三〜八年句日記写 七番日記
11.23阿州公鉄砲洲別荘にて相撲 七番日記
1812文化92.11力士相馬山斬らる 壬申掌記 街談文々集要
1816文化13.23信濃建水別神社にて相撲 七番日記
.26信濃白鳥社にて相撲 七番日記
1817文化1410.7信濃大倉にて喧嘩 七番日記
1818文政元大坂道頓堀にて大相撲興行 摂陽奇観
7.15是日より名古屋大乗院にて大相撲興行、廿五日まで 見世物雑志
1819文政2大坂勧進相撲興行 摂陽奇観
7.29信濃柏原にて相撲 八番日記
清水にて子供相撲興行 見世物雑志
広井八幡地内にて子供相撲興行 見世物雑志
10岐阜にて子供相撲興行 見世物雑志
1820文政3巾下浅間にて子供相撲興行 見世物雑志
6.3是日より大坂難波新地にて大相撲興行 摂陽奇観
1821文政45.7是日より大坂難波新地にて大相撲興行 摂陽奇観
5.11朝日山弟子水分山、棒縛りの上打擲さる 摂陽奇観
1822文政5葺屋町の戯場にて喧嘩 甲子夜話
5.26日暮里浄光寺にて子供相撲あり 宝暦現来集
6.27是日より大坂大相撲興行 摂陽奇観
7.4大坂大相撲八日目、相撲もめ合ひ、阿波方場所を引き払ふ 摂陽奇観
侠客ヤバの清こと時津浪入牢 摂陽奇観
1823文政6時津浪、摂河払ひとなる 摂陽奇観
4.3吹上にて上覧相撲 文恭院殿御実紀 宝暦現来集 巷街贅説
5.9時津浪の倅ら、佐渡へ遠流さる 摂陽奇観
6.23是日より大坂大相撲興行、玉垣柏戸に五条家より横綱免許あるも土俵入り行はれず 摂陽奇観
7.16是日より名古屋若宮にて子供相撲興行 見世物雑志
10.27是日より名古屋大乗院にて中相撲興行 見世物雑志
1824文政7佐渡遠流の者共脱走、南都にて捕はれ再度流さる 摂陽奇観
6.4是日より大坂大相撲興行 摂陽奇観
6.18大坂相撲頭取湊由良右衛門葬送 摂陽奇観
7.29雨降りて信濃柏原の相撲行はれず 文政句帖
8.17是日より名古屋大乗院にて花相撲興行、三日間 見世物雑志
9.19信濃六川にて相撲地取 文政句帖
9.23信濃六川にて相撲 文政句帖
1825文政8正.2雲早山森之助死す 摂陽奇観
6.6是日より大坂難波新地にて大相撲興行 摂陽奇観
10.11是日より名古屋広井八幡にて子供相撲興行 見世物雑志
10江戸芝神明にて勧進相撲、見物充溢せり、後に稽古相撲興行 道聴塗説
12.20大坂相撲勧進元鬮取あり 摂陽奇観
1826文政96.2是日より大坂難波新地にて勧進相撲興行 摂陽奇観
7.7名古屋法華寺下聖徳寺にて花相撲興行 見世物雑志
1827文政10大空武左衛門、江戸に来る 兎園小説余録 平野弥十郎日記 きゝのまにまに 遊藝園随筆 甲子夜話 永代庚申帖 嬉遊笑覧 藤岡屋日記
.3是日より大坂難波新地にて勧進相撲興行 摂陽奇観
1828文政11江戸勧進相撲興行、阿武松横綱を張る 藤岡屋日記
6.26是日より大坂大相撲興行 摂陽奇観
12.7是日より神田明神にて稽古相撲あり 馬琴日記
12.13馬琴及び嗣子宗伯、稽古相撲見物に赴くも延引さる 馬琴日記
12.14馬琴及び嗣子宗伯、稽古相撲見物 馬琴日記
12.17稽古相撲十日目、取り納め 馬琴日記
1829文政129.17大坂難波新地にて稽古相撲興行、五日間 摂陽奇観
9.29渋谷金王境内素人相撲にて喧嘩 続道聴塗説
11.23名古屋萱屋町観音院にて花相撲興行 見世物雑志
是歳伊達遠江守江戸屋敷和霊大明神社山上にて素人相撲始まる 椎の実草
1830天保元3.23吹上にて上覧相撲 文恭院殿御実紀 続道聴塗説 巷街贅説 甲子夜話
8.6是日より大坂難波新地にて勧進相撲興行 摂陽奇観
8.12大坂勧進相撲四日目、御手洗相撲中に腕抜ける 摂陽奇観
11.11江戸勧進相撲、太鼓廻る 斎藤月岑日記
1831天保2正.27是日より名古屋広井八幡にて花相撲興行、二日間 見世物雑志
6.24是日より大坂難波新地にて大相撲興行 摂陽奇観
7.5朝日山森右衛門本葬 摂陽奇観
8.5若松吉蔵、強盗につき引き廻し獄門 摂陽奇観
是冬勧進能延引により能相撲両鼓紛はしく、もめる 甲子夜話
1832天保33.10名古屋広井八幡にて花相撲興行 見世物雑志
5.9神田明神にて花相撲あり、是日初日 馬琴日記
5.14神田明神の花相撲大入 馬琴日記
5.17馬琴嗣子宗伯等、神田明神の花相撲見物 馬琴日記
5.26芝崎にて相撲あり 馬琴日記
9.14是日より大坂難波新地にて大相撲興行 摂陽奇観
10大坂大相撲、風邪流行により七日目にて打ち止め 耳の垢
11.14江戸勧進相撲、太鼓廻る 馬琴日記
1833天保43.1是日より大阪難波新地にて見世物、追善相撲あり 摂陽奇観
上ノ口力士功、河豚毒に中りて死す 甲子夜話
1834天保5正.27江戸勧進相撲、昨冬の取り残しある故前日太鼓廻すも、雨天にて延引 馬琴日記
4.4浅草観音にて童相撲上覧と定められたるも延引さる 甲子夜話
4.5童相撲上覧を六日と定む 甲子夜話
4.6童相撲上覧あり 甲子夜話
4.18再び童相撲上覧と定められたるも延引せらる 甲子夜話
4.25浅草筋にて童相撲上覧 馬琴日記 甲子夜話
1835天保66.12院内山神堂祭礼にて相撲、翌日も行はる 門屋養安日記
6.24院内愛宕山祭礼にて相撲 門屋養安日記
9.4是日より院内山神堂にて相撲興行 門屋養安日記
11江戸勧進相撲大入 山東京山書簡
1836天保78.22是月、郡内騒動起こる、是日、相撲取みたて山大五郎大斧を振り廻す 峡陽来書
9.3是日より院内にて相撲興行 門屋養安日記
11江戸勧進相撲、神通力国吉来る 事々録 藤岡屋日記
1838天保98.3新庄にて江戸相撲興行決まる 門屋養安日記
1839天保107.16院内御台所にて相撲 門屋養安日記
1840天保113.15斎藤月岑相撲見物 斎藤月岑日記
7.14是日より院内十歩一にて相撲興行、三日間 門屋養安日記
7.18院内長床にて相撲 門屋養安日記
7.19小貫東馬、院内御台所にて会席を行ふ、布ヶ滝と春日淵に酒を下す 門屋養安日記
7.20布ヶ滝、院内御台所にて弓を取る 門屋養安日記
8.13小貫東馬、院内長床にて童子相撲を覧る 門屋養安日記
8.15院内御台所にて童子相撲 門屋養安日記
8.16院内神明社祭礼、雨にて相撲取共困る 門屋養安日記
8.17院内長床にて童子相撲 門屋養安日記
1841天保124.10院内稲荷社祭礼、子供相撲あり 門屋養安日記
江戸春勧進相撲漸く終はる、勧進元大損 藤岡屋日記
7.15院内御台所にて子供相撲、翌日もあり 門屋養安日記
7.16院内愛宕山にて相撲 門屋養安日記
7.20院内山神堂にて相撲 門屋養安日記
1842天保136.23院内横堀にて相撲興行 門屋養安日記
6.24院内愛宕山祭礼にて相撲 門屋養安日記
6.26院内長床にて相撲 門屋養安日記
7.16院内御台所にて相撲 門屋養安日記
11.21是日より回向院にて江戸勧進相撲興行、不知火諾右衛門横綱免許か 平野弥十郎日記 きゝのまにまに 藤岡屋日記
1843天保14正.29布ヶ滝、門屋養安を見舞ふ 門屋養安日記
2.5布ヶ滝、門屋養安を訪ふ 門屋養安日記
3.3三楯山喜作、江戸に出る 寐ぬ夜のすさび きゝのまにまに
4.10院内稲荷社祭礼、相撲なし 門屋養安日記
6.24院内愛宕山祭礼にて相撲 門屋養安日記
院内にて江戸相撲興行か 門屋養安日記
.25吹上にて上覧相撲 慎徳院殿御実紀 遊藝園随筆 斎藤月岑日記 藤岡屋日記
.29湯島稽古相撲、入れ掛け 斎藤月岑日記
.30同じく入れ掛け 斎藤月岑日記
10.3斎藤月岑等、湯島稽古相撲見物 斎藤月岑日記
11江戸勧進相撲、不知火負け多し 藤岡屋日記
1844弘化元7.14院内山神堂にて相撲 門屋養安日記
7.15院内長床にて相撲 門屋養安日記
11.29江戸勧進相撲、生月鯨太左衛門出る 寐ぬ夜のすさび 平野弥十郎日記 きゝのまにまに 松屋筆記 巷街贅説 藤岡屋日記
1845弘化22.11右大将徳川家祥、浅草観音にて相撲上覧 藤岡屋日記
10.1院内長床にて相撲地取 門屋養安日記
10.2院内山神堂銀気祭にて是日より相撲、柏戸、縄張来る 門屋養安日記
1846弘化32.14御用木、喧嘩に巻き込まれ負傷す 事々録 藤岡屋日記
5.11是日より院内長床にて相撲、二日間 門屋養安日記
5.12院内山神堂にて相撲 門屋養安日記
9.9是日より院内山神堂にて江戸相撲興行 門屋養安日記
1848嘉永元11江戸勧進相撲 巷街贅説
1849嘉永2江戸勧進相撲 巷街贅説
3.25回向院開帳、勧進相撲終はらざるを以て延期 藤岡屋日記
4.7寺社奉行等、上覧相撲見物を命ぜらる 藤岡屋日記
4.11回向院開帳始まる、女相撲あり 藤岡屋日記
4.18吹上にて上覧相撲 慎徳院殿御実紀 巷街贅説 斎藤月岑日記 藤岡屋日記
4.27上覧相撲の功により小普請方等に金銀下さる 藤岡屋日記
4.28元相撲取の盗賊勢力佐吉自殺す、後に子分獄門に処せらる 事々録 きゝのまにまに 真佐喜のかつら 藤岡屋日記
上覧相撲の勝負附を売り歩く者捕はる 藤岡屋日記
.6上覧相撲の功により御畳奉行等に金銀下さる 藤岡屋日記
8.16院内長床にて若衆相撲 門屋養安日記
11江戸勧進相撲 巷街贅説
是冬相撲取育王山、抱へを解かる 事々録
1850嘉永35.25生月鯨太左衛門死して葬らる きゝのまにまに 巷街贅説 藤岡屋日記
7.25院内にて相撲興行、二十五日初日、二十六日休、二十七日再び興行す 門屋養安日記
8.3鏡岩弟子星兜三平、越後村松へ帰る 門屋養安日記
10.26春日野松五郎死す 藤岡屋日記
10上総より鬼若力之助来る 斎藤月岑日記 藤岡屋日記
11.22是日より江戸勧進相撲 藤岡屋日記
1851嘉永4正.15門屋養安、星兜より手紙及び番附を受く 門屋養安日記
2.28門屋養安、星兜の手紙を鏡岩へ出す 門屋養安日記
是春雨多く相撲等大外れ 藤岡屋日記
4.20門屋養安、星兜より手紙及び番附を受く 門屋養安日記
是秋大曲にて芝居、花立にて相撲あるによりてか、川物の価騰る 門屋養安日記
12鬼若力之助改め力弥、冬相撲に出る 斎藤月岑日記
1852嘉永5.8是日より江戸勧進相撲、三月十五日まで 藤岡屋日記
3.17阿武松緑之助葬送 藤岡屋日記
5.29江戸東両国より出火、相撲会所を焼く 藤岡屋日記
7.14是日より院内長床にて相撲興行 門屋養安日記
11.14是日より江戸勧進相撲、廿四日まで、新大関小柳大評判 藤岡屋日記
1853嘉永62.16是日より江戸勧進相撲、四月四日に漸く終はり大損 藤岡屋日記
3.10三河矢作光明寺鎮守天満宮及び霊宝、江戸回向院にて開帳、相撲興行中により本堂の左に仮家を建つる 藤岡屋日記
3.21江戸猿若町二丁目市村座にて喧嘩 藤岡屋日記
4.13門屋養安、星兜より番附を受く 門屋養安日記
11白真弓肥太右衛門評判 きゝのまにまに 巷街贅説
1854安政元2.17横浜へ向かふ力士、程ヶ谷に止宿す 藤岡屋日記
2.26横浜にて米国人に物を賜ふ、力士五十人をして、米俵の取り次ぎをせしむ 温恭院殿御実紀 在臆話記 藤岡屋日記
4.11是日より江戸勧進相撲、五月十日まで 藤岡屋日記
4.13稲川政右衛門、本所源兵衛堀辺に入水す きゝのまにまに続篇 藤岡屋日記
荒馬大五郎死す きゝのまにまに続篇
廿山要右衛門死す きゝのまにまに続篇
.15是日より院内横堀にて作祭り相撲、二日間 門屋養安日記
.20是日より院内長床にて在郷相撲 門屋養安日記
是歳元相撲取、異人と相撲を取る 甲寅紀略
1855安政2正.29江戸本所松前屋敷より出火、回向院焼失し勧進相撲延引、三月朔日小網町より再び出火するに及び、勧進相撲願ひ下げとなる 藤岡屋日記
6.14院内にて相撲興行、翌日もあり 門屋養安日記
9.13島原松島弁財天にて相撲 諸国廻歴日録
1856安政32.26江戸勧進相撲、太鼓廻る 学海日録
8.20中小屋にて相撲あれど、揉め事により関取悉く帰りたる故大不評 耳の垢
9.9福山若宮八幡宮の相撲、雨に依りて止む 江木鰐水日記
9.12江木鰐水、相撲を観る 江木鰐水日記
11.29是日より江戸勧進相撲、大当たり 藤岡屋日記
1857安政44.17福山にて神能、相撲取二百人ほど来る 江木鰐水日記
黒岩寿太郎死す きゝのまにまに続篇
12.10鈴木三右衛門、江戸回向院に相撲見物せんとするも休み 鈴木三右衛門日記
12大坂にて相撲場一ヶ所の設置を免さる 藤岡屋日記
1858安政54.5米国使節、回向院にて相撲見物 きゝのまにまに続篇 斎藤月岑日記 藤岡屋日記
是歳コレラ流行す 斎藤月岑日記
1859安政62.9是日より江戸勧進相撲、二十九日まで 藤岡屋日記
4.8江木鰐水、中沢雪城と相撲を観る 江木鰐水日記
1860万延元.1御免なきまゝ相撲興行 斎藤月岑日記
8.15院内神明社にて相撲、翌日もあり 門屋養安日記
1861文久元正.10初嵐喧嘩し斬られ死す 藤岡屋日記
1862文久29.9院内長床にて相撲 門屋養安日記
1863文久35.21相撲取、猿若町の芝居を打ち壊す 斎藤月岑日記 藤岡屋日記
子供相撲流行す 斎藤月岑日記
6.3江戸城西丸炎上、相撲取等消防に従事す 藤岡屋日記
6.17斎藤月岑倅喜之助、神田社地へ相撲見物に行くも相撲なし 斎藤月岑日記
7.20斎藤月岑倅喜之助、円覚寺にて相撲見物 斎藤月岑日記
1864元治元10.6三吉潟、門屋養安を訪ひ診察を乞ふ 門屋養安日記
10.24斎藤月岑、江戸本町亀の尾前にて大男の歩めるを見る 斎藤月岑日記
1865慶応元6.11是日より院内山神堂祭礼、相撲行はれず 門屋養安日記
8.16院内神明社祭礼、相撲あり 門屋養安日記
1866慶応2茅場町にて花相撲 斎藤月岑日記
7.25院内御屋鋪にて相撲 門屋養安日記
8.15院内神明社祭礼、雨に依り相撲なし 門屋養安日記
1867慶応33.29依田学海等、相撲場を囲ひたるを見に赴く 学海日録
4.21依田学海等、両国に赴き相撲場を見る、相撲は休場となる 学海日録
4.22依田学海等、再び両国に赴き相撲場を見る、相撲は興行す 学海日録
4.27依田学海等、両国にて相撲を見る 学海日録
11.17江戸勧進相撲三日目、朝日嶽、不知火に勝つ 藤岡屋日記
1868慶応46.12是日より院内山神堂祭礼、相撲あり 門屋養安日記

前画面に戻る