二葉集
《二葉集》

  穐風の手なみをみせんこしのもの
そりの相撲やしら川の関       青木友雪
  (中略)
  京にをいてはけさの白露
相撲とりあふ坂の関と名乗たり    市村松鶴
  (中略)
  あたまの痛ひ穐風ぞふく
なげらるゝとは白川の関相撲     正察
詩歌に戻る