風葉和歌集
《風葉和歌集巻第八》離別

   すまひの節すぎて。つくしにかへりくだらむとて。すけの中将のもとにまかりてよめる
              すまひの修理のすけ
数ならぬ身こそゆくともしたがはぬ心は君にたちもはなれじ
   かへし
                    右中将
とどむるも心はみえぬ物なれば猶おもかげぞこひしかるべき

《風葉和歌集巻第八》羈旅

   つくしへかへりくだりける道にて。海のわたりをおりて。みる。かひなどをてまさぐりにして。右中将のなつかしうかたらひしを思ひ出でて
                すまひの修理亮
あさりするあらいそよりも都にてみるかひありし君ぞ恋しき

《風葉和歌集巻第九》哀傷

   せうとの身まかりにけるを。ひごろさだかにもきき侍らざりけることを思ひて。雪のふる日よめる
          すまひのとさのかみのむすめ
人しれずきえにけんこそ哀なれよにふる雪をみるにつけても

《風葉和歌集巻第十》賀

   相撲節の日。尚侍まゐりて琴ひき侍りけるに。いかでかそこにもここにもよはひ久しくてなどのたまはせて
              うつほの朱雀院御歌
千とせふる松よりいづる風のおとはたれかときはにきかんとすらむ
   かへし
                 ないしのかみ
こゑたえずふかむ風には松よりもよはひ久しき君ぞすずまん

《風葉和歌集巻第十六》雑一

   土佐国むろふといふ所にすむころ。かへるかりをききて
                すまひの修理亮
かりがねにことやつげまし君がすむ都もおなじかたとこそきけ
(中略)
   右のおほいまうちぎみ。すまひのかへりあるじし侍りけるとき。右大将なかただ。侍従にてことひきけるに。うなじのさむげなるもかかればぞかしとて。あこめをぬぎてかづくとて
                うつほの右大臣
みな人をうづむもみぢのかからぬは風ふくまつとおもふなるべし

《風葉和歌集巻第十八》雑三

   心にもあらず土佐のむろといふ処にすみけるころよめる
               すまひのすりの亮
世中にいきたるかひもひろはぬにあらいそ浪に袖のぬるらん
   かへし
                 内記のひじり
あらいそをみつつすぐさばおのづからいけるかひにもあらざらめやは

詩歌に戻る