元禄四翁家集細注
《元禄四翁家集細注》芭蕉翁発句集 元禄二巳歳

  月のミか雨に相撲もなかりけり
雨に角力かないか当り前の事にて。誰も誰も知りぬいて居れども。月而已かと月の事を本として。 雨ノ方を末に作れるか働なり。其角か。西行と武蔵坊にハ清水かな

《元禄四翁家集細注》芭蕉翁発句集 元禄四未年

  むかしきけちゝふ殿さへ相撲取
秩父庄司次郎重忠ハ。二相を悟れる勇智の人也。されとも或時。川津股野なとゝ相撲とりし事かありけんと。 想像して也。さへハ副の字にて。外に実に相撲とりし人あり。ちゝふ殿さへとハ。実の次なるをいふ

《元禄四翁家集細注》去来発句集 秋

  都にも住ましりけりすまひとり
都ハ雲の上人はしめ。市井の人なり共。皆女の如く和らかなる中。命かけの商売する力士の住交るといふハ。けしからすとなり

《元禄四翁家集細注》玄峰集 秋之部

    相 撲
  角力とり並ふや秋のから錦
此句。七部集あら野にハ。題しらすの部に入たり。其意得ぬ人多し。体用の二ッによれるか。体ハ題にて用をいふハ。 題しらすなるへし。此句ハ男ふりのよく揃ひて。廻しの色美しく。いかさま秋の唐錦ともいはんと。用より責たる句なり。 たとへハ。引組て猶分前や角力取なとハ。体なれハ題に叶ふ
詩歌に戻る