元除遍覧
《其日庵歳旦》寛政11年 頌 江戸連中

一年の土俵際なり大三十日     ゝ

ゝ…桐生町山長

《其日庵歳旦》寛政11年 頌 江戸連中

松竹の角力抱へつ門の春      両国駒千

《其日庵歳旦》寛政11年 歌仙一坐 定連中

刺身にはちと鮟たれとはつ鱸    登長
     相撲見たがる御国侍   桂夕
月代に腰の鎖をきらめかし     湖舟

《元除遍覧》文化2年 賦春何

   野の色山のいろもます秋   松翠
祭礼に位定めの草角力       土衡
     思た恋は何所へ落鬮   砂頼

《元除遍覧》文化2年 附禄 開庵賀

いつまでもしげるや園の角力草   有義

《元除遍覧》文化9年 春興

最手取の肩に羽織や春の風     ゝ

ゝ…遅来。
詩歌に戻る