元除春遊
《元除春遊》寛政9年 春興 歌仙行

   尾越の鴨の遠く飛ぶ見ゆ   梧園
古郷を流石角力も忘れかね     雀賀
    これや錦の江戸絵数々   蓬雨

《元除春遊》寛政12年

村雨の手の裏返す昼の月      岩之
   おしい角力の勝負延たり   万笑
漸寒に買どのも立支度      布流
詩歌に戻る