義残後覚
《義残後覚巻一》

  於聚楽伊与徳猪入江大蔵相撲の事
爰に伊与の徳猪之丞と申て天下無双の大ちからあり十四五の比ほひより四国中に肩をならふる者なかりしかハ秀吉公きこしめし及はれて二千石にて召をかれける又毛利の中納言輝元の家中に入江大蔵之丞とて凡日本一の大ちからあり或時大閤聚楽へ御成をなされけれハ諸大名伺公し給ふ其時秀吉公仰出されけるハいかに毛利中納言の家中に入江大蔵之丞とて大力のあるよしをきゝ及申されハ予か抱置伊与の徳猪之丞と相撲をとらせて見物せはやと被仰出けれハ輝元それこそ安き御事に候とて被仰付けれハ則両人すまひの出立にて行事つれて御しらすへ罷いつる両人互に一礼してちから足をふんたるけしきハ作り付たる二王にちつともちかハさりけり徳猪之丞其せい六尺七寸肩のはゝのひろき事きる物背中みはゝなり尋常の者の夜着に同し又大蔵之丞ハせい六尺八寸胴作りきる物右に同し諸大名是を見給ひてさてもさてもかゝるいかめしき人間も世に有ものかな伝聞かはつ又野といふともかほとにハあらしあつはれ今日は無比類見物をするものかなと羽つくろひしてこそみえ給ふしはらくありて大はゝの緞子一巻つゝいたされたり両人をとつてひつしこきつじにとむ其のち秀吉公なにゝても力を見せよと仰出されけれは大竹のまはり一尺五六寸はかりに見えけるをなかさ二間半にきつて一本つゝ両人の前におく大蔵は是をとつてもと口のふしぢかなる所よりひつしひつちと押ひしき下帯の上にくみかけたるは唯筒桶にことならす徳猪之丞もおつとつてひしひしとひしきて是も腰にそをしまきたり秀吉公御らんして力業はなにかなにかと仰られけれハ徳猪之丞つッと立て三間計しさつてはしりかゝつて弓手のかいなを大地へくつとつきこふたりけれハかいなのひちしりまてそ入にける大蔵是を見て四間計すさつてはしりかゝつて弓手のかいなをにきりつめてえいやつと押こみけれハ肩先まてつきこふたりしはしあひしらふてぬきけれハ御前一同にとつといふてほめ給ふ大閤御らんしてちからのほとハ見えてあり相撲あわするにおよはす皆々いれよと御諚ありけれハかしこまつて入にけるすまふの勝負を御らんせぬ秀吉公の御作意かんし給はぬハなかりけり

《義残後覚巻一》

  久留米侍従秀包野津仁兵衛めさるゝ事
あるとき上方よりすくれたる相撲とも十五人許状をとつて西国へまはりけるか筑後にきたるこのよしを申上る秀包きこしめしてもとよりすまふをこのみ給ひて名あるものともを二十人斗かゝへ置給ふかとらせて見はやとおほしめして則宿を仰付られて四五日休息させ給ひそのゝち御しらすへめされて手のものともと相撲をはしめ給ふに上方より許状にてくたるほとの取手ともなれハいつれも手からしにて廿人許のとりてともをことことくひろひけり秀包きしよくかはつて御きけんあしく御前の人々も興をさましてそ見えにける行事申けるハ御すまふつきて候か御望み御さなく候はゝ入候はんと申秀包きこしめして身かかゝへたるやつはらハいつれもすねのたゝぬ事のあさましさよ野津の仁兵衛ハそこにあらぬかと仰ける仁兵衛うけたまはるてやかて御前に伺公す秀包見給ひてすまふとりめらハことことくとりまけぬなんちいてゝせきをとれとそ仰ける野津承はつてこれは思ひもまふけぬ御諚かな侍の役義をこそ調練つかまつり候へすまふをとるやうは未練候へとも御諚意なれハ罷出候ハんとてやかてはたかになつて下帯をよくしめ九寸五分のよろひとをしをしつかとさしておとりいてけるかかれとすまふをとらんにまくる事は十か百なりなんてう下になるならハほてはらをあなたへつきとをしてすてんになにの子細もあるましと思ひきつて出にけるすまふこれを見て御わきさしはいかゝなり御とり候へとそ申ける仁兵衛これをきゝてなんちらかやうにすまふととるものこそさもあらめそれかしハうまれてよりはものをかたときもはなす事なしこれさふらひの身のとうくなれはさすなり少もきつかいあるへからすはやはやあはせよと申されけれハ行事申けるハもつとも御意のことくには候へともさちなからすまふとある上ハおなしくは御とり候へと申けれハ野津いはくなんちらハいはれぬところにきつかいをなすものかなはやはやとらぬかといかりけれハちからなくしてとつたりけりすまふとりは心におもひけるやうこのすまふにかつならハ一定ほつはらつかれん事うたかふへからすいのちうしなひてはなにかせんとて引くみてもよほよくして場中にてまけたりけり秀包をはしめとして御せんの人々一とにとつとわらひ給ふかくして二はんうつてかちすまふにかんせきといふものいてけるかせきすまふなりまかりいてけるかきやつもかちたらハつかれん事をおそれてやうすをなくしてばなかにてまけにけるつかう三はんうちしてけれハ座中とつとわらひ給ひ秀包も御きけんよくしてすまふは退散したりけりのちに仁兵衛かたられけるハさすか上方の者ともにてこゝろきいたり無才覚のやつはらならハに三人はたゝなかをとをさるへきかとて打わらひにけるそれよりひてかねハすまふとり共をハことことくふちをそはなし給ひにける

  野津重縄仕者討取手柄の事

此野津仁兵衛ハ生国備後国住人たりしか古主にはなれて三とせあまり牢々せしかつくつくあんしけるはわかきものゝかやうにいたつらに月日をおくる事こそは無念なれ詮するところ神明にいのりたてまつりてしかるへき主君をとらはやとおもひてはるはる中国より荷俵をせおひてたゝ一人伊勢へと参宮すほとなく者しかは両宮にてふかくきせいをかけたてまつりさてそれよりも下向申けるほとに京へいりてかなたこなたを見物してそのゝち下りける泉州堺につきぬここに町中の門戸をとちて往来の人をとゝめぬき武具にて二百人はかりある家のあたりをとりかこみ夜ハかゝりを十方にたきあけてけいこしけるほとになに事にやととへハこの一両日以前に大事のはしりもの家にとりこもりぬさまさまにてだてをめくらし給へどもなかなかなにともすべきかたなきによつてかやうにはんをきひしくまもるなりといふ重縄きゝていそぎ奉行所へゆきて申けるハこのらうぜきものもし御手だてにのらずしてあくみ給はゞそれがし御ゆるされをかうふりて勝負をけつし候はんと申人々きゝたまひて見申せば旅人と見えて候が名誉の御のぞみをし給ふものかなこのものよのつねならぬ剛強のものたるかうへそつじにとりかゝりしそんじてはとぞんしてためらひゐ申候がさほどにおぼしめしより給はゞ入て御らん候へずいぶんけがのなきやうにあそばせうしろつめは御こゝろやすくおぼし候得との給へば野津ハ大に悦喜してさてハ所望のかなひ候て大慶にぞんじ候とてそれよりしたくしてかのいゑをそとより打やぶらせ仁兵衛たゝ一人いりにけりかのらうせきものハおもてうちやふるより覚悟しけるにや大庭に二尺五六寸のかたなをぬきてまちかけしか野津を急度みて御へんはけなけにも入ものかなかほとのおほき人の中に一人いるハまことに一騎当千の人とこそいふへけれといひけれハ仁兵衛いとさはかす御へんは大かうきやうのものなれはとて人々おしみ給ひ命をたすけかゝゆへきとの仰なれハたすからんと思ハゝかたなをいたしてしんしやうにいて給へとたはかりけれはこのものしんてう其儀あるへきたゝよせくるものをめぬきのこたへんほとはたらきて死なんとこそハ思へといひけれハそれハ御へんのこゝろしたいといひさまにふところよりはい木のしたゝかなるをなけつけたりかのものこれを見てこゝろへたるとて刀をふりあくる所をつゝとよつて右のうてをつきあけ左にてのんとをいきのきるゝはかりにおしかゝりけれハあをのけにとうとまろひにけるすかさずむな板をめてのひざにておしつめけるほとに気をうしなひてまなこもくらみけるほとにつゝきている者に刀をとらせてはやなわをかけていてにけるけいこの人々これを見給ひて当所のうちにてかゝるくせものハ終になかりしによつてなにともあくみ侍りしに無比類御手柄とかうにおよはすいつれの御家中に御座候や御手柄のほとを主君へこたへ申さんなのらせ給へと申されけれハ野津ハ牢々して主のなきによつてたれかしとなのるへき主人なしこゝに古傍輩の久留米の侍従とのに罷有けれハこれをなのらはやと思ひてさん候それかしか主君ハ久留米の侍従秀包にて御座候それかし野津仁兵衛と申者にて候か伊勢へたゝ一人参宮つかまつり其下向に是へまいりあひてかゝる仕合に候と申されけれハ各きこしめし誠に神妙なる御事申もおろかなりとてときの引物をいたし給ひさて使者をあひそへて船中の用意懇に沙汰し給ひてつくしまておくり給ふさて野津は久留米に着けれハ古傍輩をよひて事のやうをくわしくかたりけれハはるはるよくこそ来り給ふものかなとて則秀包へ申上けれハこれはきたいの事かなおもひもよらぬ大かうきやうのさふらいをまふけてこそはあれはるはる上方よりこれまておくりたまふ事家のめんほく珍重なりと仰られて使者をことの外にちそうしたまひ返状ねんころにおはしけるそれよりすくに野津をは先三百石にてかゝへ給ふ三とせありて五百石になり同心あまたあつかり身上をすましけるこれひとへに神明の御加護あさからぬ事なりとかたられける

《義残後覚巻五》

  比丘尼相撲の事
京伏見はんじやうせしかば諸国より名誉のすまふども到来しけるほどに内野七本松にて勧進すまふを張行すくわんじんもとの取手にハ立石ふせ石あらなみたつなみ岩たきそりはし藤らふ玉かつらくろ雲追風すぢがねくわんぬきなどをはじめとして都合三十ばかり有けりよりには京辺土畿内さてハしよこくの武家よりあまりてとりけれどもさすかに勧進すまふをとるほどのものなれハいつにてもとりかちけり寄手の人々こはくちをしきかないかなる人もあらばもとめて取おほせたくこそ存づれなどぎしける処にある日立石せきにいづるとき行事申けるは御芝居にすまふハつき申候やもし御望のかた御座候ハゝ只今御出候へさらばなのり申とよばゝりけれどもいでんといふ人壱人もなしかゝる処にねずみ戸よりもしばらく相撲をはまち給へ御のぞみのかた御座候と申ほどに行事そのぎならハはやく御出候へと申けれハいでにけり人々何たるいかめしき男なるらんと見る所にとしの比はたち斗なるびくになり行事こハいかなる人ぞと申けれハ比丘尼申けるはさん候我ハ熊野あたりの者にて候が常にわかき殿ばらたちすまふをとらせ給ふを見および候によつて人々とらせ給ふがうらやましさにまいりて候女と申比丘と申似合ぬ事にて候へハれきれきの殿ばらたり並居させ給へばはつかしくこそ候へと申けれハ芝居中是をきゝてみれハいとやさしきあまなりかゝる中へかやうの事をいふてすまふをのぞむハいかさまきゝもおよばぬふしぎかないそぎあはせ給へといひけれハ立石申けるハかやうのびじやくなるものハ十人も十五人も一つまみづゝにすべきにいかでそれがしおとげなくもとるべきぞわかき小ずまふの候ハんにあはせ給へといひけれハ比丘聞ていやいやとる程ならば勧進本にてうわすまふをいたし給へさなくばとるまじきと申見物のきせんこれをきゝてまことにおもしろし立石とれと一同に所望しければちからなく取にけるさてびくにかたびらをぬぎていでけるをみれハ下には島のかるさんをぞきたりける行事すまふをあはするとき立石大手をひろげてやつといふてかまへけれハびくにハつつと入てあをのけにぞつきたをしける芝居中是を見てあきれはてゝぞほめたりける立石くちおしくおもいなめ過てまけゝると思へばこんどハ小躰にかまへてかゝる所に比丘ハつゝとよりけれハ立石弓手のかいなをとつて三ふりばかりふりけるかふられてびくハうしろすねのおつとりをとつてうつふさまにぞなげたりける芝居中ハときのこゑをつくつてわらひけるほどにしばしハなりもやまざりけるそれよりもふせいしくわんぬきなどいでゝとれども後次第にびくにがなげぐちハでんくわういなびかりのごとくにいかゝとるやらん目にも見へず手にもためずぞとつたりけるかくてすまふハ此びくにせきをとられければ芝居ハ則退散それより又伏見にてくわんじんすまふありけるに又このびくにいでゝてとりおほせけり醍醐大さかなどまて行て世にすくれたる大すまふといへはひろひけるほどに世中の人これはたゞものにてハあるまじきとおそれをのゝきけるが後にきけはかつらき山の天狗おごるをにくみて頭をおさんがために比丘となつてとりけるときこゆ奇代の事とさたしけり
物語・小説に戻る