後撰和歌集
《後撰和歌集巻第六》秋中

  すまひのかへりあるじのくれつかた。をみなへしをおりて。あつよしのみこのかざしにさすとて三条右大臣
をみなへし花のなゝらぬ物ならば何かは君がゝざしにもせん
年ごろ。家のむすめにせうそこかよはし侍けるを。女のためにかるがるしなどいひて。ゆるさぬあひだになん侍ける

《後撰和歌集巻第十五》雑一

  太政大臣の。左大将にて。すまひのかへりあるじし侍ける日。中将にてまかりて。 ことおはりて。これかれまかりあかれけるに。やむごとなき人二三人許とゞめて。まらうど。あるじ。さけあまたゝびのゝち。 ゑひにのりて。こどものうへなど申けるついでに兼輔朝臣
人のおやの心はやみにあらねども子を思道にまどひぬる哉

詩歌に戻る