寓意草
《寓意草上》

水の中にかつぱといふものあなり。うま。人をとりくふ。よくものいひて人をたぶらかすもの也。豊前の国には。 はゞ五六十間ばかりして。かちわたりする河あり。よるわたればかならずかつぱのいでゝ。すまひとらんとて引とむるを。 わらは也と思ひてとりぬれば。はては引いれられてくはるゝといふ。小笠原しなののかみがいへのこに。 大つか庄右衛門といふ人有けり。いとこなるせ川藤助とゝもなひてわたりけり。藤助がそで引とゞめてすまひとらんといふを。 いらへもせずぬきうちにしけり。手ごたへしたるが水の中へさといりけり。つとめてふたりいきてみるに。 三町ばかり水しもなる柳のねにかゝりて有りけり。とをにたらぬばかりなるわらはべのなりして。かみは四五寸ばかりありて。 つらつきはましらのやうにてしろく。つめはねこまのやう也とかたりし。庄右衛門がいへにありけるやつこの。 力つよかりけるが。わたり侍るを引とめたるに。すまひとりけり。ちからはつよからねど。てふなどのとぶやうにはやくてとらへられず。 やうやうとらへぬれば。むなぎなどのやうになめらかにてぬけぬ。つらもはらもうでもはりのさきにて。 かきさきたるやうにさかれて。七日ばかりやみけりとなん。いとなまぐさかりとぞ。むさしの国河ごへのかたはらに。 たてといふ所あり。ひくまたとて小きながれあり。あら川のすゑなり。此河にかつぱのありて。うまや人やとりけり。 ほうとうゐんといふ寺ありけり。てらのうまあらふとて。十五六ばかりなるをのこの。うまも人もあかはだかにて打のり。 川中にのり入ける。うまのつとをどり出たる。をのこはおちてたへいりけり。かけはしりてうまやに帰りてあへるを。 をのこどもの。うまばかりなどあれあへぐとてみたれば。とをばかりなるわらはなしたるものゝをり。 てにからみたるを。すみのかたへくえはらかしたり。とらへたればかつぱなり。したゝかにふまれてなやめるを引出して。 河にてつねづねあだなふはこやつなめり。やきころせとてたきゞとりつみて。あつまりつゝやきたつれば。 はらはらとなきて。たな心あはせてをろがみぬ。和尚もみをりて。あまりにあはれ成にたすけてんとて。 人々にいのちこひ。でしにせめとて。ころも打きせ引のけて。のちのちかならず人なとりそ。うまなそこなひそといへば。ひれふしてなきけり。 人々もあはれがりて。河べたにゐていきてはなちたれば。なくなく水に帰りけり。つぐるあしたむくひにや有けん。 和尚のねたる枕べに。ふなといふいをふたつおきけり。これより人馬のうすることなかりし。
記録・随筆・紀行に戻る