評判飲食狂歌合
《評判飲食狂歌合上》

   塩鰹みつあさ
いひよらん何をことはのしほかつを人の心のいはきならねは
   竹の子廼露窓塵六
くときよる君におもひのたけのこも日ましにかたくなるそうたてき
 東西の角力かたやは磐木のことくかたやは晴天十日ますますかたしよつて勝負はあつかりと定めて侍り

《評判飲食狂歌合下》

   煎餅月下梅照
見られしといかてゆたんはせんへいのかたまきにする恋の玉章
   青梅クハナ由刈
たち物にしてはいのれと青うめをこのむ時節といつかならなん
 左右こなたかたまき山こなた八百屋川ヲヤヲヤ四つにくんだどちらも稽古のある角力とみへてつよさうだのひとりはせんべいやの番頭こちらは八百屋の亭主だとか此氷川の祭礼角力では関とりだよせんべいやは耳の出た男だの八百やもきくらげのやうな耳だぜへアレアレ八百屋が青梅の漬こんでくるぜ所をせんべいやがゆだんはしねへ見なさへふんどしもかたまきにしてゐやすサアサア大みだれ八百やが肩にかけやうとするせんべいやがめつたにひつくりかへすアリヤアリヤアリヤアリヤ東西双方くんでころびましたれば勝負はおつておめにかけます

詩歌に戻る