俳諧歌兄弟百首
《俳諧歌兄弟百首上巻》春部

  
(中略)
  富津松遊
右左すまひとり草おしわけて出る蛙もかちかちとなく

《俳諧歌兄弟百首上巻》夏部

  避暑
(中略)
  養正
あつさにもまけじとすまふ丸裸おのが方にぞ団扇上ける

《俳諧歌兄弟百首中巻》秋部

  立秋
(中略)
  御代長
初風にしぼる薄はいとけなき秋のやゝたつちから草なり

《俳諧歌兄弟百首下巻》

  
(中略)
  真広
天地の息てふ風のふきつくるちから紙とも見ゆる白雲

詩歌に戻る