俳諧問答
《俳諧問答》贈落柿舎去来書

千歳不易一時流行のふたつをもつて。晋子が本性を論ぜらるゝは。かねて其角が器をくわしく知りたまはざる故なり。 生得物にくるしめる志なく。人の辱しめをしらず。故に返答の詞なく。かへつてことばを色どり。若葉集の序とす。 是。はぢしめをしらぬゆへなり。しかりといへども。三神をかけて。相撲を晋子がかたに立ず。 また諸集の中。目だつ句有れば。大かた晋子也。かれにおよぶ門弟も見へず。なんぞや。亡師の句にたいして。 ひとしからんと論ぜらるゝは。かへつて高弟のあやまりといはん。

《俳諧問答》答許子問難弁

。去来曰。此難。阿兄の言しかり。亦おもふ処ありて是を贈る。 此を弁じて俳道に益なし。暫筆をさしおくのみ。
 来書曰。然りといへ共。三神を懸て相撲を晋子が方に立ず。又。諸門弟の句をあなどらず。

《俳諧問答》同門評判

。嵐雪。器随分わろし。本性して。 花あるに似たれ共。実猶なし。相応によりはやすやうなれ共。全躰とりしめたる血脉なし。たとへば。 よく料理する人に献だてをかゝせて。其献だてを前にすへて。客をもてなすに似たり。
 唐の蚊や終にかれたるもしほ草
 相撲とり並ぶや秋のから錦
 柔弱してよはく。よはきに寄てうつくしきやう也。上に丹青をぬりていろどりたれば。世俗の眼には真の錦のごとし。

詩歌に戻る