俳諧之註
《俳諧之註》

  もとゞりも恨もとけし月の影
枕のひきくて髪のほどけたるとなり。もとゆひとは連歌にするなり。はいかいの月の句は。むづかしき斗にて益なきものなり。
  まけしすまひにかてる勢
前は恋の恨なるを。爰にては相撲の遺恨にとりなす也。相撲を名目にはすまひと云歟。
  むずむずと鮓をたべぬる花のもと
前句勢ひと云が付処也。相撲取は大なる鮓などを丸かぶりすると云り。其外様々の付合侍る物なれ共。 古きを除き。あたらしきを用んと斗なれば。一入むづかし。あたら花をむさと云散し侍。
詩歌に戻る