誹諧洗濯物・洗濯砧
《誹諧洗濯物春部》

舞蝶や小寺の相模花いくさ        京山村民忠辰

相模…相撲か。

《誹諧洗濯物秋部》

  相撲
名にあふやことりづかひのこまがへし   尾州渡部氏之也
こずまふのとりまハするやこまがへし   野辺氏祐政
力ずまふ取やてごめに下の帯       玉井
関打かそりぶりもよきたちずまふ     甲符塩川氏昌益
はづれなよふたつ物がけ相撲の手     大坂玖也
相手ぐミや片むすびなるよりずまふ    風鈴軒
取手より見てせき脇のすまふ哉      守職
弱者や兎角とらぬをかちずまふ      可雪
手をつくしあはんとぞ思ふより相撲    岩城住浅香氏楓林
羽がいじめにあへるすまふや鵆足     尾州犬山住卜需
朝比奈か草摺をとる力相撲        同前島氏豊常
軽わざハ瓢箪なげかすまふの手      大坂索玄
足がらミ取や箱根のせき相撲       江戸成井氏心計
小相撲やちからのほどもかいなぞり    尾州長重
すまふにや金剛力士二王立        二子
名乗れ名乗れ是ハ関じやぞとをすまひ   江戸坂井氏幸勝

甲符…甲府。

《洗濯碪第一》わ

相州若宮 心経会 児舞 馬場 流鏑馬 相撲 米町 大町 中下馬橋
    谷々ハカマクラノ所ニ委。静カ舞。賤やシツシツノ小手巻ト舞シハ爰也。銀杏ノ木ノ下ニテ実朝ヲ公意討。

公意…原文のまゝ。

《洗濯碪第一》な

長崎 丸山 福田 温泉か嵩 大村 南京寺 相撲灘 唐船 生ノ浦 美恵ノ浦 島原 天草 江津 三角瀬戸 柳瀬戸 大瀬戸 小瀬戸 木綿 踏皮 髻紙 蒔絵 土圭 絵筵 絵簾 莨 傾城丸山ニアリ。 深堀 矢上 茂木

《洗濯碪第二》さ

更科 (中略)
三国 昔。此所に白介ト云者有。是カ妻ヲ。領家ノ何某取度思ひテ。小弓ノ勝負ニテ我負タラハ金千両アタヘン。 汝負タラハ妻ヲ我ニアタヘヨ。ト定テ射ケルニ。白介勝ケレハ。千両取ヌ。イサヽラハ。相撲ヲ取テ我負タラハ領家ヲ汝ニ渡ヘシ。 負タラハ妻ヲ我取ン。ト定ニ。妻カ仕童人ヲヤトヒ来。ヤセヲトロヘタル男也ケルカ。勝負ニカチケル間。 領家を請取ヌ。扨。彼男何方人そと尋れ共。サタカニイハス。跡ヲシタヒテ見ケレハ。近江国高島郡大山寺ノ大門ノ。右ノ方ノ二王ニテ有ケル。
詩歌に戻る