萩陀羅尼
《萩陀羅尼》夏之部

一本は相撲へ足らずはつ鰹

《萩陀羅尼》秋の部

いつも春のこゝろなるべし関相撲
負角力ことに目だつや橋のうへ
詩歌に戻る