巴人集
《巴人集》

   七福神角力
七ふくの神の角力の中入は弁天ひとり垣のそきせん

《巴人集》

   普栗釣方哥相撲をくはたてしか七会にみてし比身まかりけれは
哥すまふ夢のうちわをあくるまに西のかたやへ入にける哉

「後万」頭註あり。

《巴人集》

   すまひ人山分秋津島にかちけれは
高ちほの山わけ出しいきほひにふみかためたる秋津しまかな

《巴人集》

   深川にてたはれ哥の角力会ありしかへりにもろ人やくらしたといへる所のあそひをよひて酒のみけるに
深川の哥のすまふの太鼓とてうちおさめたるやくら下哉

《巴人集》

   柳川といへるすまひ来りて名をこひけるに水戸の産ときけはその国の名所を見ていその浜と名つけ侍るとて
潮風に浪の花ふる勝角力いさむ心もいそいその浜

《巴人集》

   布袋と大黒たちならひて相撲とる絵に
大黒と布袋をかけし一ふくは二ふく対ともいはまほしけれ

《巴人集》

   狂哥すまひ草序
そもすまひてふことのおこりはたはれ哥したりぶりにももれにたる野見のすくね当麻のくゑはやにはしまりまた野かはづのなき声よりそ太鼓に雨のふることゝはなりぬまた哥合のはしまりは亭子とやらの御亭さんにおこりついてつゝてん天徳のころ判の詞をしるせしより三葉よつはに富札の六百番千五百番の出番つけとはなれりけるこゝにいにしへのことをも今のことをもはみあらしちさとの馬もわいためつへき名におふ市のいち人らをのれかゑてに最手をあげ初会のお客をうら手としはれとなく雨となく小とりつかひの鳥の子の十日のむしろをはり四方のしるしのみつ巴あふきもてうちわにかへしむもとより西も東もしらねと右から左いなみがたくつたなき心の内取に出来合の判をくはへぬ左右のかたやの人々らすまひとろならくはとおたけひまぐれあたりの点にあへてよといふあめあきらかなるみつのとしさつきはつかあまり四方赤良かいふ
凡てのためし
大江戸はこらのまちにふくりのつり方なるものありとし比たはれふみひさきて世をわたれるかた手わざにたはれ哥このみてちかきわたりのすき人らをかたらひ哥すまひをくはたてけるはしめさためたるつらは五十にはたらさりけるかむれつゝ人のつとひきて人は百あまりむそ歌はやもゝになんあまれりけるそのつとへるたひことに左右のうたを桜木にものして見てのみやてふ人々にあたへしをあつめてひとつの巻となしてんのほゐなりしか十たひのつどひ終るをまたて不幸にして身まかりぬ宿屋飯盛なますの盛方つむりの光等その志をつきてその会を終る事とはなりぬつり方もしみたまあらはよもつくにのもとにひとりゑまざらめや
いまこのすまひ草はつがひたる歌のまにまにかいつらねたれはかちまけのけじめもわかすはた人ごとに口とくよみてかへ哥もなき物から心いたらずことばつたなきも侍らん見る人そのすこしきなる瑕をもとめてまたきたまをそしることなかれたゝしそかつとへることにすまひのとしよりになずらへてひとつふたつかいつけたる哥はこのかきりにあらず
判のことはははこらのかちのはこにおさめてかくせりもとつまちにゐ川深川のつゝらなとうつしとらむといふされと一時のたはふれにしてわさをきの家にいふめる楽屋おちてふことのみ多しよりてうなゐ子のしゝにはあらねと例のもらしつ
たはれうたはたはふれなりすてにたはふるとならはことのよきもたはふれことのあしきもたはふれとまれかくまれたはふれなるへしかくたはれたることのはにまめたちてりくちいはんはかのくゆうが子のぬすめる酒を拝してのみしをわらへるたくひとになはゝおふこもおれぬへしわかうたかきにあそへる花道の何かしにみせたらましかはあなつかもなやなとはなつまゝばや
四方赤良がいふ

《巴人集》

   相撲
秋の野の錦のまはしすまひ草所せきわき小むすひの露

《巴人集拾遺》

   角力団扇犢鼻褌図
俣野河津後 谷風小野川 繍褌与団扇 十日待晴天
詩歌に戻る