孤松
《孤松利集》

  相撲
相撲場の芝の朝露命哉        若州幽水
秋風の瘤にかたまる相撲哉      同
よへ見たる相撲や辻の捨地蔵     重格
我をたのむ力相撲のこけにけり    乙州
京相撲肌の白きを勝にけり      定克
松の木を陰のあい手の相撲哉     安法
負相撲夕日やいそく有馬山      猶存

《孤松利集》

  月
(中略)
首引に勝はかりなる月見哉      徳子

同…加州。
詩歌に戻る