芭蕉発句
《芭蕉発句》元禄2年

   浜
月のみか雨に相撲もなかりけり

《芭蕉発句》元禄7年

   去年の秋文月の始ふたゝび旧草に帰りて
道ほそし相撲とり草の花の露     翁

《芭蕉発句》年次不詳

むかしきけちゝぶ殿さへすまふとり  はせを
むかし聞ケ秩父殿さへすまひ取   翁

《芭蕉発句》存疑

角髪やおくを出羽の相撲とり

   風月賛
   西の角力 和風来人
    東の関  和桂男
西東はだかで出たる角力かな

見たか何所にそれおゝ見へた角力艸
見えましたお相撲見えた見えました 尚白
詩歌に戻る