蕪村発句
《蕪村発句》明和5年

夕露や伏見の角力ちりぢりに

負まじき角力を寝ものがたり哉

《蕪村発句》明和7年

天窓うつ家に帰るや角力取

故さとの坐頭に逢ふや角力取

古郷の座頭に逢ひぬすまふ取

日ごろ中よくて恥あるすまひ哉

日頃中よくて恥あるすまふ哉

飛入の力者あやしき角力哉

あはや勝すもふ千切し褌哉

よき角力いでこぬ老のうらみ哉

角力取秋季なればぞ裸虫

夜角力の草にすだくや裸虫

《蕪村発句》安永6年

生て世にありのすさみの角力取

二ツ三ツよき名たまはる角力取

《蕪村発句》安永7年

しら梅や北野ゝ茶店にすまひ取

《蕪村発句》安永7年〜天明3年

   熊三子。社友のむつびのへだてなからんことをねがひて。春夜の結交場にあるじもうけ有ける日
組合てものうちかたる地取かな

訪よりしすまひうれしき端居哉

角力取つげの小櫛をかりの宿

ちか付の角力に逢ぬ繍師

《蕪村画賛》角力

すまひとり並ふや秋のからにしき  嵐雪
死ねとおもふ親もあるかに相摸取  柳居
都辺をつゐのすみかや角力取    大祗
やはらかに人わけ行や勝角力    几董
  懐旧
負ましき角力を寝ものかたりかな  蕪村

《蕪村画賛》角力発句合画賛

  角力発句合十題の内 角力第三
すまひとりおもひの外の子もちかな 徳野
詩歌に戻る