一茶発句
《一茶発句》春風

春風や東下りの角力取

《一茶発句》雛

角力取も雛祭に遊びけり

《一茶発句》花

角力場や本との花も木から降る

《一茶発句》暮の秋

行秋に角力もとらぬ男哉

《一茶発句》月

投られし角力も交る月よ哉

《一茶発句》秋の雨

秋の雨小き角力通りけり

《一茶発句》秋風

角力取が立て呉けり秋の風

秋風や角力の果の道心坊

神前に子供角力や秋の風

   神前
秋風や草も角力とる男山

《一茶発句》角力

負角力其子の親も見て居るか

けふぎりの入日さしけり勝角力

正面は親の顔也まけ角力

投られし土俵見ゆるゆふべ哉

秋角力初る日から山の雲

けふもけふも鳥の番也角力好

咲かゝる草の辺りに角力哉

女郎花もつとくねれよ勝角力

勝角力其有明も昔也

風そよぐ小萩が辻の角力哉

松ならば負まじといふ角力哉

昔々角力にかちし伏家哉

夕暮は風が吹ても角力哉

夕さりや人げも見へぬ辻角力

夜角力の小寒くしたる榎哉

間々に松風の吹角力哉

草花をよけて居るや勝角力

角力とり松も年よる世也けり

ためつけて松を見にけり負角力

秋風の吹とはしらぬ角力哉

蕣を一垣咲す角力哉

角力とりや是は汝が女郎花

親ありて大木戸越る角力哉

木の股の人は罪なし辻角力

角力とりや親の日といふ草の花

角力場やけさはいつもの細念仏

梟はやはり眠るぞ大角力

宮角力一夜一夜になくなりぬ

痩馬ふんまたがりし角力哉

勝角力や腮にてなぶる草の花

草花を腮でなぶるや勝角力

妹が子はいつの間にかは角力取

うす闇き角力太鼓や角田川

勝たふりして南山を見る角力哉

勝たぬふりして山を見る角力哉

角力とりやかざしにしたる草の花

小粒でも東下りの角力哉

角力とりやはるばる来る親の塚

墓の木の陰法師ふまぬ角力哉

梟が笑ふ目つきや辻角力

べつたりと人のなる木や実や角力

辻角力一日増に小粒也

ふいに寄ても角力也門の月

朝寒の祝ひに坊主角力哉

勝たきでしやんしやん力むわらは哉

小男やけしかけられて又角力

乞食の角力にさへも贔屓かな

角力取や手引てくれる門の橋

月かげや素人角力もひいきもつ

つらにくや負て見たいといふ角力

投られて起てげらげら角力哉

二度三度箸をいたゞく角力哉

女房も見て居りにけり負角力

板行にして売れけり負角力

負角力むりにげたげた笑けり

松の木に馬を縛つて角力哉

わざと負たなどゝ口には角力哉

笑ふては居れまいぞや負角力

勝角力虫も踏ずにもどりけり

口利くや小粒なれども江戸角力

恋人も見てやおるらんまけ角力

つれづれ塵ひねつゝ角力哉

古角力勝たるふりはせざりけり

負仲間寄てたんきる角力哉

松の木に蛙も見るや宮角力

見ずしらぬ角力にさへもひいき哉

宮角力蛙も木から声上る

居ながらやえどの角力のせうぶ付

妹が顔見ぬふりしたりまけ角力

内へ来て取直しけりまけ角力

老角力勝ばかつとてにくまるゝ

   住舟
風除に立てくれるや角力取

せうぶ附見てらち明る角力哉

角力取に手をすらせたる女哉

角力なると祝ふ親のこゝろ哉

関取が負たを本と思ふ子や

大名にかはゆがらるゝ角力哉

とがもない草つみ切るや負角力

年寄をよけて通すや角力取

ふんどしに御酒を上けり角力取

脇向て不二を見る也勝角力

荒のとがにしてけりまけ角力

おの家にこゞん這入る角力哉

斯うしたらまけじと角力の手まね哉

斯うならばまけじと一人角力哉

是からまけぬと独角力哉

角力取が佗して逃す雀かな

そりやそりやと追るゝ旅の角力哉

投たのをさすつてやるや旅角力

まけ角力直に千里を走る也

わか角力も少せいの高からば

夜々にほしへり立ぬ辻角力

《一茶発句》朝顔

角力取の花蕣よ蕣よ

《一茶発句》女郎花

女郎花角力草もともそよぎ

《一茶発句》角力取草

男山草も角力をとりにけり

門先や角力草のひとり立

神風や草も角力取る男山

《一茶発句》初雪

はつ雪や角力の櫓いつほどく

《一茶発句》雪

里の子や雪まちかねし株角力

雪の日にづんぐり角力さかりけり

角力取がよけてくれけり雪の原
詩歌に戻る