西鶴発句
《西鶴発句》延宝6年

   阿蘭陀流といへる俳諧は。其姿すくれてけたかく。心ふかく詞新しく。よき所を今世間に是と聞覚えて。たとへは唐にしきにふんとしを結ひ。相撲といはすに其句に聞え侍るは。一作一座の興にありやなしや。
こと問はん阿蘭陀広き都鳥

《西鶴発句》延宝8年

捨小舟われに成けり相撲なた
詩歌に戻る