渭江話
《渭江話一》桜 肥後 北里連中

杉の葉の網をもれたる月の影     幾女
    神もうれしと相撲とる声   兎川

《渭江話二》梅 出羽 酒田連中

伴頭のあたまに照りて夕月夜     金英
     相撲に食をしゐて見物   己百

《渭江話三》花鳥八題 加賀 大聖寺連中 其六

湯の山は廿三夜も更たらず      巴水
     相撲にまけて饅頭の関   帰帆

《渭江話四》菜花 同所連中

十六夜に撰残したる芋がしら     史仙
    祭も相撲なればよけれど   丁杜

同所…大垣。

《渭江話四》梅 伊尾連中

月にとて伐すかしたる杉檜      花睡
   贔負相撲にくたびれが出る   梅渓

《渭江話四》梅 関連中

月は今そこへ出かゝる川むかひ    涼三
   相撲くづれのあとへむら鳥   木訥

《渭江話五》諸国発句 一人一唱 尾張之部

秋の蚊のふんばる足やをくれ相撲   鳥甲
詩歌に戻る