時勢粧
《時勢粧第一》

腰の骨いたくな侘そわれ相撲

《時勢粧第一》古歌之詞 秋部 相撲

たぶさもや乱初にしわれずまふ    永崎一見
行事ならで誰にか見せん破相撲    二本松秀伝
手をとるやわれても末にあひ相撲   浅香英総
つきずまふあまりてなどか独まけ   白岩人任
結ぶ手の雫は汗かすまひとり     高野直重
結びあかぬ井手の下帯やより相撲   井倉如塵
夜をこめて鳥肌寒し関相撲      岨山高故
我方によるとなげたり関ずまふ    江東幸昌

《時勢粧第一》歌詩文 秋部 相撲

合するにけしきいとよし殿相撲    竹下常相
都にては数にもあらぬ相撲哉     松浦広寧
此男かいまけてけり寄相撲      井上宣安

《時勢粧第一》諷 秋部 相撲

出相撲や其時左右の手を合      貞方保之
おすまふやとらんとすれ共水の月   一宮寿貞
とらんとやあつぱれ庭のたゝずまひ  二本松随言
兵のまじはり思へ寄相撲       吉村瓢庵
われずまふ又改て名のらん事     井狩友静

《時勢粧第二》只句 秋部 相撲

自力他力頼む勧進相撲哉       寺田守昌
河津がけのすまひは足のまたの哉   三畏
面目を砂にまぶすや負相撲      三木定之
さかやきのそりにのせてや勝相撲   郡山守静
奥の手を取や名古曾の関ずまひ    小沢衆下

《時勢粧第二》只句 秋部 蘭

藤袴まじるや行事相撲草       多久夕口

《時勢粧第二》只句 冬部 衾

ふすまこそ寒さをふせぐ力がみ    三輪光弘

《時勢粧第二》只句 冬部 水鳥

寒き夜や鴨の入くび鴛被       塵言

《時勢粧第二》追加 秋部 相撲

御機嫌をむべも取けり殿相撲     荒瀬宣就
殿風や関吹こゆるすまひ取      大坂一六
梓弓よし力なし負相撲        熊谷米閑子

《時勢粧第三》

若盛腰にも弓やそり相撲

《時勢粧第三》秋 相撲

又や見ん片手なげする曲相撲
手ずまふや汝は汝我はがほ

《時勢粧第四上》寛文三年六月十日 中井氏宗隆

  月いづるまで物見の桟敷
思ひ思ひ寄て相撲をとりどりに
  打置がたきあふぎてんがう

《時勢粧第四下》寛文二年正月上旬 橋本氏富長

  稲たばね置月弓の影
村々の夕々により相撲
  なびく霧にや肌はしつぽり

《時勢粧第四下》寛文三年十月十日

  名のり捨ぬる篠原の秋      倫
忍ぶれどあまりてしるゝ相撲取    翁
  色に出にけり赤き下帯      安

倫…春倫。
翁…西翁。
安…重安。


《時勢粧第五》寛文五年七月十八日

  さしも草をもなげやりの中    元
筋骨のいたみはいかに相撲取     言
  かなめもあやし秋の小扇     舟

元…林元。
言…塵言。
舟…維舟。


《時勢粧第五》寛文十一年三月中旬

  露しんしんと小野に手習     度
浅茅生の浅く思はぬ相撲ずき     同
  蛬もや殿風の下知        舟

度…毎度。
舟…維舟。


《時勢粧第五》寛文九年霜月十日 追善 独吟 維舟

  名残おもへば引うしろ髪
三番の勝負に気をや関相撲
  御くらゐに月の秋しる

《時勢粧第五》寛文九年十月上旬 追善 維舟

  かしらをそりて今はと行か
名残ある手だりの相撲果にけり
  東国武士の狩は秋山

《時勢粧第六》寛文二年二月中旬 何漆 千句第一 維舟

  霧晴れやかになる関のまへ
罷出結び相撲の手をとらむ
  涼風秋風禁中の庭

《時勢粧第六》寛文二年二月中旬 何鞭 第七 維舟

かしらそり発す心の花ひらけ
  芝に蕨の手相撲をとる
夜宮から祭る春日の天気あひ

《時勢粧第六》寛文二年二月中旬 何粽 追加 維舟

  神事もよほす秋は来にけり
月もまだ人こそみえねより相撲
  子を思ふ道にまどふこゝろね

《時勢粧第六》時勢粧小鏡 秋部 相撲

前髪やこゝろは君により相撲     宮内友也
ひいきある相撲は喧嘩の行事哉    近藤白甫
詩歌に戻る