印南野
《印南野》

一■棟のこ高いか庄屋殿     丸
  月を相手にひとり居角力   定
秋の夜の鬮とりあたるお鷹番   山

丸…湖丸。
定…只定。
山…千山。


《印南野》

二番手に田面の節句帯さして   之中
  能かおはれハすまふ取也   撥草
中々に日和の月に暈もなし    ■琴

《印南野》

親の気にいらぬはあはれすまふ取 只定

《印南野》

相撲場のあと踏て見る宮居哉   一葉
詩歌に戻る