韻塞
《韻塞乾》七月

初秋や親に離れし相撲取       米巒
相撲取の腹に着けり虻の声      木導
投足に灯籠打消すすまひ哉      朱
裸身に麻の匂ひやすまひ取      許六
後から家老のあふぐ勝相撲      

《韻塞坤》

     河原柳の一まいにちる   許六
相撲とりの勧進もとを喰たてゝ    木導
   たよりのたびに上る綿の直   村

村…邨。

《韻塞坤》

雪隠を覗てまはる腹ごゝろ      由
    根太つぶして相撲崩るゝ   導
秋の日に村中こぞる喰ひ祭      

由…李由。
導…木導。
…朱

詩歌に戻る