いつを昔
《いつを昔》

      畠の中にすめる月影   雪
いきて世に取後れたる老相撲     角
    元よし原のなさけ語らん   雪

雪…嵐雪。
角…其角。

詩歌に戻る