壬申日誌
《壬申日誌》十月十九日夷講の前夜

関の戸も月有うちは明はなし    夕兆
     手がら咄は相撲取ども   其継

十月十九日…元禄5年。

《壬申日誌》同夜

挑灯を畳みよせたる明の月     嵐青
   目を寐ぬ顔のむさき角力場   其継
稲干て取おく跡は蕎麦のはさ     執筆

同夜…元禄5年12月1日。

《壬申日誌》初冬六日

    花火のかずを沢山に見る   風
西東相撲派立る月あかり       青
     ところ習に女子水くむ   紫

初冬六日…元禄8年10月。
風…呂風。
青…嵐青。
紫…山紫。

詩歌に戻る