除元吟
《除元吟》

胴突のふたつせわしや宵の月    ゝ
   けふのすまひで癪を失ひ   円
秋の花とそだて上たも此尉か    ゝ

ゝ…魚雲。
円…午円。

詩歌に戻る