狂歌四本柱
《狂歌四本柱角》序

狂歌四本柱序
駒すさむ浅草の殿原狂歌のすまひとりせんと大士のおく山に幕うちまわし秋の千種すりたる狩衣ぬきすてゝ立いてたりかねての題は梅鶯蛙の三席秋は七夕月に星千葉迄つゝく錦のまわし妻こふ男鹿の角のまた齢狂歌の角觝は暮行年によるへからすと深雪降ぬる頃まてそよみにけり行司はやつかれ右大将家につふりのゆかりはへれは土俵のま中にたちてさうふをわかちませりと歌をゑりてひとつの草紙となし四本柱と題し侍るをかり鞍の馬道霜解やかて椎の木にのほせてひろむる事になん
  寛政よつのとし   桑楊庵
      子初春     あるじ述

《狂歌四本柱角》

  
(中略)
  馬道霜解
哥角力また野にひゝくもろ声はかける蛙のかちとこそきけ

《狂歌四本柱力》

あらかねの土の中にもこかねありつぬさはふ石の中にも玉はありけりしかあれと土くれの崩れす石のかたき口もてよみ出ぬれは金言玉葉をうることかたうして愚者は千慮の一徳といへとも呉竹の世に知れる光のうしの口さきのきれものにて其かたちを直し侍りなはきやまんにてゑり砥をもてときまろかすにひといけれはいてや剃を乞はんと思ひ立たるたつ春の題をはしめとし年の末まてみそちあまり一つになんなれるを歌ことに甲乙のしるしをうけてすまひになそらへさうふをあらそひほうひの言葉の高きをはまかねふくきひよき勝と定めてはゝかりなくはゝかりの関取にそなへはたそれかつきをはそれそれにえらふてなつ声のほそまくのうちとしるしおとりたるは土俵のそとへすたりとなして此集にはふきぬやつかれ此道に遊ふ事ひさしきをもてとしよりのゑん坐をゆつられけるをいなみぬれとも霜解のぬしらせちにすゝめてゆるさゝれは四本柱のしりへに断を
いふ事しかり
   浅草市人

詩歌に戻る