古今夷曲集
《古今夷曲集巻第三》秋歌

  相撲器 音
本歌
笑種ことばにかゝるまけ相撲たまたま出ては手をもえとらず
  相撲にまけぬる方。いなびけるをみてよめるみつなが
かつにのり手とるに足をとられつゝ負ぬる方ややすまふといふ

《古今夷曲集巻第八》雑上 付物名 廻文歌

  三月三日。相坂辺にて鶏合けるをみて。よめる淡路守宗増
鶏も相撲に似たり相坂の関のかち声あぐる勢ひ

詩歌に戻る