狂歌関東百題集
《狂歌関東百題集下》

  この巻は友垣のすゝめによりてもゝくさはかりの題をむすひそかすまひ哥の行司おのれにせよと呼子鳥の声しきりなれはおほつかなきものからたつきもしらぬしるへしてやかてふた巻の集となせりもとよりつたなき団扇のかさしなれはかついろの花をたに見おとし聞もらしたるもまた多かるへしやこは遠こち人のひくかたにゆりたまへかしとひたふるこひねきたいまつるにこそ鈍々亭和樽
山賤も都の人の枝折して肩て風きる花の言の葉

詩歌に戻る