狂言鶯蛙集
《狂言鶯蛙集巻第三》春哥下

  若草
(中略)
  海老船守
手をつくす野へのみとりのきりたてをまはしとなせる角力取草

《狂言鶯蛙集巻第五》秋哥上

  角力鍋垢丸
花の色わくる秋野の草角力団扇の紐も露の小むすひ
  算木有政
をとらしと出るや月の土俵きはちつと入日も西の大せき
  節松嫁々
秋角力数の手とりもいかてかく不慮なるまけを鴫の羽かへし

詩歌に戻る