狂歌才蔵集
《狂歌才蔵集巻第二》春歌 下

  人々花の哥よむときゝてよみて遣しける一鳳斎
下戸なれはけふのことはの花角力こまたとつてもかちんとそ思ふ

《狂歌才蔵集巻第四》秋歌 上

  相撲塒出たか久上毛
いさむらしよらはけはやのいきほひにかたづをのみのすくねかたにも

《狂歌才蔵集巻第五》秋歌 下

  月前角力天保川成
秋の夜の空も今宵ははれ勝負得手をさしたり角力場の月

《狂歌才蔵集巻第七》羇旅歌

  角力旅行すは子
指おれはもはやすまひの前かしらけふとつこいと思ひたつ旅

《狂歌才蔵集巻第八》哀傷歌

  すまひ人虹か岳身まかりける時よみてつかはしけるあこき引網
百両の花よりもわか手向にはたつた一ふの経陀羅尼かな

《狂歌才蔵集巻第九》賀歌

  寄角力祝あけらかん江
君か代にすまひのせきとせきの戸はいつれ左も右もさゝせす

《狂歌才蔵集巻第十一》恋歌 下

  寄角力恋高羽子雄鳥
こふれとも人目の関のつよけれはあはぬすまひのひとりねそうき

詩歌に戻る