狂歌若葉集
《狂歌若葉集上》

   へづゝ東作
(中略)
  浦賀にて
西東うら賀は船の関すまふうみをまわしのしめくゝりよき

《狂歌若葉集下》

   四方赤良
(中略)
  すまひ人谷風梶之助に遣しける
かたやくら巌石おろしさか落し関は日本一の谷風

《狂歌若葉集下》

   桜のはねすみ
(中略)
  出家角力をとる
出家としはつみにのりの花相撲うちわは西のかたにあくらし

《狂歌若葉集下》

   から衣橘洲
(中略)
  ある人の女結納のいわゐあるに晴天なれは
晴天に先婚姻のとり組もよしやすまひのうちわ酒宴

詩歌に戻る