華月一夜論
《華月一夜論》

 池月坊云く。二夜問答に。我近頃文字をあらためて正字を出すは。是を以て言の葉を作るにはあらず。 巻てふものゝ中に字去といふこと有。とても字去の式によることならば。認字を以て去らんより。正字を以てあらためむにはしかずとなり。 其上。巻てふものに詞をついやす。あまりに無益のものなれば。せめては正字なりともしりたらん。是がための益ならずや。 としきりにあらため書たる也。世話てふ俗語はこれを代治と云文字に当れば。こゝろよくかなふ也。梅とかゝむに松と書。 松とかゝむに杉と書るは。殊にあらたむべき事なれば。椿をツバキとは読がたし。これはたむつかしとおもはゞ。 いつまでも仮名にて書つゞけたらんあやまちなるべし。といへり。これその理あるに似たり。さるほどに。 かれが選べる書の中には。角觝点滴布穀秧鶏喚起鳥など。いろいろ中華めきたる文字を出せり。ことにちか頃板行せる明題集などには。 種々の漢字漢名を並集め。臚列すること。肆を開くがごとくにして。枚挙するに遑あらず。さらに和訓の職由る所を弁じて。 五加は唐音なるを。木の字を添えて五加木と称え。菊の字は唐音にキといへるをクを添えてキクと称して。 和国の音とし。また楓は葉の形。蝦蟆の手に似たればとて。カヘルデを中略してカヘデといふなどゝ。いづれも新しき議論。 いかにも綾太大人は和漢の学に精き人と見えたり。祖翁の句など難じたるもまた宜ならん。いかむ。
鏡花師云く。何の宜なることかあらん。予いまだ明題集を見ずといへども。かの二夜問答に出たる文字の一章段に於ては頗る擬計をいだき。 いかなる文字をかあらため。いかなる正字をか出すと。編々の終始を熟閲せしに。さひさひ竜頭蛇尾の文盲。 勝て計えがたし。わづかに十の一二を学び。百の八九を知りたればとて。かゝる放言をなすことおそろしおそろし。 まづ巻中に。字去の事いかゞ心得たるにや。都て附合にさし合さり嫌ひを操ることは。句々の変化を要とするゆへなり。 たとひ改て正字を出し。厳蜜に相知るとも。前句の運びよからず。打越にからみたらんは益なし。故に同字別吟の名目を立て。 たゞ変化の要なることを知らしむ。たとへば相撲とかくも正字。角觝とかくも政治なれども。そは勿論越逸とも相扠とも。 そのすがたにてしらずんばあるべからず。既に同字別吟の赦免あるからは。云はずして異字同吟の禁制あることを知るべし。 然れば字去句去等の古式は勿論。支考が七名八体の法則までもみな初入を導く方便門にして。句々変化自在ならしめむとなり。 さるを巻てふものゝ中に。字去といふ事ありとても。字去の式によらば。認字を以て去らんより。正字を以て改ためむにはしかじ。 そのうへ巻てふものに詞を費す事。あまりに無益のものなれば。せめて正字なりともしりたらん。これがための益ならずや。 とはなんといふことぞ。いかなるを認字とおぼへ。いかなるを正字と意得たるや。いぶかし。相撲と書を認字と覚えて。 角觝とかき。雨滴とかくを認字とおぼへて。点滴とかき。諫鼓鳥鶯などかくを認字として。布穀喚起鳥などかきたるものにや。 相撲の濫觴は漢武故事に出て。格物論以下華和の諸所に散在し。仏教にすら説ける文字なり。しかれば。相撲も角觝も認字にはあらず。 またあまだれとは。屋簷の滴雨をいふなれば。霤の字に決し。あまごひは山川百源を祈祀し吁嗟して雨を請ふゆへに。 の字にきはまりたれど。雨のしたゝりといふより雨滴とかき。雨を請ふといふより雨請とかく。 これ皇和の古風にて。敢て誤りといふにもあらず。かれが書たる点滴の二字は。あまだれには限らず。 簷のしづくも。筧のしづくも。岩間の苔のしづくまでも。点々滴々と落るものを。みな中華にては点滴とつかふなり。 総ジテ文字ハ同クテモ。ソノトコロ。ソノ趣ニヨリテ。格別ニ違フコトアリ。タトヘバ山根トイヘバ。 山ノ根ナレドモ。医書相書ナドニ山根トイフハ。両眼ノアイダノクボキトコロヲ云フガゴトシ。マタ中華ニテ主張ノ二字ヲトウドリニモフンベツニモ用ヒ。 日本ノ俗ニ北ノ方トイヘル二字ヲ方角ニモ人品ニモ用ルガゴトシ。此類勝テ計フベカラズ。
予。つらつら此一よりその万を猜求するに。かれたゞ近世の和書を弄するのみにて。方言国字のよつておこれる所以を知らず。 華和の群藉を渉猟対検し。これを研究自得するに至らざるゆへ。動もすれば粗糲多し。既にかんこ鳥を布穀とかき。喚起鳥をうぐゐすと訳せたるがごときも。 その本原を糺明せざるがゆへに。忽ち粗糲に堕せり。いかにも布穀は列子にも見えて。三月穀雨の候になきそめて。 夏至に□□止むといふより。布穀とは名けたれど。一名鳩。一名郭公日本にいふほとゝぎすのことにはあらず。其形似鷂長尾。 大如鳩帯黄色。啼鳴相呼。而不相集不能為巣。と本草家の説あきらかにて。築益軒なども。此鳥日本無之歟。未詳と評したれば。 中華の布穀を日本のかんこ鳥に治定せんとは覚束なし。日本のかんこ鳥は。古説に中華の蚊母鳥ならめと。 それだに今更不分明なると牽合したがりて益なきことなり。かんこは。予が故郷の山中に多き鳥にて。 おさなき時よりよく見知りぬ。その形は鶫より大きに。鳩より小く。首長く身痩て。背灰色に腹淡白く。黄色も帯びず。 さして長きといふほどの尾もなき鳥なり。ちか頃も能より越にゆく山路にて。木に止りてなくを見しに。 さひさひ形にも似ぬ声の。げに閑寂を催すことの甚くて。人おとずれば。忽ち止むもおかし。
  人声にもとのはやしやかんこ鳥
近江中の河内のあたりには。これを野良鳩ともいふ。かの民俗に問えば。巣もありとぞ。又所によりてツゝトリともいふよし。和書に見えたり。 そのカツコウカツコウとなくより。むかしの方言にはカツコウ鳥といひしを。北国ノ民俗ハ今ニ郭公鳥竭鼓鳥ナドイフナリ。いつの頃よりか。 かんこ鳥とよびたるに附会して。諫鼓鳥と書たるなるべし。
またうぐいすのことも。鶯の字の訓を非ならめとの説は。古人とりどりいへりしかども。さらば日本のうぐいすを中華にては何といふぞと論ずる時。 誇多博の儒官達すら衆議まちまちにて。或は月令広義の報春鳥をうぐいすぞといふ人あり。 或は婆餅焦をうぐいすぞといふ人あり。又は剖葦をうぐいすぞといふ人あり。ちか頃の拾遺蒙求などには。 山海経のをうぐいすと訳せ置たり。山海経のは薬事に関る沙汰なれば。 人に利害の大事もあらんを。かく異説紛紜として。或は山海経に見えたる春起鳥をうぐいすぞといふ人あり。 或は又吉利子をうぐいすぞといふ妄説もあり。今のごとく喚起鳥をうぐいすぞといふ億説もあれど。いづれも摸索のみにて□桶掃帚の類なれば。 全決しがたし。なかんづく喚起鳥の事は。鷹の別種なるよし。げにも鷹鶻方など見るに。鷹は種類の多きものにて。 和名にも白鷹鶻鷂小隼児鷂雀鷂雀喚起鳥など。これらも古人の説なれば。無下には捨がたし。 鷹の別種とうぐいすとは甚しき齟齬ならずや。按ずるに喚起鳥は形杜鵑に似て混じやすしといふより。日本のうぐいすとせしか。おぼつかなし。 しかればかゝる不分明なる文字どもを書集めて。一ッ一ッにかなづけして。われしり顔に晩学を迷はさんより。 日本らしきかんこ鳥鶯にてすましたきものなり。ことに鶯の字はいにしへよりいみじき御製選集にもことごとく用ひ給ひ。 一名は黄鳥。一名は黄となづけて。中華の鳥も頭背黄緑色。腹淡白。立春後鳴。とや。 されど日本の鶯より形大なるよし。選詩には多く悲鳴の慷慨に用ひ。唐明に至りては。百囀流鶯遶建章○黄鳥一声酒一杯など賞するさま。 和漢おなじければ。よしや形状に大小の異ありとも。皇和の風俗にしたがはんこと貴ふとからめ。
  鶯や又云ひなをし云ひなをし  千代尼
それともに。中華へ渡りて片歌を弘め給はゞ。布穀とも喚起鳥とも。世話を代治とも通ずるよふに書給へかし。 日本逗留の間は。入らざるものならんか。けだしかれが著述をしばしば考るに中華めける俳諧の名を悪みて。 日本らしきかたうたの名にせまほしといふかと見れば。却て布穀喚起鳥など中華めける字面を出す。 げにも日本の文字といふは。男文字女文字の外なく。篆隷楷草等の九品はみな海舶来の文字なれば。中華を擬するもよしとおもへば。 忽ち宝曳釣手丸盆天窓伊達缺落浄瑠理松明八百屋八重桜楓など。日本めける文字をそのまゝに顕はせり。 これ。これを龍頭蛇尾の文盲とはいへり。とかく華和の両端に首鼡して。一も準縄の立たることなし。 これ。上にいふごとく。かれいまだ客気消せず。見識いまだ定らざるゆへなり。
予もむかし崎陽に学を志すことありて。年廿有三にして寛延庚午夏五月十八日。舟を浪華より発して。彼地に到り。 辛未閏六月浪花に還る。しばしばかの学家に朝夕するに。頗る華言の清雅なることを知り。皇和来歴の俗語の字面大に訛ることを覚え。 一書を編みて。これを転起せんと欲し。日夜に筆し勉強としてやまざること。此に年あり。その考索に備るに。 数部の字書を以し。及び唐訳講話熟字畳字漢字方言国字の解。文罫訳筌和読六帖諺草等の雑書まで並集め。形状作用の字面は勿論。物名に至ては。鳥獣虫魚艸木の類は陸機が疏より。 禽経鷹品獣経虎苑魚経魚品蚕経蟹譜時珍が本草含が艸木状江文通が草木頌駝宗本が種樹書黙斎允斉が花譜省曾が稲品扶揺が花鏡王路が花史世懋が花果瓜蔬の疏。 その外弘景東垣中立などの諸作。衣服器財等にいたりては格物州府県志の類。雑爼合璧類聚類書彙苑御覧図会図彙等。書肆は浪華の柏原氏京華の河南氏八尾氏等に便りて求れども。 各部の浩瀚急に得がたく。速に閲しがたし。さるを。得ればそのまゝ読み。読めば則ち鈔録して朝夕の視聴ふるゝ所みな稽考を助け。 その此学に栄名なる向元舛稲若水田玄叔石丈山貝篤信松玄達物徂来太春台伊藤井沢等の諸作にいたりては。 門生の帳中に珍襲せる伝写の草稿までもさがし求め。往還研究せんとするに。春台徂来の大家すら猶誤りなきこと能はず。 そのこれを全ふすることを得ず。况や。予が管見。いかんか誤りなきこと能はむ。いかんかこれを全ふすることを得む。 面に牆して立るがごときもの。十に五三或は八九。なかんづく可不の弁じがたきものあり。両可裁しがたきものあり。 尋ぬれども。その原に逢はざるものあり。さるにぞ稿半にして廃しぬ。今を以てこれをおもへば。これまた客気いまだ消せず。見識いまだ定らざるゆへ也。
凡世俗に訛りあることは。支那も震旦もおなじくて。大方の君子もこれをいかんともしがたし。さるを己が短をも顧ずして。他を遂一に糺さんとは。 ちからもて一羽をあぐるに能はずして。千斤の弩を弾挙せんとするがごとく。実に慮外千万なり。ことには禽獣虫魚艸木衣服器財等の物名は。 正名雅名俗名等の差別は。タトヘバ華言ニ招牌ト云モ招子ト云モ牌子ト云モ招児ト云モ牌ト云モカンバンノコトナルガ如ク。 或ハ書物ノ表紙ノコトヲ書皮トモ書穀トモ部面トモ簿面トモ表トモカク類ノ如シ。勝テ計フベカラズ。勿論土地によりて異なるものなれば。 牽合の論。かへすがへすもおぼつかなし。されども本屮の諸家は。医薬の急務に関ることなれば。糺明せずんばあるべからず。 それだに江南の陶隠居が本艸を註せしに。南北隔絶のおりからゆへ。北方の物事を知らず。説得て差背底多しとぞ。 同じ中華のうちに居てすら。わづかに南北の隔によりて。そのたがいあやまれるもの尠からざるに。セバキ日本ノウチニテモ。 畿内ノ蜀黍ヲ北国ニテ黍トイヒ。北国ノ蜀黍ヲ畿内ニテ南蛮黍トイヒ。畿内ノ蕃菽ヲ北国ニテ南蛮ト云。 北国ノ小黍ヲ畿内ニテ黍トイフ。カゝル物名ノ異ナレルコト。勝テ計ヘカタシ。
况や。万里の天涯を隔絶したる中華と日本。なんぞ背底なきことを得んや。たゞやすらかに中華に秧鶏といふ鳥は。日本にて水鶏といふ。 日本の雲雀を中華にては告天子といふと覚えて可ならん。ことに水鶏の二字は日本記にも見え。雲雀の字面は三才図会にも依拠あれば。 中々認字とて捨ッべきにあらず。しかれば形状作用の字面は格別。物名の字面は偏論しがたし。すべて品物は風土により時代によるなれば。 和国にありて中華になきものあり。中華にありて和国になきものあり。或は形名同じきもの。又は形同じく名の異なるもの。 名はおなじけれども形状の差へるもの。時代によりて変化せるもの。新出のものには新名を与ふるあり。あに容易にこれをことごとく窮竭さんや。 既に中華の扇は日本のうつわにて。日本の扇は中華の摺扇。また中華の摺屏は日本の屏風にて。日本のついたては中華の屏風。 中華の鶏頭は日本の水にて。日本の鶏頭は中華の鶏冠花。中華の杜若は日本の藪蓑荷にて。 日本の杜若は中華の燕子花。中華の白魚は日本の熊引にて。日本の白魚は中華の膾残魚また蠹中の異名を中華にて白魚ともいふなり。なり。 かくのごときの類。勝て計へがたし。故に古来漢名和名と相分れて明かなるを。今やひとつひとつ漢名にして和の片歌を弘めんとは。 たとへば和尚の談義を唐音にてのべらるゝがごとし。高上には聞ゆれども。益なきことなり。その身は日本にありながら。魂は中華へ奪はれ。 足下のあかるさを失ひぬるにぞ。忽ち外道の大沢に陥るにおよべり。殊に日本は日本の故実ありて。中華の剪秋羅を仙翁花といふは。嵯峨の仙翁寺より出たるゆへ。 甜瓜を真桑といふも濃州の真桑村より。澆茶飯を奈良茶といふも和州奈良よりとぞ。とろゝは甲州のとろゝ山より。浜名納豆は遠州の浜名村より。 みな来歴の故実ありて。その广迦耶寺より今に公方へたてまつり。かの雲上より今も領主へめさるゝ事。治平の御代のためしなるらめ。 かれが所謂五加木鶏冠木の和訓の類も故実あることはおなじ。そのカヘデの和訓のことは。順が和名鈔に見え。五加の唐音なることは。 貝原が和本草にも出たれば。さらに綾太が発明にはあらず。是も日本の楓は中華の機樹にて。菊も本字は鞠とかくべきなれど。 中華も日本も遵時通俗古今通用はあるならひなれば。我知顔にあらためたがりて詮なきことなり。はた椿をツバキとは訓がたしとならば。 楓をカヘデとも訓がたし。日本にツバキは中華の山茶花にて。日本の山茶花は中華の茶梅なり。日本のヲカツラは中華の楓にて。 中華の楓の日本のカヘデにあらざることは。本草にいちじるく。中華の椿の日本のツバキに異なる趣は荘子にても知りぬべし。 止なん止なん。説べからず。もはや月落ち夜ふけぬれば。余論は明日華洛の会に及ばむ。
  明和甲申夏六月              無住坊
敬て蕉門の諸君子に白ス。翌日華洛の東山に会して。漢字和字の正誤より祖翁の句など論ありしを。ことごとに殖録して二日論となづく。 しかはあれど。あへて梓にちりばむるこゝろもなくてかいやりおきしを。乙酉のことし。富春のぬしのすゝめによりて。まづ此編のみ出しぬ。

厳蜜…厳密。
仏教にすら…「為相撲戯無能及者等」傍書あり。
屋簷…「小補韻会」傍書あり。
山川百源…「礼記月令」傍書あり。
附会して…「楽天ノ詩ヨリ」傍書あり。
□桶掃帚…漆桶掃帚か。
禽経…「師曠張華」傍書あり。
鷹品…「段成式」傍書あり。
獣経…「黄省曾」傍書あり。
虎苑「王登」傍書あり。
魚経…「黄省国居士」傍書あり。
蚕経…「黄省ー」傍書あり。
蟹譜…「傅肱」傍書あり。
時珍が本草…「李」傍書あり。
艸木状…「南方」傍書あり。
駝…「郭」傍書あり。
宗本が種樹書…「兪」傍書あり。
黙斎…「游」傍書あり。
省曾が稲品…「黄」傍書あり。
扶揺が花鏡…「陳」傍書あり。
世懋が花果瓜蔬の疏…「王」傍書あり。「花果」に傍線あり。
弘景…「本屮註」傍書あり。
東垣…「名医別録」傍書あり。
中立…「ー原始」傍書あり。
格物州府県志…「食物ーー洞詮」傍書あり。
向元舛…向元升。
遂一…逐一。
日本記…日本紀。
うつわ…うちは。


《華月一夜論》


孔子曰。其本虧而未治者否矣と。本立て道なること。まさに知べし。芭蕉菴の翁世に出給ひて。遠く漢土の俳諧をおこし。 倭国に其道を弘む。こゝに道統の伝たるや。面授口訣の沙汰にはあらず。池の蛙の水音に豁然として自証せしより。誹諧と俳諧とは。忽ち姿情の前後に分れ。 其世に二千人の門葉ありて。正風の大祖と仰がれ給へど。心は史記の滑稽を伝へながら。発句の掟も連句の式も。在世は全く旧式にしたがひ。 聊も他門の人に敵せず。古法を正し新式を定られしも。ひそかに門下の二三子に授けて。没後の用捨に任されしに。 龍師は是が木鐸として直指相承の光をかゝげて天下の人を教諭するに。其風を仰ぎ其徳をしたひて信受せずといふ事なく。 法式も自然に定りて四海に一道の盛んなる事。頗る生前に百倍せり。是よし。天のしからしむる所ならんには。いかでか人力を以ていらふべけんや。 此故に此編の趣は。直ちに池月等の疑問をさとし。凌子が建門の不埒を明し。無益の費を難ずるに。故翁龍師がこゝろを汲て。 一字一言の私を用ひず。病に鍼するにひとしく。誠に顕正の至論といふべし。さりとて其人を説破して其徒を改んとの心にはあらで。 此後正風に志をはこべる初学の惑ひなからんがためなれば。議論はいふて遊ぶに似て。いはれて遊ぶも風雅ならめと。 我党は聞て遊ぶものなれば。此あらそひの行司にもあらねど。角力も立ッ方の贔負より。小股でもかゝんとはおもふなるべし。
             南濤涯 巴文 印 印
詩歌に戻る