解題・ア行
《赤染衛門集》あかぞめえもんしゅう

 赤染衛門の私家集。流布本と異本に大別される。前者は最大614首を収める年代順雑纂体、後者は416首の類纂体である。 関白藤原頼通の要請によって献上したものという。引用元は「新編国歌大観」(石狩市民図書館蔵)。
赤染衛門集

《あがたの三月よつき》あがたのみつきよつき

 大江丸旧国著の紀行文。家業(飛脚問屋)の用事で寛政12年(1800) 7月20日に大坂を出発し、 舟で京都に上って東海道を江戸に向かった。 8月 8日に江戸に入り、関東各地を経巡って11月10日帰途に就いて25日に帰宅した。 吉原での遊びや歌舞伎見物、物見遊山、そして発句会など、楽しい遊びの記事が沢山ある極めて面白い旅行記である。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二あがたの三月よつき

《秋夜長物語》あきのよながものがたり

 作者不明の物語。 1巻。南北朝時代の成立。桂海律師(瞻西上人)が花園左大臣の子である梅若を弔って仏道に赴く物語。 児物語の先鞭をつけた作品である。引用元は「室町時代物語大成」(藤女子大学図書館蔵)。
秋夜長物語

《秋山記》あきやまのき

 上田秋成の紀行文。安永 8年(1779) 9月12日に大坂尼ヶ崎町一丁目の居宅を門出し、豆崎から北上して18日に城崎に到着、 天の橋立を経て南下し10月23日頃に帰着する(記録は21日まで)という旅行を和文で記す。 旅行直後の成立という。この紀行文を含む歌文集「藤簍冊子(つづらぶみ)」は全 6冊、享和 3年(1803)秋成70歳を記念して弟子の昇道が編んだもので、 文化 2年(1805)〜 4年にかけて刊行された。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
年表二

《顕広王記》あきひろおうき

 神祇伯顕広王の日記。当初は永久 5年(1117)から治承 4年(1180)までの間に計21年分の記録があったが、 現存するのは応保元年(1161)から治承 2年(1178)までのうちの 8年分である。記主は永万元年(1165)から安元 2年(1176)まで神祇伯で、 子孫はこれを世襲し、白川家を称する。日記は神事が主である。抄本として他の四代の記事と併せて抄出した「伯家五代記」がある。 引用元は、抄本が「伯家記録考」所収「訂正伯家五代記」(北海道大学附属図書館本館蔵)、広本は国立公文書館旧内閣文庫所蔵江戸期写本(請求番号161-35・句読点は私に附した)。
年表一

《あけ烏》あけがらす

 几董編。 1冊。安永 2年(1773)成立。蕉風復興の機運に乗り、蕪村門が示した蕉風への回帰宣言の集とされる。 歌仙が都合 4巻と発句152句が収められている。高雅な気品が漂う集と評され、「蕪村七部集」の第二となった。引用元は「天明俳書集」(札幌大学図書館蔵)。
あけ烏

《按古於当世》あごおとせ

  6巻 2冊の噺本。南華房撰。文化 4年(1807)序。213話を 6種に分類した笑話集で、名古屋の貸本屋であった大惣こと大野屋惣八の依頼で編集されたものらしい。 引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
按古於当世

《腮の掛金》あごのかけがね

  1冊の噺本。式亭三馬序、桜川慈悲成編。寛政11年(1799)跋。桜川慈悲成らによる咄会新作集の第 2弾で、 新作21話を収める。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
腮の掛金

《麻刈集》あさかりしゅう

 士朗編の俳諧追善集。寛政 5年(1793)刊。尾張での芭蕉100回忌追善集で、芭蕉による尾張での句を発句とした脇起こし連句と、それに因んだ発句を併せ載せる。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
麻刈集

《朝倉始末記》あさくらしまつき

 越前朝倉氏と加賀一向一揆との戦いの詳細を記したもの。「賀越闘諍記」「越州軍記」「義景記」「朝倉記」などの書名を持つものがあり、 内容各々異同がある。従って成立過程も複雑を極め、原本をどれとも定められず、明治以前には板本もない。 引用元は「日本思想大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二朝倉始末記

《芦荻集》あしおぎしゅう

  7巻 4冊の狂歌集。文化12年(1815)刊。紀(鹿都部)真顔編。真顔の家集というべき作品で、季題順に配列し最後に旋頭歌や長歌を加えた 6巻に加え、 「汀のこづみ」として 1巻の補遺がつく。引用元は「江戸狂歌本選集」(札幌大学図書館蔵)。
芦荻集

《芦東山日記》あしとうざんにっき

 江戸期の儒学者・法学者である芦東山の日記。27歳から81歳に相当する享保 7年〜安永 5年(1722〜76)までのうち、 19年分のものが残る。芦東山は一関市渋民の生まれ。仙台藩の藩儒となったものの、思想が藩の意に沿わぬことから幽閉されたこともあった。 引用元は「神奈川大学日本常民文化叢書」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《明日香井和歌集》あすかいわかしゅう

 新古今集の撰者の一人である飛鳥井雅経の家集。孫である雅有の編纂か。永仁 2年(1294)成立らしい。 1,672首を収め、雅経の全歌業を収めたものといえる。引用元は「新編国歌大観」(石狩市民図書館蔵)。
明日香井和歌集

《飛鳥川当流男》あすかがわとうりゅうおとこ

  5巻 6冊の浮世草子。秋花堂久澄作。元禄15年(1702)刊。任有浅之助と何貴源之助とが野郎遊びに深入りし、最終的に改心するまでの物語で、 女色・男色の色道論争などを特徴とするが、やや散漫な作とされる。引用元は「古典文庫」(藤女子大学附属図書館蔵)。
飛鳥川当流男

《足助八幡宮縁起》あすけはちまんぐうえんぎ

 著者不明。 1巻。室町初期の成立。三河の足助八幡宮の縁起を記したもの。前半を由来に充て、天智天皇のころに出現したものとして説き起こし、 後半はその霊験を29ヶ条に亙って記す。引用元は「続群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《吾妻鏡》あずまかがみ

 治承 4年(1180)から文永 3年(1266)までの鎌倉幕府の事蹟を記した編年体史書。鎌倉幕府自身の編纂にかかるので、 幕府に関係のない朝廷関係の記事はないし、幕府による正史である関係上、事蹟が幕府寄りに書き換えられている部分もあるが、 鎌倉時代の前半を通覧できる基本史料として第一に指を屈さねばならないものである。但し近世には既に完本がなく、 それを再度完からしめようと様々な努力が重ねられた結果、逆に複数の伝本や省略本までもが入り交じるという問題も発生した。 引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表二

《東日記》あずまのにっき

  2巻の俳諧撰集。言水編。天和元年(1681)序。上に春から秋の発句、下には冬の発句と歌仙 9巻を収める。 言水の言うところによると、過去 3度新風を試みたが古くなったので、さらにまた本集を編んで新風を目指したとの由。 引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
東日記

《あつまめくり》あずまめぐり

 「色音論」の改題本か。→色音論

《あつま物語》あずまものがたり

  1冊の仮名草子。作者未詳。寛永19年(1642)刊。同年夏にあずま男が江戸に来て、名所巡り・禰宜町の芝居見物ののち、元吉原の遊廓を見るという名所見聞記の体裁を取るが、 太夫の品評や遊女の数などを掲げるなど、元吉原を紹介する評判記としてはその元祖というべき位置を占める。後に複数の補訂版が出ている。 引用元は「仮名草子集成」(札幌大学図書館蔵)。
あつま物語

《安達原》あだちはら

  3冊の擬古物語。荒木田麗女作。明和 9年(1772)成。同じ作者の「はまちどり」の続編に当たるもので、 右大臣の息中将の結婚を扱ったもの。引用元は「荒木田麗女物語集成」(藤女子大学図書館蔵)。
安達原

《篤老園自撰句帖》あつおいえんじせんくじょう

  2巻の俳諧句文集。文政 2年(1819)序。篤老の自撰。乾巻は発句を四季類題別に443句載せ、坤巻には「誹文」として自伝「千々の悔物語」をはじめとする22編を収める。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
篤老園自撰句帖

《熱田紀行》あつたきこう

  1巻の滑稽本。文化 3年(1806)以降成。紀ノ有兼(有雅亭光)作。尾崎久弥命名の「郷土本」に含まれるもので、 熱田神宮に出かける膝栗毛模倣作の一。引用元は「京都大学蔵大惣本稀書集成」(札幌大学図書館蔵)。
熱田紀行

《安土記》あづちき

→信長公記

《安土日記》あづちにっき

→信長公記

《あとまつり》あとまつり

 魚淵編(実際は一茶代編)の俳諧撰集。 1冊。文化13年(1816)刊。筑紫の桃青霊神を信濃長沼森田神社に勧請し、 社殿が落成した際の記念集。引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。
あとまつり

《あなうれし》あなうれし

 碓令・鶏周編の俳諧追善集。 1巻。文化13年(1816)序。長翠の追善集で、前半は碓令が編んだ発句集、 後半は追善脇起こし連句と発句を収める。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
あなうれし

《阿房枕言葉》あほうまくらことば

 写本 1冊の洒落本。偸空斎主人作か。寛延 2年(1749)成立か。京都の遊里案内書で、枕草子に擬えたもの。 当時の浮世草子等からの引用が豊富である。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
阿房枕言葉

《あめ子》あめご

 之道編。 1冊。湖南に滞在中の芭蕉を之道が尋ねた折に集めた句をまとめ、琵琶湖名産「江鮭子」を題号としたもの。 元禄 3年(1690)採集。この集には他に之道が幻住庵を尋ねた際の歌仙なども含まれている。大坂最初の蕉門俳書ということになる。 引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
あめ子

《あやめ草》あやめぐさ

 大田南畝の歌文稿。文化 6年(1809)〜 7年と文政 4年(1821)〜 5年の分を収める。関西大学に存する 4巻本の「蜀山家集」に収められており、 刊行はされていない。引用元は「大田南畝全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
あやめ草

《あら野》あらの

 芭蕉七部集の第三。荷兮編。 3冊。元禄 3年(1690)刊。発句は 2冊 8巻で735句に及び、さらに員外として連句編が続く大規模な撰集である。 題号は俳諧の行き方に迷う俳人を「あら野」を行く人に擬え、編者を野守としたことによる。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
あら野

《曠野後集》あらのこうしゅう

 荷兮編の俳諧撰集。 2冊 8巻。元禄 6年(1693)自序。「あら野」に倣った部立で発句633などを収めているが、冒頭に古人の句を列挙するなどの復古趣味は、 当時の蕉門俳人を怒らせる結果を招いた。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
曠野後集

《在明の別》ありあけのわかれ

 作者未詳の物語。 3巻。平安末期から鎌倉初期の成立。「無名草子」が「今の世の物語」として 4篇掲げたうちのはじめのもので、 「風葉和歌集」には21首もの和歌が採られていながら、長く伝本がなかったが、昭和27年に発見された。 実は女性である右大将を主人公とする悲恋の物語で、さまざまな男女関係がからみ合う。引用元は「古典文庫」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
在明の別

《ありそ海》ありそうみ

 浪化編の俳諧撰集。上巻が「ありそ海」で下巻は「となみ山」と題す。元禄 8年(1695)刊。別題「浪化集」は芭蕉の意向による。 「ありそ海」は四季別の発句集で秋から始まる。「となみ山」は其角・浪化らの連句が大半を占める。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
ありそ海

《有の儘》ありのまま

 闌更編著の俳論・俳諧撰集。 1冊。明和 6年(1769)序。闌更の俳論や芭蕉らの書簡及び逸話の間に四季発句を挟む。 蕉風回帰を説き、本当の風雅体というものには私を挟まぬものだとする。麦水や白雄を暗に非難し、麦水は「山中夜話」の中で反論し、 また白雄は「加佐里那止」を出版して反駁を行った。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
有の儘

《ありやなしや》ありやなしや

 清水礫洲著の随筆。 1巻。安政 4年(1857)自序。追憶集であり、撃剣・弓術・馬術・槍術・砲術の各家の伝を載せ、様々な文人画家の家塾の詳細を記すなど貴重な文献であり、 特に渡辺崋山事件の評定所問答は該事件の真相を知る上で最も重要なる資料である。引用元は「続日本随筆大成」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
ありやなしや

《或時集》あるときしゅう

 嵐雪編の俳諧撰集。 1巻。元禄 7年(1694)跋。嵐雪門下の百韻及び発句を主とするもので、芭蕉・其角・露沾の発句も入集している。 杉風らの深川衆に対抗して出された集。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
或時集

《淡路島》あわじしま

  5巻 2冊の俳諧撰集。諷竹編。元禄11年(1698)自跋。第一巻に五歌仙と独吟半歌仙、以下は冬から秋の蕉門諸家の四季発句、最後に追加の歌仙を収める。 引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
淡路島

《案内者》あんないしゃ

 中川喜雲作の年中行事書。 6巻。寛文 2年(1662)刊。宮中と民間の行事を記したものだが、宮中については眼前にすることができないため、 「公事根源」や「年中行事歌合」などをもとにしている。民間については作者本人の独創である。 引用元は「仮名草子集成」(札幌大学図書館蔵)。
年表一案内者野見宿禰

《家づと》いえづと

  1冊の狂歌家集。油煙斎貞柳作。享保14年(1729)刊。239首を分類し配列したもので、「油煙斎」の号の由縁を述べた狂歌を含む。 長期に亙り刊行が続いたようだ。引用元は「狂歌大観」(藤女子大学図書館蔵)。
家づと・続家づと

《伊賀越道中双六》いがごえどうちゅうすごろく

 時代物の浄瑠璃。近松半二・近松加作合作で、半二最後の作品。10段。天明 3年(1783) 4月27日の初演、大坂竹本座最後の演目。同年 9月歌舞伎改作初演。 上杉家家臣和田行家の息子志津馬が、行家を殺した沢井股五郎を討つ物語。寛永11年(1634)11月 7日に起こった伊賀越敵討(旧岡山藩士渡辺数馬が弟源太夫の敵である河合又五郎を伊賀上野鍵屋の辻で討ち取った事件)を題材としたもの。 引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
伊賀越道中双六

《伊賀越乗掛合羽》いがごえのりかけかっぱ

 安永 5年(1776)12月 2日大坂嵐七三郎座で初演され、翌年 4月18日まで大入りを続け、翌日より竹田芝居に移って 6月25日まで上演され続けた11段の人気歌舞伎。 初代奈河亀助を主とする 6人の合作。安永 6年 3月26日からは大坂豊竹此吉座で人形浄瑠璃としても演ぜられた。伊賀越仇討を題材とし、時代を室町時代に取ったもの。 後継作が「伊賀越道中双六」。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
伊賀越乗掛合羽

《彙軌本紀》いきほんぎ

  1冊の洒落本。島田金谷(中井敬義)作。天明 4年(1784)刊。「史記本紀」のもじり。江戸の文化やら遊びやらを狂文をもって説いた作品。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
彙軌本紀

《生玉万句》いくたままんく

 西鶴編の俳諧万句。 1巻。寛文13年(1673)奥。同年春に大坂生玉社で行われた西鶴派の万句から、 各巻の巻頭 3句と、追加の三つ物を併せて刊行したものである。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
生玉万句

《渭江話》いこうばなし

 廬元坊編の俳諧追善集。 7巻 6冊。元文元年(1736)刊。支考の七回忌追善集で、巻四までは花鳥を題とした表六句、巻五と巻六に追善の発句を載せ、 巻七で七回忌法要を報告する文を収める。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
渭江話

《勇魚鳥》いさなとり

 北山久備著。 3巻。文化10年(1813)10月から12年 2月までに六国史を読破したときの備忘録をまとめたもの。 但し内容はもっと幅広く、本居宣長関係書や源氏物語、いろは文字に関する意見や、紀行文も配されている。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
年表一勇魚鳥野見宿禰

《十六夜清心》いざよいせいしん

→小袖曾我薊色縫

《いしなとり》いしなとり

 青雨編の俳諧撰集。 1冊。安永 4年(1775)奥書。青雨自身の句を中心に諸家の句を季題順(月順)に集めたもの。 引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
いしなとり

《石の月》いしのつき

 五雲編の俳諧追善集。 1巻。安永 2年(1773)跋。太祇の三回忌追善集で、「太祇句選」に載らなかった句30ほどを載せ、 また太祇の句を立句とする歌仙などを収める。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
石の月

《為人鈔》いじんしょう

  9巻の仮名草子。寛文 2年(1662)刊。苦甜斎守株作。和漢の教訓的な話柄を長短108編収めたもの。「昔。智有人ノ謂ルハ」で始まるのが特徴である。 作者は中江藤樹のこととされているが、考証されていない。引用元は「仮名草子集成」(札幌大学図書館蔵)。
為人鈔

《伊豆紀行》いずきこう

  1冊の紀行。時丸著。安永 9年(1780) 5月から10月にかけて伊豆に滞在した著者が、名所旧跡を調べて書き記した紀行文で、 もともとは、縁者渡辺吉三郎が江戸に来るに当たって同道してきた三助なる者を返すに当たり、著者が同行して伊豆に向かったのが発端である。 引用元は「近世紀行日記文学集成」(札幌大学図書館蔵)。
年表二

《出雲大社記》いずもたいしゃき

  1巻。出雲大社の結構や祭礼・年中行事などを記した概説書。引用元は「続々群書類従」(藤女子大学図書館蔵)で、正徳 2年(1712)写本を収める。
出雲大社記

《出雲国風土記》いずものくにふどき

 天平 5年(733) 2月30日成立、神宅臣金太理撰、出雲臣広島編。 1巻。風土記のうち唯一の完本である。 但し、和銅 6年(713)に出た風土記撰進の命から時間が経っているために再撰本であるという説もあり、 編纂責任者が国司ではなく郡司なので、稿本であるという説もある。記紀と異なり、建国説話の主人公は大穴持命である。 引用元は「日本古典文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
野見宿禰

《伊勢貞親教訓》いせさだちかきょうくん

 伊勢貞親が息子の貞宗に与えた教訓。 1巻。長禄(1457〜59)年中の成立か。38条から成り、信仰から礼儀、一流の者とのつき合い、風流の奨めなど、 室町中期の時代相と生活ぶりがよく現れている。引用元は「続群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
伊勢貞親教訓

《異説まちまち》いせつまちまち

 和田烏江(正路)著の随筆。 4巻。寛政期の成立。武家の行実・世俗の巷談・赤穂浪士の話が多い。 これらの歴史記述について真偽を評した書である。また縁者から聞いた昔物語も収められている。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
異説まちまち

《伊勢俳諧大発句帳抜書》いせはいかいだいほっくちょうぬきがき

  2巻の俳諧撰集。編者未詳。寛文20年(1643)に歿した望一が生前に選句していた発句を四季類題別に編んだもの。 伊勢宇治山田の俳士によるものを中心として1,912句を収める。引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
伊勢俳諧大発句帳抜書

《伊勢宮笥》いせみやげ

  1巻の俳諧撰集。心友編。延宝 7年(1679)刊。伊勢の談林派による連句集で、百韻を 4巻収める。 引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
伊勢宮笥

《伊勢山田俳諧集》いせやまだはいかいしゅう

 編者未詳の俳諧撰集。 1冊。寛永元年(1624)以前の成立か。刊は慶安 3年(1650)。利清・望一・孝晴それぞれの百韻と、 正友編「伊勢俳諧長帳」からの抜書とを収める。引用元は「俳書叢刊」(藤女子大学図書館蔵)。
伊勢山田俳諧集

《伊勢俳諧新発句帳》いせはいかいしんほっくちょう

 編者未詳の俳諧撰集。 4冊。万治 2年(1659)刊。伊勢における下層神官が中心となった発句集である。 引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
伊勢俳諧新発句帳

《潮来婦志》いたこぶし

  2編 4冊(当初は 2冊か。 6冊のものもあり)の洒落本。式亭三馬作。文政13年(1816)刊か。三馬が文化 3年(1806)に佐原に滞在した際の経験をもとに潮来の遊里を描いた作で、 稿本は佐原行直後にできていたが、数年放置して理由ははっきりしない。方言を描写するため鼻濁音にかかる濁音表記について点 2つに代えて丸 2つを用いるなど、意を用いる。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
潮来婦志

《一雅話三笑》いちかわさんしょう

  1冊の噺本。曼亭鬼武作。文化年中(1804〜18)刊。題名は 7世団十郎の俳名「市川三升」のもじり。 43話のうちには新作が多い。作者には「自来也物語」などの戯作がある。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
一雅話三笑

《一時軒独吟自註三百韻》いちじけんどくぎんじちゅうさんびゃくいん

  1巻の俳諧連句集。惟中著。延宝 6年(1678)序。任口の句を発句とした脇起こし独吟百韻 1巻に註をつけ、 独吟百韻 2巻を添えたもの。引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
一時軒独吟自註三百韻

《一条家伝秘記》いちじょうかでんひき

→桃華蘂葉

《一簾春雨》いちれんしゅんう

 大田南畝編の随筆。 2巻 1冊。文政 5年(1822)頃成。主に過去の著作に載せなかった書留をまとめたものらしく、 配列には意図がみられず、南畝の随筆としては散漫であると評される。引用元は「大田南畝全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《一話一言》いちわいちげん

 大田南畝著の随筆。安永 4年(1775)から文政 5年(1822)あたりに及ぶ記録。56巻として成立したようだが、さらに南畝が追補したらしい部分もある。 その範囲は際限がなく、統一した編集方針があるでもなく、長きにわたり書き溜めた雑然たるものであるが、生前からもてはやされたらしく、南畝本人も望む者には貸し出したりもしたらしい。 引用元は「大田南畝全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二一話一言

《一茶句日記》いっさくにっき

 「七番日記」をはじめとする一茶の俳諧句日記14部。仮題。「寛政句帖」「享和二年句日記」「享和句帖」「文化句帖」「連句稿裏書」「文化五〜六年句日記断片( 3部)」「文化六年句日記」「文化三〜八年句日記写」「七番日記(これのみ原題、他は仮題)」「八番日記」「文政句帖」「文政九〜十年句帖写」を総称する。 享和あたりまでは習作期であり、手控えの類が多い。文化に至って独自の一茶調が現れ、七番日記の頃を全盛とするといえる。 引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。
年表二一茶句日記

《一茶留書》いっさとめがき

 一茶が文化から文政初めにかけて書き留めた抄録。貞門俳諧に対する強い関心が認められ、大半を占めている。 以降、俳諧史の流れに沿う形で系統的に抜き書きを行っている。引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。
一茶留書

《一茶発句集》いっさほっくしゅう

 文政版と嘉永版とがある。前者は文政12年(1829)刊。 2巻。一茶自筆句稿「姥捨」をもとにして門弟が序文・口絵・跋文を附して出板したらしいもの。 後者は嘉永元年(1848)刊。 2巻。墨芳編か。文政版と配列はほぼ同様であるが、句数は822句を数えて文政版より301句も増え、俳諧歌も 3首増の18首収められている。 引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。
一茶発句集文政版一茶発句集嘉永版

《居続借金》いつづけしゃっきん

  1冊の洒落本。蓬莱山人帰橋作。天明 3年(1783)刊。四方赤良・朱楽菅江・朝倉雲楽斎・志水燕十・作者による深川仲町での遊びを内容とする。 「五人男五雁金」のもじり(本作の角書は「愚人贅漢」)で、当代の戯作者・狂歌師を実名のまま出して、かつての雁金五人男に擬えたもの。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
居続借金

《井筒業平河内通》いづつなりひらかわちがよい

  5段の浄瑠璃。近松門左衛門作。享保 5年(1720)初演。惟高(惟喬)・惟仁の帝位争い後日譚を主軸とし、 業平の河内(高安)通いを絡めた作品。引用元は「近松全集(岩波書店版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
井筒業平河内通

《五とせ集》いつとせしゅう

 太橘編。文政10年(1827)刊。 1冊。奥州白石の俳人乙二の五回忌追善集。編者はその門人。 文化末年から諸国を旅し、文政 4年に乙二を見舞ったが、 6年の歿時に太橘は関西にいた。さらに太橘は旅を続け、 8年秋に山形に帰郷、同門の人々の助力を得て本書を出板したという。よって諸国俳人の句を網羅する豪華な集である。 引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。
五とせ集

《いつを昔》いつをむかし

 其角編の俳諧撰集。 1巻。元禄 3年(1690)刊。題号は其角「新月やいつを昔の男山」に由来する。 発句を題別に200句収め、連作句や紀行文、歌仙などを収めた個性を持つ集である。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
いつを昔

《田舎芝居》いなかしばい

 天明 7年(1787)刊。万象亭作。 1巻。当時の洒落本の穿ちの度が過ぎて、重箱の隅をつつく穴探しに終始しているとて、 戯作は滑稽味こそ本道であることを実作で示そうとした作品。越後大沼郡鐙坂村における旅芝居を滑稽に描いたもの。 引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
田舎芝居

《印南野》いなみの

  1巻の俳諧撰集。千山編。元禄 9年(1696)自序。播磨国の俳士を中心とした撰集で、連句19巻と四季発句を収める。 引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
印南野

《為人鈔》いにんしょう

→為人鈔(いじんしょう)

《犬枕》いぬまくら

  1冊の仮名草紙。慶長年中の成立か。枕草子のような形式でおよそ70項目について箇条書きに羅列したものだが、 4種確認されている諸本に異同があり、 その系統も確定に至っていない。諸本としては天理図書館蔵慶長古活字版「犬枕并狂哥」・陽明文庫蔵横本写本「犬枕」・天理図書館蔵「国籍類書」所収写本「いぬまくら」・陽明文庫蔵枡型写本「犬まくら」があるが、 相撲が出てくるのは前 2本のみである。引用元は「仮名草子集成」(札幌大学図書館蔵)。
犬枕

《猪隈関白記》いのくまかんぱくき

 鞠の名手として名高い藤原家実の日記。題名は邸宅の名「猪熊殿」による。建久 8年(1197)から建保 5年(1217)までの日記及び嘉禎元年(1235)までの断簡がある。 朝廷公事の記述が詳しく、また文書類の引用も豊富である。引用元は「大日本古記録」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《今鏡》いまかがみ

 古代末期の歴史物語で、作者については諸説あったが、現在のところ藤原為経が最有力。10巻。 大鏡のあとをうけ、万寿 2年(1025)から嘉応 2年(1170)までの歴史を述べる。語り手である「あやめ」という老嫗は、 大鏡における大宅世継の孫で、 150歳余という設定である。引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表一今鏡

《時勢粧》いまようすがた

  7巻の俳諧撰集。維舟(重頼)編。寛文12年(1672)奥書。「佐夜中山集」以降の重頼の作品がまとまって載っている集。 巻一と巻二は本歌取りの句を典拠別にし、それ以外の句を続けて載せる。巻三は編者自身の句集、巻四以降は編者が関係する連句を収める。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
時勢粧

《今様咄》いまようばなし

  2巻 2冊の黄表紙様噺本。鳥居清経画。刊年は不明ながら、出てくる咄の内容から安永 4年(1775)頃刊と推測される。 清経は黒本や黄表紙の画工として活躍した浮世絵師。20話を収める。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
今様咄

《弁蒙通人講釈》いりわりつうじんこうしゃく

  1冊の洒落本。強異軒作。安永 9年(1780)刊。前半は談義本のようで、後半は洒落本のような作品。 金を遣うなら野父に遣うな、遊ぶのならば一生に一度は女郎に惚れられたしというのを基本とする。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
弁蒙通人講釈

《色里つれづれ草》いろざとつれづれぐさ

 明和 3年(1766)成立の洒落本。東落散人作。 5冊。徒然草を擬したものの一つ。表紙には「徒然草」とのみある。 引用元は「未刊江戸文学別冊」(藤女子大学図書館蔵)。
色里つれづれ草

《色里三所世帯》いろざとみところぜたい

  3巻 4冊の浮世草子。内容や用語から井原西鶴作とされるが、否定する説もある。貞享 5年(1688)刊。 24歳で若隠居した浮世の外右衛門が京・難波・武蔵で遊興の限りを尽くし、衰えて後世を願うようになるものの過去に遊んだ女の執心に取り憑かれて悶死するまでの物語。 引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
色里三所世帯

庭雑録》いんていざつろく

 喜多村信節著の考証随筆。 1巻。天保 3年(1832)以降の成立。全40項余りを載せ、各々について挿図を入れながら考証したもの。 人物伝や当時の文人との交流談をも載せてある。引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
庭雑録

《陰徳太平記》いんとくたいへいき

 81巻。元禄 8年(1695)成。足利義稙の将軍就任から秀吉死歿による朝鮮撤退までの西国における興亡について、 太平記を模し、陰徳思想(有陰徳者必有陽報)に則って記したもの。香川正矩・景継の著。 引用元は「正徳二年板本陰徳太平記(東洋書院版)」(藤女子大学図書館蔵)。
陰徳太平記

《韻塞》いんふたぎ

  2巻の俳諧撰集。元禄10年(1697)刊。乾巻は李由、坤巻は許六編。乾巻は蕉門諸家の発句を月ごとに分け、 10月から始まって 9月で終わる。追加として閏月なども加わる。坤巻は許六一座の歌仙や許六の機構などを載せる。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
韻塞

《女男色遊》いんよういろあそび

 江島其磧作の浮世草子。 5巻 5冊。正徳 4年(1714)刊。男の魂に入り込んで情事を経験する小男「豆男」が登場した「魂膽色遊懐男」の続篇。 本作だけでなく、豆男ものの模倣作が大量に生み出された。引用元は「古典文庫」所収「色道後日男」(藤女子大学図書館蔵)。
女男色遊

《宇槐記》うかいき

→台記

《遊小僧》うかれこぞう

  5巻 5冊の噺本。作者未詳。元禄 7年(1694)刊。各巻10話、計50話を収める。賀茂川に浮かぶ船の上で集って話し合ったものと序には記す。 挿絵の筆致に不統一な部分が見られるという。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
遊小僧

《右記》うき

 守覚法親王著。 1巻。側近の訓戒の為に記したもので、姉妹編である「左記」は修法における記録や作法について記したものであるが、 「右記」は日常生活での留意点について記してある。「左記」は元暦元年(1184)以降の成立であり、「右記」の成立年は未詳であるが「左記」よりは前と見られている。 引用元は「群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
右記

《浮世栄花一代男》うきよえいがいちだいおとこ

 井原西鶴作の浮世草子。 4巻 4冊。元禄 6年(1693)刊。隠れ笠の忍之介の諸国好色見聞記。 もとは土器細工を生業とする男が隠身の花笠を授かって諸国の色欲を見廻って浮世への執着を晴らし、江戸金龍山の土仏となる物語。 色慾に振り廻される人間の姿を覗き見の趣向でもって描いた異色作。引用元は「近世文学資料類従」(藤女子大学図書館蔵)。
浮世栄花一代男

《浮世花鳥風月》うきよかちょうふうげつ

 正徳 3年(1713)刊。「浮世栄花一代男」の改題改竄本で、通算第 4版に相当する。→浮世栄花一代男

《浮世くらべ》うきよくらべ

 風落着山人左角斎作の滑稽本。 1冊。安永 3年(1774)刊。売薬や大道芸における口上36種をそっくり載せたもの。 「浮世物真似」の台本のようなものか。版本としてこの種のものは他に類がなく、従って風俗資料として重宝された。 引用元は「叢書江戸文庫」(北海道大学大学院文学研究科冨田教授蔵)。
浮世くらべ

《浮世風呂》うきよぶろ

 式亭三馬作、北川美丸・歌川国直画の滑稽本。文化 6年(1809)〜10年刊。 4編10冊。風呂屋での人々の会話を細かく描写し、 その写実性の高さの中に滑稽味を浮き上がらせようとした作品であり、その会話の中に登場人物の類型的特徴を余すところなく現した。 引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
浮世風呂

《うぐひす笛》うぐいすぶえ

  1冊の噺本。改年堂御慶(大田南畝)作。安永末〜天明初年刊。61話は新作と改作とが半々くらいという。 引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
うぐひす笛

《宇治左府記》うじさふき

→台記

《宇治拾遺物語》うじしゅういものがたり

 代表的な説話集。建暦から承久(1211〜21)に成立していたという説が有力。計197話で、古本系は 2巻、流布本は15巻。 作者は不明。収載範囲は幅広く、順不同であり、洒脱な語り口で面白みに富む。さらに諷刺の効いた話材も存しており、説話文学の傑作中の傑作として長く読み継がれている。 引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
宇治拾遺物語

《牛涎》うしのよだれ

 小倉無隣著。前編12巻、追加 1巻、後編 5巻。追加まで延享 2年(1745)成立、後編は宝暦 5年(1755)成立ののち明和 4年(1767)改訂。 554章から成る教訓随筆で、政治論や処世訓、様々な思想に言及し、詩文の解釈などにも及び、内容は実に幅広く滋味に富む。 引用元は「随筆百花苑」(藤女子大学図書館蔵)。
牛涎

《雨窓閑話》うそうかんわ

 著者未詳の随筆。 3巻。信長や秀吉など著名な武将の逸事をはじめとし、必ず著者の評言を加えてある。 天明 2年(1782)の序が附され、松平定信著として写本で流布したが、嘉永 4年(1851)に刊行された際の序文には著者を未詳とする。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
雨窓閑話

《卯辰集》うたつしゅう

 北枝編、句空序。 2冊。句空が住む山名からとった題号だが、「山」の字が重いと芭蕉がいうため「卯辰山集」ではなく「卯辰集」となった。 加賀の俳人楚常が句稿を収集していたが、貞享 5年(1688)に亡くなり、その句稿が加賀の北枝のもとに渡り、 これを元に門人に意見を聞き、さらに芭蕉にも意見を求め、元禄 4年(1691)に本集となった。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
卯辰集

《宇多天皇実録》うだてんのうじつろく

 林道春(羅山)の撰。六国史は光孝天皇で終わり、日本紀略のうち宇多天皇以前の分は著者の管見には入らなかったか、 宇多天皇の国史が欠けているのを惜しんで諸書を探ってつくったもの。 3巻。引用元は「改定史籍集覧」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一

《雨中問答》うちゅうもんどう

 正篇・後篇各 5巻 5冊。西村遠里著。正篇安永 7年(1778)刊、後篇天明元年(1781)刊。「徒然草」を意識した教訓随筆で、 烏有と九々老衛門の問答体をなす。老衛門は著者の代弁者とみるべき人物である。引用元は「京都大学蔵大惣本稀書集成」(札幌大学図書館蔵)。
雨中問答

《雨中の伽》うちゅうのとぎ

  1冊。堤主礼著。諸道諸芸48について説明し、それらの佐賀への伝来や関係する人々の活動を述べたもの。 近世以前の文化の伝播を記したものはないとされ、極めて珍しい書物といえる。引用元は「随筆百花苑」(藤女子大学図書館蔵)。
年表一年表二雨中の伽

《卯月庭訓》うづきていきん

  3冊の絵俳書。豊島治左衛門(露月)・豊島弥右衛門編。元文 3年(1738)跋。諸職・諸国名産などの題の絵と画讃句を収める。江戸俳人による発句・連句も挿入される。 蕪村がまだ宰町を名乗っていた頃の句もある。引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
卯月庭訓

《うつほ物語》うつほものがたり

 20巻。作者未詳の物語。「紫明抄」は源順を作者とするが、よく分からない。成立年次は未詳ながら、「蜻蛉日記」天禄 3年(972)の記事に既に引用歌がある。 清原俊蔭に始まる秘琴伝授の物語と、あて宮の求婚物語とを中心に展開される日本最初の長編小説である。 引用元は「宇津保物語本文と索引」(札幌大学図書館本館蔵)。
うつほ物語

《自惚鏡》うぬぼれかがみ

  1冊の洒落本。寛政元年(1789)刊。振鷺亭(猪刈貞居)作。 5人の遊女と 5種の遊客との会話によって遊女の素顔を映し出すという趣向で、 京伝の「客衆肝照子」にヒントを得、京伝の「傾城買四十八手」に影響を与えたとされる。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
自惚鏡

《卯花園漫録》うのはなえんまんろく

 石上宣続著の随筆。 5巻。故実を主とし、多岐に亙る内容を蔵した考証随筆。著者の人となりは未詳であるが、 文化 7年(1810)に僅か31歳で歿したという。息子季栄とともに随筆家であったようだ。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
卯花園漫録

《梅津長者物語》うめづのちょうじゃものがたり

  2巻の祝儀物語。作者未詳。貧しい夫婦の家に住みついた貧乏神が福神によって追い払われ、一家が繁昌していくもので、 「大黒舞」に似る。引用元は「室町時代物語大成」(藤女子大学図書館蔵)。
梅津長者物語

《梅津政景日記》うめづまさかげにっき

 慶長17年(1612)から寛永10年(1633)までが残る日記。秋田藩の藩政から庶民の記録まで百般に亙る記事が記されている。 特に記主本人の昇進に伴い、幕藩体制初期の藩の中枢に関する記録が増大する。引用元は「大日本古記録」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《梅の宴》うめのえん

  2巻 2冊。荒木田麗女作の擬古物語。安永 2年(1773)成。帝の寵愛を受けながらも、美男の右大将とも恋をする梅壺の女御の物語。 引用元は「荒木田麗女物語集成」(藤女子大学図書館蔵)。
梅の宴

《梅の嵯峨》うめのさが

  1巻の俳諧撰集。三惟編。元禄12年(1699)跋。四季発句集・歌仙 3巻と歌仙端物とを収める。 引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
梅の嵯峨

《梅の舎筆記》うめのやひっき

→耳の垢

《浦島年代記》うらしまねんだいき

  5段の浄瑠璃。近松門左衛門作。享保 7年(1722)初演。雄略天皇を殺そうという陰謀に浦島太郎が立ち向かう。 浦島太郎に助けられた大亀が、今度は浦島太郎を助けて敵を倒すという報恩物語でもある。引用元は「近松全集(岩波書店版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
浦島年代記

《宇良の笛多幾》うらのふえたき

 菅江真澄の日記断章 3つをまとめたもの。それぞれ、文化元年(1804)正月の日記、文化 3年 4月から 5月にかけて能代にいたときの日記、 そして同年 7月に能代から笛滝見物に出かけたときの日記で、のちに本人が 1冊となしたものという。 引用元は「菅江真澄全集」(藤女子大学図書館蔵)。
宇良の笛多幾

《裏見寒話》うらみかんわ

 野田成方著の地誌。 6巻、他に追加 1巻附録 1巻。著者は享保 9年(1724)から30年間甲府城在番として勤務し、その間の見聞を録したもので、 その後宝暦 3年(1753)に子息が整理して成った。記録の範囲は広く、さらに甲斐国の怪談や方言の記事も附されている。 題名は著者詠の「葛の葉や裏見て寒し甲斐の富士」から。引用元は「未刊随筆百種(米山堂版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
裏見寒話

《末若葉》うらわかば

 其角編の俳諧撰集。 2巻。元禄10年(1697)自序。上巻は独吟歌仙とそれに点を加えたものを載せる。 下巻は其角の俳論など。前年に出た岩翁編「若葉合」の続編。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
末若葉

《雲図抄》うんずしょう

 有職書。藤原重隆著。永久 3年(1115)〜元永元年(1118)の成立。宮廷における年中行事を指図で説明したもの。 総計50項近くに亙って説明されている。引用元は「群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)であるが、 指図の凸版が磨耗しているのか判然としない部分が多く、「新校群書類従」(札幌中央図書館蔵)をも参照した。
雲図抄

《栄花の現》えいがのうつつ

  4巻 4冊。文化元年(1804)刊。魚麻呂(佐藤魚丸)作。謡曲「邯鄲」に着想を得、酒好きの主人公野清が栄華に達する(夢ではない)さまを描いたもの。 洒落本のような洒落本でないような、不思議な作品である。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
栄花の現

《栄花物語》えいがものがたり

 平安後期の歴史物語。40巻(30巻の異本もある)で、30巻と10巻とに分かれる。作者は未詳ながら、 正篇30巻は赤染衛門、後篇10巻は出羽弁か周防内侍が有力視されている。大雑把に言うと道長物語であり、 題名も道長の栄華を語ることに由来する。史書としてある程度は使えるが、史実が書き換えられている場合も見られる。 引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表一

《永久元年記》えいきゅうがんねんき

 興福寺・延暦寺の紛争に関する記録で、外記記録・中右記・雅兼卿記・重隆記から引いている。 1巻。編者は不明。当時の両寺の抗争とそれに対する朝廷の動きを伝える史料。引用元は「群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一

《永久百首》えいきゅうひゃくしゅ

 藤原仲実の勧進。永久 4年(1116)12月20日成立の類聚百首。嘉承 2年(1107)崩御の堀河天皇と永久 2年(1114)崩御の中宮篤子を追慕して詠まれたもの。 堀河百首(堀河院御時百首和歌・堀河(院)太郎百首・堀河(院)初度百首とも)と併せて堀河両度百首と呼ばれる。引用元は「新編国歌大観」(石狩市民図書館蔵)。
永久百首

《永代庚申帖》えいだいこうしんちょう

 長恩寺で鈴木牧之ら10人の講中が庚申の番に世間話をしたときの記録で、文政大地震の記録や、 赤穂義士討入における其角からの来信なども収める。序は文政 7年で、11年まで及び、本文43丁のあとに白紙が27丁もある。 引用元は「鈴木牧之全集」(札幌大学図書館蔵)。
年表二

《江木鰐水日記》えぎがくすいにっき

 天保 3年(1832)から明治 9年まで(一部欠)の日記。記主は福山藩の儒者。12冊。儒官としての記事は簡単であるが、 交友関係や遊歴については細かく面白い。引用元は「大日本古記録」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二江木鰐水日記

《絵兄弟》えきょうだい

 寛政 6年(1794)刊。滑稽本のうちの「見立て絵本」に該当する作品。山東京伝作。題名は其角の俳書「句兄弟」のもじり。 前半は見立て絵15対30題で、後半に画題に対応する戯文集を配する。見立て絵本の元祖である「見立百化鳥」の流れにあると自ら述べた上で書かれたものである。 京伝歿後に縮約本ともいえる改刻本「教訓絵兄弟」が出た。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
絵兄弟

《駅路馬士歌》えきろのまごうた

  2巻の噺本。二世恋川春町作。文化11年(1814)刊。画者「二世喜多川歌麿」も作者と同一人物。 「東海道中膝栗毛」の人気にあやかって出された道中物噺本の一つ。初編が日本橋から箱根まで、 二編として三島から舞阪まで出たが、そこで終わってしまっている。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
駅路馬士歌

《ゑしま物語》えじまものがたり

 延宝年間に上方で上演された操り芝居「すまふの祝言」を少しく省略して成った奈良絵本(但し焼失)。 江島姫が重安に恋慕するが、江島姫を妻としたがる者が多いので御前で相撲によって決めるというもので、畠山重安が勝った。 引用元は「古典文庫」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
ゑしま物語

《江戸筏》えどいかだ

  2冊。風葉編、沾徳点。門人の連句の制作を筏作りに例え、また点者を筏師に擬え、江戸俳諧の新風を諸国に広める意味を込めた書名。 点を乞うたのが正徳 5年(1715)とみられる。享保元年(1716)刊。23人の独吟歌仙が収められ、凝った表現が目立ち難解な句が多い。 引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
江戸筏

《江戸拾葉》えどしゅうよう

  2冊。一種の地誌で、格別新しい記載こそないが、江戸について知っておくべきことを46項目に亙って記したもので、 いわば小辞典か。序跋ともになく、著者が分からない。引用元は「未刊随筆百種(米山堂版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
江戸拾葉

《江戸通り町》えどとおりちょう

  2巻の俳諧撰集。延宝 6年(1678)自跋であるが、末尾に「松花軒二葉子十二歳撰」とあることから、実際の撰者は父の蝶々子とみられる。 上巻が四季類題発句集で下巻は付句集、江戸談林派の作者が多い。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
江戸通り町

《江戸廿歌仙》えどにじっかせん

 二世湖十編の俳諧句集。延享 2年(1745)刊。 1巻。20人の独吟歌仙を収め、羊素庵柢完の四季 4句と常仙の「栖隠之吟二句」を添える。 沾徳座に反抗した編者らが出したもので、のちに江戸座と雪門との論争を引き起こした問題作。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
江戸廿歌仙

《燕都枝折》えどのしおり

 高点付句集である武玉川を撰者慶紀逸は10篇で終わらせるつもりだったが、書肆に乞われて11篇以降も出すことになった。 その際に武玉川から改題した書名で、武玉川11〜15篇に相当する。→武玉川
武玉川・燕都枝折

《江戸繁昌記》えどはんじょうき

 寺門静軒著の漢文随筆。天保 3年(1832)〜 7年刊(初編・二編は 6年に発売差し止め。13年には著者が武家奉公御構いの処分を受けた)。 全 5編 5冊52章。江戸民衆の風俗を漢文体で記す。その文には豊かな知識による裏打ちがあり、これによって諷刺に鋭さを増す。 諷刺を読むために左傍訓は不可欠であるが、遺憾ながら表示の都合上省略に従う。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
年表一年表二江戸繁昌記野見宿禰

《江戸(江都)百化物》えどひゃくばけもの

→当代江戸百化物

《江戸真砂六十帖》えどまさごろくじゅうじょう

 元禄 2年(1689)生まれの記主による見聞集。著者は和泉屋某とされているが、その為人は未詳。広本10巻に105条、江戸における見聞をそのまま記したものであるが、 略本 5巻もある。これは38条を収めるが、そのうち広本にない話柄が 7条ある。略本の序に「元禄二己巳年出生して六十余年の星霜を考見るに世々珍事多し」とあるから、 宝暦前後の成立であろうか。引用元は「燕石十種(国書刊行会版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
江戸真砂六十帖

《江戸名所図会》えどめいしょずえ

  7巻20冊の名所図会。斎藤幸雄・幸孝・幸成著、長谷川雪旦画。斎藤幸成は即ち斎藤月岑。天保 5年(1834)〜 7年刊。 著者は親子三代で、寛政期に幸雄が踏査の上で草稿をつくり、幸隆は画者を定めて草稿の整備と校訂を進め、 幸成が完成させて刊行にこぎつけた。江戸に限らず武蔵国一円をカバーし、精細を極めた挿画とともに高い史料的価値をもつ。 引用元は、評論社刊本(札幌大学図書館蔵)。
年表二江戸名所図会野見宿禰

《江戸名物百題狂歌集》えどめいぶつひゃくだいきょうかしゅう

  1冊の狂歌集。文々舍蟹子丸撰。文政年中刊か。「草双紙」「日本橋」「梅若忌」「両国」などのような江戸名物の題を詠んだ狂歌集。 引用元は「江戸狂歌本選集」(札幌大学図書館蔵)。
江戸名物百題狂歌集

《犬子集》えのこしゅう

 松江重頼と野々口立圃とが俳句集の編纂を始めたが、完成直前に両者が仲違いをし、前者単独で刊行された俳諧撰集。 5冊で、四季類題発句集 2冊と付句集 2冊を併せて巻第十七まであり、最後に上古俳諧(「菟玖波集」の抜粋) 1冊がつく。 寛永10年(1633)刊。題名は「犬筑波集」にならう。初めて刊行された俳諧撰集として文学史上に期を画するものである。 引用元は「古典文庫」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
犬子集

《江の島土産》えのしまみやげ

 十返舎一九作の滑稽本。 3編 5冊。本文挿画も一九自筆と推定。文化 6年(1809)〜 7年刊。町人ね助と頓太郎が江の島弁財天の開帳に合わせて参詣する滑稽道中記。 初編は品川から藤沢、二編は江の島と鎌倉、三編は鎌倉と戸塚での話で、登場人物の失敗と行く先々の名所案内を滑稽に描く。 ちょうど文化 6年 4〜 7月までは江の島本宮岩屋弁財天の開帳があり、作者本人も参詣してから急いで初編を書き上げ、開帳中に間に合わせたという際物である。 内容は道中膝栗毛の亜流というべきもので、これといって新味があるわけではない。引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
江の島土産

《恵比須大黒合戦》えびすだいこくかっせん

→かくれさと

《絵本軽口福笑》えほんかるくちふくわらい

  2巻 1冊の絵本様噺本。義笑作。明和 5年(1768)刊。絵本の流行に乗り、絵の中に咄を組み込んだものが宝暦頃から現れた。 従って咄は既出のものをそのまま用いる場合が大半である。21話を収める。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
絵本軽口福笑

《画本纂怪興》えほんさんがいきょう

  2巻 1冊の絵本。森羅万象こと森島中良著。北尾政美画。寛政 3年(1791)刊。趣向を凝らした怪異を28掲げ、 絵と文でこれを解き、当代狂歌詠みによる賛を附したもの。引用元は「叢書江戸文庫」(札幌大学図書館蔵)。
画本纂怪興

《絵本初春咄の種》えほんはつはるはなしのたね

  1巻の絵本様噺本。作者未詳。咄の題を絵の中に書き入れる手法や、咄の文体などから、安永頃の刊か。 13話を収める。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
絵本初春咄の種

《絵本花の鏡》えほんはなのかがみ

  3巻 3冊の絵本。多田南嶺作。西川祐信画。寛延元年(1748)刊。画の中に配された襖や掛軸にも画を入れ、 それらが見立て風に対応する手の込んだ絵本。引用元は「叢書江戸文庫」(札幌大学図書館蔵)。
絵本花の鏡

《絵本御代春》えほんみよのはる

 宝暦11年(1761)刊。作者不詳。西川祐代画。同年刊「絵本初音森」の続篇。上下各 8丁のみで 9話が収められている。 引用元は「未刊江戸文学別冊」(藤女子大学図書館蔵)。
絵本御代春

《烟花漫筆》えんかまんぴつ

 写本 1冊の洒落本。作者不詳。寛延 3年(1750)頃刊。大坂島之内から道頓堀に至る案内記で、 久米仙人改め秋田屋久米右衛門の居宅に残された遺文を訳すという形で17項に亙る解説を行う。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
烟花漫筆

《延喜式》えんぎしき

 弘仁・貞観・延喜の各格式をまとめて「三代格式」と呼ぶが、そのうち唯一ほぼ完全に近い形で残る古代法典。 細則までを含む制度の百科事典ともいえる。延喜 5年(905) 8月、醍醐天皇の下命により藤原時平を長とする12名が編纂を開始したが、 遅延に遅延を重ねて奏上されたのは延長 5年(927)12月26日、修訂が始まったものの中絶したものの如く思われる。 康保 4年(967)10月( 7月?) 9日の施行。計50巻。正確に言えば、新しい法制を施行したものではなく、以前に発効した法制で、 編纂当時効力を有したものの集大成であろう。ここでは明示的に「相撲節」「(諸)節会(日)」「中儀」「七月廿五日」とあるもののみを採った。 引用元は「神道大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
延喜式

《燕居雑話》えんきょざつわ

 日尾荊山著の随筆。 6巻。天保 8年(1837)序。諸書を渉猟したメモをまとめたものであるが、全290条に及ぶ。 国学者でも儒者でもあり、和歌にも通じた著者ゆえ、その範囲は広い。引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
燕居雑話

《燕石雑志》えんせきざっし

 曲亭馬琴著の考証随筆。文化 6年(1809)成立、 8年刊。馬琴自身の関心あるところ、及び文人との交流の際に寄せられた質問について、 主に書物を用いて考証を行ったものの集成であると考えられる。巻之四には御伽噺の考証が続き、児童文学の史料ともなる。 ただ、日記に見られる如く、馬琴は相撲が嫌いであり、力士黒船の記事があるのは不思議なことではある。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
燕石雑志

《園太暦》えんたいりゃく

 洞院公賢の日記。現存は延慶 4年(1311)から延文 5年(1360)までだが、前半33年分が欠失している。 南北朝時代の最も詳細で重要な日記であるだけに、欠失部分が動乱期に当たることを考えれば大いに惜しまれる。 洞院家は後に没落し、そのため日記は数度の売却などの流転を経た。引用元は続群書類従完成会刊戦後復刻版(藤女子大学図書館蔵)。
年表一

《縁取ばなし》えんとりばなし

  1冊の噺本。鼻山人作。弘化 2年(1845)序。半丁を 4分割して絵入りの一口咄を載せたもので、74話を収める。 引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
縁取ばなし

《遠碧軒随筆分類抄》えんぺきけんずいひつぶんるいしょう

  2巻 1冊の随筆。黒川道祐著、難波宗建編。著者は「遠碧軒随筆」なる大量の随筆をものしたようだが、今それは所在不明である。 この中から編者が宝暦 6年(1756)に抄記し、部門ごとに配列したのが本書。20部門、700条を優に超える。 所々編者の補記が加わる。引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)所収「遠碧軒記」。
遠碧軒随筆分類抄

《園圃録》えんぽろく

  2冊の俳諧句集。尾谷編。寛保元年(1741)刊。江戸座の発句・連句を月別に配列したもの。 引用元は「古典文庫」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
園圃録

《延命養談数》えんめいようだんす

  2巻 4冊の噺本。桜川慈悲成作。天保 4年(1833)刊。冗漫のきらいなしとしないものの、 幅広い題材の長咄を20話収める。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
延命養談数

《追鳥狩》おいとがり

  1巻の俳諧撰集。露堂編。元禄14年(1701)刊。舎羅が前年に今でいう中国四国地方を旅した際に得た作品を中心として、 露堂が編集して成ったものという。引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
追鳥狩

《笈日記》おいにっき

 俳諧追善集。 3巻。支考編。元禄 8年(1695)刊。師匠芭蕉が完成できなかった俳文集「笈の小文」の遺志を継ぎ、 芭蕉が旅した地を自らも旅して収集した師匠の句文、そして自身の句文や諸家の追悼句を編成したもの。 「難波部」は芭蕉の臨終記として独自の価値を持つ。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
笈日記

《老のすさみ》おいのすさみ

 連歌論書。 1冊。宗祇著。文明11年(1479)成。『竹林抄』の句を出典とし、望ましい句作法を論ずる。 特に後半は宗祇の連歌に対する思想にかなった句と、必ずしも品格を伴っていない句を挙げる。 引用元は「古典文庫」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
老のすさみ

《老のたのしみ抄》おいのたのしみしょう

 二代目市川団十郎の日記。 3巻。順序がバラバラだが、享保19年(1734)から寛延 3年(1750)までの記事がある。 現在の伝本は、山東京伝が原本がら抜き出して転写したものであるが、その他の本から抄出したものも交じっている。 多くを俳諧関係者との交友記録に割いているため、特に芭蕉とその門弟に関する風説が貴重である。 引用元は「日本思想大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《小右記》おうき

→小右記(しょうゆうき)

《奥州ばなし》おうしゅうばなし

 只野真葛著の随筆。 1冊。文政元年(1818)成。奥州における聞書を中心にした地方説話集であるが、 中には内容が江戸に及ぶものもある。怪異や畸人の話を多く含む。引用元は「叢書江戸文庫」(札幌大学図書館蔵)。
奥州ばなし

《王代記》おうだいき

→東寺王代記

《あふむ石》おうむいし

 燕説編の俳諧撰集。 1冊。正徳 5年(1715)自序。同年、西国行脚に出た露川が伊勢村松にいる燕説を訪ねた折に当地の俳人と交流した記念集。 題号は一の瀬の鸚鵡石に因む。引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
あふむ石

《鸚鵡籠中記》おうむろうちゅうき

 朝日重章の日記。28巻37冊。貞享元年(1684)から享保 2年(1717)に及ぶが、元禄 4年(1691)までの分は記事が簡略である。 この部分については、父の書留などから拾ったものと推測されている。記主は尾張藩士で、内容に偏りがなく、 目と耳に留まった噂という噂、事件という事件を、一定の筆致でありながら精彩に富んだ記録ぶりで記している。 引用元は「名古屋叢書続編」(国立国会図書館蔵)。
年表二

《大井川集・藤枝集》おおいがわしゅう・ふじえだしゅう

  4巻の俳諧撰集。重頼編。延宝 2年(1674)自奥。大井川集 2巻は諸家類題発句集、春夏秋冬に1,192句を分けて収める。 藤枝集 2巻は重頼の句集、上巻に独吟歌仙 1巻と独吟千句、下巻は480句の四季類題発句集と歳旦三つ物である。 引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
大井川集

《大江戸春秋》おおえどしゅんじゅう

 慶長 5年(1600)から文化14年(1817)までの年表体記録。余白が多く、稿本であることを窺わせる。 源信綱著、朱筆補書は山崎美成と考えられる。 1巻。武江年表に引用されたことでも知られるが、伝本は罕である。 引用元は「未刊随筆百種(米山堂版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二大江戸春秋

《大鏡》おおかがみ

 作者・成立年代とも未詳の歴史物語。本文では万寿 2年(1025)を現在とするが、道長の絶頂期までを叙述するための仮託と見られ、 実際の成立は長承 3年(1134)より前という以外に確定的要素がない。嘉祥 3年(850)から万寿 2年までを描く。 大宅世継(190歳)と夏山繁樹(180歳)夫妻と若侍とが登場し、大宅が語り手で他 3人が主に聞き役(但し夏山が補訂したり、若侍が裏話を暴露したりもする)。 古本と増補本と流布本とに大別できる。引用元は「笠間叢書・対校大鏡」(藤女子大学図書館蔵)。
大鏡

《大蔵虎光本狂言集》おおくらとらみつぼんきょうげんしゅう

 仮題。大蔵流八右衛門家 7代当主の虎明が、文化14年(1817)に本狂言168番を書写した狂言台本。 25年前にまとめられた虎寛本と比べて、古態をとどめるとされている。引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
大蔵虎光本狂言集

《大坂一日独吟千句》おおざかいちにちどくぎんせんく

 仮題。 1巻の俳諧千句。益友著。延宝 7年(1679)刊。著者が師匠たる以仙の前で半時百韻の速吟を行ったもの。 引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
大坂一日独吟千句

《大坂独吟集》おおさかどくぎんしゅう

 西山宗因が批点をなした俳巻10巻を寄せ集めて刊行したもの。編者は恐らく書肆(村上平楽寺)。 延宝 3年(1675)刊。題簽にも「西山宗因点取十百韻」と謳われており、売らんかなの姿勢と受け取られているが、 本集の存在意義もまさにここにある。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
大坂独吟集

《大塔宮曦鎧》おおとうのみやあさひのよろい

  5段の浄瑠璃。近松門左衛門添削、竹田出雲・松田和吉(文耕堂)合作。享保 8年(1723)初演。大塔宮(護良親王)による北条氏討伐を主な筋とする作で、 斎藤太郎左衛門一族の悲劇と合わせて太平記に取材した作。引用元は「近松全集(岩波書店版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
大塔宮曦鎧

《大矢数千八百韻》おおやかずせんはっぴゃくいん

 紀子著の俳諧句集。 2巻。延宝 6年(1678)刊。 5年に興行された西鶴大句数1,600句に対抗して同年 9月24日に奈良極楽院で1,800句を独吟したもの。 西鶴はこれを捏造として非難した。引用元は「俳書叢刊」(藤女子大学図書館蔵)。
大矢数千八百韻

《大笑おとしばなし》おおわらいおとしばなし

  1冊の噺本。月亭生瀬作。嘉永頃刊。僅か 4丁に 2話を収めるのみの小冊。天保頃からこうした体裁での販売が流行したが、 複数を合冊しても売り出された。大本で「大寄噺尻馬」として三編まで出され、その後小本で「大寄噺の尻馬」として六編まで続いた。 本書は小本の初編に収められている。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
大笑おとしばなし

《岡場遊廓考》おかばゆうかくこう

 石塚豊芥子著の考証随筆。 4冊。自筆本は関東大震災で焼失し、活字本のもととなった写本(三田村鳶魚写)も現在所在が分からない。 成立は早くとも天保13年(1842)。江戸及びその近辺における岡場所などについて文献を駆使して考証したもので、 江戸後期の遊廓資料としては第一等のものである。引用元は「未刊随筆百種(米山堂版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二岡場遊廓考

《翁草》おきなぐさ

 神沢杜口著。 200巻の随筆兼叢書。明和年中に 100巻が成立し、追って天明年中に 100巻が加わったが、天明 8年(1788)正月29日の大火によって数十巻を失った。 そのため、さらに追加補足を行って 200巻とした、という。寛政 3年(1791)成。非常に幅の広い随筆であり、また他書の筆写も多く含み、 その中には他に伝本がないものすらある。本文には流布本系と異本系とがあるが、前者は補足後の形態であり、前者は大火前の形態を残すと考えられている。 著者はこの書を友人の閲覧に供していたことから、写本となって流布したのではないかとされている。引用元は、流布本系が「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)、 異本系が「随筆百花苑」(藤女子大学図書館蔵)。
年表二翁草

《翁草余稿》おきなぐさよこう

→塵泥

《置みやげ》おきみやげ

  1冊の狂歌集。油煙斎貞柳作、永田貞竹編。享保19年(1734)刊。編者は作者の養子。享保18〜19年にかけて作者が黄泉の旅の置き土産として詠んだ狂歌を、 作者歿後に編者が編んだもの。序者貞峨は作者の弟、即ち紀海音である。辞世を含めて309首を収める。引用元は「狂歌大観」(藤女子大学図書館蔵)。
置みやげ

《奥美人》おくびじん

 几董編の俳諧撰集。原本の所在は不明。天明 8年(1788)紫暁写。刊本として「東皐句集(寛政 4年(1792)序)」がある。 東皐の句を几董が選んで評語をつけたもの。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)所収「東皐句集」。
奥美人

《筬の千言》おさのちごと

 写本 2巻 1冊の洒落本。翠軒作。文化 9年(1812)以前の成立。鶴岡筬橋たもとの薬湯茶屋における遊女と客との会話などを描いた洒落本。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
筬の千言

《御産部類記》おさんぶるいき

 醍醐天皇から後深草天皇皇女の貴子内親王まで27人の誕生時における記録を引いて編んだ部類記。19巻。 編者不明で、成立は貴子内親王誕生の弘長 2年(1262)以降で、西園寺公衡が書写した乾元 2年(1303)より前ということになる。 引用元は「図書寮叢刊」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一

《織田記》おだき

→信長公記

《織田軍記》おだぐんき

 遠山信春著。織田信長の事蹟を編年的に述べた戦記物。23巻。最初に系図を出し、次いで戦記を順を追って述べ、太政大臣に達するまでを記す。 小瀬甫庵の「信長記」を典拠として補訂したものである。貞享 2年(1685)跋。引用元は「通俗日本全史」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《織田治世記》おだちせいき

→織田軍記

《落栗庵狂歌月並摺》おちぐりあんきょうかつきなみずり

  1冊の狂歌集。天明 3年(1783)成。元木網編。元木網は江戸京橋北紺屋町で風呂屋を営みながら和歌を学んでおり、 明和 7年(1770)以来狂歌を詠んだ。夫人は智恵内子。天明元年に隠居、落栗庵を構えて狂歌の指導を行った。本集は門人や知友の作を集めた撰集。 引用元は「江戸狂歌本選集」(札幌大学図書館蔵)。
落栗庵狂歌月並摺

《落栗物語》おちぐりものがたり

 秀吉の時代から寛政までの見聞逸話集。 2冊。内容から寛政 4年(1792)以降の成立。奥書にある筆者が著者であるとすれば、 大炊御門家侍松井成教著ということになるが、天明 6年(1786)歿であることから具合が悪い。ただ、巌垣竜渓と親しかった者の著作であることは確実視されている。 光格天皇の践祚・即位などの儀式をはじめとして公家の儀式に関する逸話が最も多い。また「近世畸人伝」にもある人物の逸話も含まれる。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
落栗物語

《遠近草》おちこちぐさ

  3巻 3冊の説話集。天正年中の成立。編者未詳。およそ130編に及ぶ狂歌にまつわる説話を集成した書で、古くは柿本人麻呂伝に始まり、 西行らの狂歌の説話、そして京における狂歌の説話に至る。引用元は「仮名草子集成」(札幌大学図書館蔵)。
遠近草

《落葉合》おちばあわせ

  1冊の俳諧句集。超波編。享保16年(1731)自序。発句は落葉を題としたもので、超波・永機・長水・蓮之・白翁・故一・五舟・訥子・才牛・貞佐の独吟十歌仙を収める。 引用元は「古典文庫」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
落葉合

《おとぎばなし》おとぎばなし

  3巻 3冊の黄表紙様噺本。志満山人作。文政 5年(1822)巻。なお画者「歌川国信」は作者本人である。 89話と量は非常に多いが、過去の小咄本から取ったものが殆どである。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
おとぎばなし

《伽婢子》おとぎぼうこ

 浅井了意作の仮名草子。13巻。寛文 6年(1666)刊。主に中国の怪異談を翻案したものが68話収められた仮名草子の傑作であり、 「御伽」を冠するものが続出し、後の「雨月物語」にも影響を与えた。改題本(怪談百物語)もある。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
伽婢子

《挟夫湊花》おとこだてみなとのはな

  3巻 6冊の読本。十返舎一九作。文化 2年(1805)刊「浪速烏梅」の改題本。播州三喜の敵討を題材にし、 明石志賀之助やら夢の市郎兵衛やらも登場する実録もののような作品。引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
挟夫湊花

《落し咄》おとしばなし

  1冊の噺本。作者未詳。題僉も剥がれ落ちているため書名も未詳、従って仮題。190話を収め、際物噺の内容や紙質等から、 寛政期後半のものとみられている。引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
落し咄

《落噺顋懸鎖》おとしばなしあごのかけがね

  5巻 5冊の噺本。和来山人作。文政 9年(1826)刊。安永小咄を長編化したような作品が多く、さながら落語の口演の如くなっている。 全29話。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
落噺顋懸鎖

《落咄梅の笑》おとしばなしうめのわらい

 寛政 5年(1793)刊。「冨貴樽」の前半を利用した嗣足改題本。後半を利用した「華えくぼ」もある。→冨貴樽

《笑府衿裂米》おとしばなしえりたちこめ

  1冊の噺本。曲亭馬琴序。寛政 5年(1793)序。黄表紙の絵の部分のみを利用して噺をつけ加えた部分が 9話分、 その後ろに噺だけの部分が 5話分、それに馬琴の序をつけた安易な出版物。もとの黄表紙は不明。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
笑府衿裂米

《落噺千里藪》おとしばなしせんりのやぶ

  5巻 5冊の噺本。花枝房円馬作。弘化 3年(1846)刊。作者は三遊亭円生門下の咄家で、口絵を含めて落語史の資料として高い価値を持つ。 26話を収める。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
落噺千里藪

《落咄口取肴》おとしばなしくちとりざかな

  1冊の噺本。十返舎一九序。文政元年(1818)序。16話と数は少ないが、安永小咄や狂言を脚色したものを含んでいる。 引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
落咄口取肴

《落咄屠蘇機嫌》おとしばなしとそきげん

  3巻 1冊の黄表紙様噺本。十返舎一九作。文化14年(1817)刊。狂言を笑話に仕立てた作品を中心として16話を収める。 引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
落咄屠蘇機嫌

《落話花之家抄》おとしばなしはなしやしょう

  1冊の噺本。白川与布禰序。寛政 2年(1790)序。安永 7年(1778)ともいうが、文中に「天明の初」「寛政改元の夏」という文言がある。 35話を収める。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
落話花之家抄

《おとし咄みになる金》おとしばなしみになるかね

 文化 6年(1809)刊。「高笑ひ」の嗣足改題本で、関係分では「浅草」が載る。→高笑ひ

《落噺笑富林》おとしばなしわらふはやし

  2巻 2冊の噺本。林屋正蔵作。天保 4年(1833)刊。口上に「高座にて咄す通りに作仕候」とあるように、 現在の落語の原型が多く見られる。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
落噺笑富林

《鬼薊廓色縫》おにあざみさとのいろぬい

→小袖曾我薊色縫

《小野道風青柳硯》おののとうふうあおやぎすずり

 時代物の浄瑠璃。 5段。竹田出雲・吉田冠子・中邑閏助・近松半二・三好松洛合作。宝暦 4年(1754)大坂竹本座初演。 能筆で著名な小野道風が公家らしくない怪力男として描かれた珍しい作品。帝位を窺う橘逸勢が亡ぼされるまでの物語であり、 柳に蛙が飛びつくのを見た小野道風が皇位の危うきを知るところが最大の見せどころ。引用元は「叢書江戸文庫」(北海道大学大学院文学研究科冨田教授蔵)。
小野道風青柳硯

《小野宮年中行事》おののみやねんちゅうぎょうじ

  1巻。長元 2年(1029)以後の成立。「小右記」の記主である藤原実資の著。小野宮流の年中行事における儀式作法について述べたもので、 儀式の沿革を多く記した点に特徴を持つ。九条流の作法を引いて否としたところも見ることができる。 引用元は「群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
小野宮年中行事

《御触書》おふれがき

 本来、幕府が一般に触れた法令を指すが、徳川吉宗が寛保 2年(1742)に評定所に対し、元和元年(1615)以降の法令の編集を命じ、 延享元年(1744)に提出された通称「寛保集成」の書名が「御触書」であったので、ここでは江戸幕府評定所が編集した幕府の法令集を指すこととする。 やや雑多ではあるが官撰のものとして権威がある。その後宝暦10年(1760)の家治の命によって13年に完成せられた通称「宝暦編集」、 天明 7年(1787)家斉下命の通称「天明集成」(成立年次不明)、天保 9年(1838)家慶の命によって編集が開始され12年に提出された通称「天保集成」があり、 家定の安政元年(1854)にも編集が始められたが、これは完成しなかった。年表で採った「御触書寛保集成」「御触書天明集成」「御触書天保集成」の名は、 昭和 9年に刊行が計画された際に附された統一名称で、本史料ではこの名称を採った(「御触書宝暦集成」には相撲記事なし)。 引用元は岩波書店刊本(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《御触書寛保集成》おふれがきかんぽうしゅうせい

→御触書

《御触書天保集成》おふれがきてんぽうしゅうせい

→御触書

《御触書天明集成》おふれがきてんめいしゅうせい

→御触書

《思ひ出草》おもいでぐさ

 池田定常著の回想録風随筆。正編・続編各 4巻。天保 3年(1832)成立。著者の側室が病臥し、その看病の合間に過去の思い出を徒然に綴ったもの。 話題の幅が広く、特に祖先や交友関係がよく記され、著者の伝記を知る上では欠かせない資料である。 引用元は「随筆百花苑」(藤女子大学図書館蔵)。
思ひ出草

《思ひの儘の記》おもいのままのき

 勢多章甫著。 4巻。幕末期の見聞随筆であるが、宮廷側の視点に立つ珍しいもので、光格・仁孝・孝明天皇の事蹟についての見聞は極めて貴重である。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
思ひの儘の記

《おもひのまゝの日記》おもいのままのにっき

 二条良基著。 1巻。康暦から永徳ごろの成立(康暦 2年(1380)成立という説もあるが根拠がわからない)。 種々の年中行事がこの頃に復活し始めたのを喜び、各行事について軽い筆致で記したものである。但し、実際に見たままを書いたものではない。 引用元は「群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
おもひのまゝの日記

《面白艸子噺図会》おもしろぞうしはなしずえ

  1冊の噺本。柳下亭種員作。弘化元年(1844)刊。見開きの右に川柳と絵詞が入った挿絵を配し、左に小咄を載せた珍しい趣向の噺本。 17話を収める。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
面白艸子噺図会

《お湯殿の上の日記》おゆどののうえのにっき

 天皇近侍の女官が記した当番記録。天皇の動静を主とし、朝廷の行事一般に関する記録が女官言葉で記されている。 国語資料としても貴重なもので、写本もあわせると文明 9年(1477)から文政 9年(1826)まで350年に及ぶ記録が残る。 引用元は「続群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《おらが春》おらがはる

 一茶の句文集。 1冊。文政 2年(1819)の随筆文や句作を書き記したもの。嘉永 5年(1852)に信濃中野の白井一之が出板、 その後神田の書肆が重板して広く流布し、一茶句文集の代表作となった。題は一之が名づけたもので、巻頭「目出度さもちう位也おらが春」による。 引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。
おらが春

《尾張大根》おわりだいこん

  2巻 1冊の仮名草紙・地誌。寛文12年(1672)成か。資隆(尾張の俳人)作か。内題「尾張名所記」が示すように、尾張の名所を48項目に亙って記し、 句を多く添える。引用元は「仮名草子集成」(札幌大学図書館蔵)。
尾張大根

《尾張名所記》おわりめいしょき

→尾張大根

《阿蘭陀丸二番船》おらんだまるにばんぶね

  2巻の俳諧撰集。宗円編。延宝 8年(1680)自跋。上巻は諸家の四季発句と付句、及び梅翁(宗因)の独吟百韻 1巻を、 下巻には諸家の四季以外の発句と付句、及び梅翁の独吟百韻 2巻を収める。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
阿蘭陀丸二番船

《温恭院殿御実紀》おんきょういんどのごじっき

 続徳川実紀のうちの家定編。→続徳川実紀

《音曲口伝書》おんぎょくくでんしょ

  2代竹本義太夫の口伝を門弟の順四軒が記したもの。明和 8年(1771)成立、安永 2年(1773)刊。 1冊。 浄瑠璃の濫觴、播磨少掾伝を簡略に述べ、音曲の口伝についても記す。義太夫の評言と順四軒の評言とがあるが、 両者は明確に区別されている。引用元は「日本思想大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
音曲口伝書

《女四宮歌合》おんなしのみやうたあわせ

 規子内親王主催の歌合。天禄 3年(972) 8月28日催行。源順による判と源為憲による当日の記録、及び歌人の駁論も載り、 当時の歌合の様子をも現世に伝える。引用元は「新編国歌大観」(石狩市民図書館蔵)。
女四宮歌合

《おむなつう文章》おんなつうぶんしょう

  1冊の洒落本。御家不通氏女尽作。天明元年(1781)刊。艶書の手ほどきのように見せかけたパロディ洒落本で、黄表紙のようでもある。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
おむなつう文章

《女楽巻》おんならかん

 稿本 1冊の洒落本。料理蝶斎作。寛政12年(1800)成。作者は名古屋の戯作者らしいが、詳細は不明。「寄り子屋」つまり出替わり奉公人の口入れ屋を舞台にした作品。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
女楽巻
前画面に戻る