解題・ハ行
《梅園日記》ばいえんにっき

 北静廬著の随筆。 5巻 5冊。弘化 2年(1845)刊。全172条から成り、著者の博識ぶりが存分に発揮されている。 風俗慣習から難語の解釈まで扱う範囲は広く、諸書に当たって考証する。引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
梅園日記

《梅翁随筆》ばいおうずいひつ

 著者未詳。 8巻。内容から見て、寛政前後の著者の見聞を書き留めたものといえる。怪談やら流行の作家やら落書やら旗本の話やら、 当時の世相の隅々までを記した興味深い随筆である。引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
年表二梅翁随筆

《誹諧当世男》はいかいいまようおとこ

  2巻の俳諧撰集。蝶々子編。延宝 4年(1676)自序。上巻が四季別の類題発句集で、下巻は付句集である。 題号の通りに「仕立あたらしき」ものを選び、「今世の風義」を示すことを主眼においたもので、 編者は貞門のはずだが、内容は談林風である。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
誹諧当世男

《俳諧江戸広小路》はいかいえどひろこうじ

  2巻の俳諧撰集。不卜編。延宝 6年(1678)自序。上巻が四季類題発句集で下巻は付句集、合わせて700句を超える。 江戸で詠まれた句に限定してはいるが、作家そのものは上方の流れを汲む者が多い。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
俳諧江戸広小路

《誹諧大句数》はいかいおおくかず

  2巻の俳諧連句集。西鶴著。延宝 5年(1677)自序。大坂生玉の本覚寺で、数百人の連衆を前にして行った矢数俳諧で、 上巻に1,000句を収める。下巻は現存しないが、600句と推定される。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
誹諧大句数

《俳諧歌兄弟百首》はいかいかきょうだいひゃくしゅ

  3巻 3冊の狂歌集。文化12年(1815)刊。四方歌垣(鹿都部真顔)編。真顔唱導するところの俳諧歌を季題順に100題集めたもの。 古今集以来の誹諧歌に倣うべしとの主張から、各題の頭に古歌を掲出する。引用元は「江戸狂歌本選集」(札幌大学図書館蔵)。
俳諧歌兄弟百首

《誹諧句集》はいかいくしゅう

  1巻の俳諧連句集。季吟自筆。独吟百韻 6巻(季吟・湖春・可全・安静・如貞・元隣)と寛文10年(1670)の十二吟百韻 1巻を収めてある。 引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
誹諧句集

《俳諧歳時記栞草》はいかいさいじきしおりぐさ

 曲亭馬琴が編んだ「俳諧歳時記」(享和 3年(1803)刊)を藍亭青藍が追補して成った歳時記。嘉永 4年(1851)の刊。 3,420強の季語を載せた歳時記の決定版ともいうべきもので、記述は様々な書を援用し、詳細である。 明治になっても多数の版が現れ、年々その版を重ねた。引用元は「岩波文庫」(引用者蔵)。
年表一俳諧歳時記栞草野見宿禰

《誹諧寂栞》はいかいさびしおり

  3巻の俳論書。白雄著、拙堂補。文化 9年(1812)刊。俳諧の手引書で、明治まで版を重ねて流布した。 芭蕉の発言や去来の論などをもととし、弟子のためにものしたという書で、上巻に発句の論、中巻に附句の論、下巻には句作に関するさまざまな論を収め、員外として切字の論が加わる。 寛政本と安永本とがあったようだ。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
誹諧寂栞

《誹諧初学抄》はいかいしょがくしょう

  1巻の俳論書。寛永18年(1641)自跋。徳元編。連歌の式目に倣って俳諧の式目を定めたもので、江戸で出版された最初の俳論書といわれている。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一誹諧初学抄

《俳諧新選》はいかいしんせん

 嘯山・太祇編の俳諧句集。 5巻 2冊。安永 2年(1773)刊。巻頭に「総論」を置き、当時の作家の佳句を類題別に配列したもので、 刷を重ね、追加も行われた。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
俳諧新選

《誹諧洗濯物・洗濯砧》はいかいせんたくもの・せんたくきぬた

  6巻の俳諧選集。寛文10年(1670)頃刊。一雪編。「洗濯物」 4巻は四季類題発句集となっていて、末尾に編者自身の富士100句を添える。 「洗濯砧」 2巻は歌枕の手引きで、いろは順に配列されている。引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
誹諧洗濯物・洗濯砧

《俳諧塵塚》はいかいちりづか

  2冊の連句集。重徳編。寛文12年(1672)刊か。「誹諧独吟集」に始まるシリーズの第 4弾で、17巻の連句を収める。 下巻には俳諧ではない漢和連句が織り込まれ、最後の「鶯蛙花見」は室町物語を思い起こさせる俳文である。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
俳諧塵塚

《俳諧提要録》はいかいていようろく

  2巻の俳論書。鳥酔述、烏明・百明編。安永 2年(1773)序。鳥酔が生前語った俳論を弟子 2名が書き留めたものを編集して刊行したもの。 芭蕉の句を引いて論を展開したもので、下巻には鳥酔の発句なども収める。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
俳諧提要録

《俳諧天尓波抄》はいかいてにはしょう

  6巻の俳論書。富士谷御杖著。文化 4年(1807)刊。「俳諧七部集」の句を引いて俳諧における助詞・助動詞を解説したもので、 俳諧での「てにをは」を初めて研究対象にした書ともされる。引用元は「新編富士谷御杖全集」(藤女子大学図書館蔵)。
俳諧天尓波抄

《誹諧独吟集》はいかいどくぎんしゅう

  2冊の連句集。重徳編。寛文 6年(1666)刊。編者は書肆でもあり、自ら古今の21名の独吟連句を集め刊行したもの。 魚鳥俳諧や漢和独吟集を交える。好評だったことから続編も出た。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
誹諧独吟集

《俳諧女哥仙》はいかいにょかせん

  1冊の俳諧撰集。西鶴編。貞享元年(1684)刊。有名な女性俳諧作者の画像を載せ、 1句と小伝とを附したもの。 36人を収める絵俳書で、西鶴自身の版下とみられる。引用元は「定本西鶴全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
俳諧女哥仙

《俳諧鼠道行》はいかいねずみのみちゆき

 心非・車両・久蔵編の俳諧撰集。文化12年(1815)奥。巻頭に几董作「鼠の道行」に梁雲が節をつけたものを置き、 百韻 1巻と百人一句を収める。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
俳諧鼠道行

《俳諧之註》はいかいのちゅう

 正章著。 1巻。寛永19年(1642)に正章が亡母の25回忌追善のために行った百韻について、自註を加えたものである。 系統立った俳論書ではないが、ところどころに正章の俳論が鏤められている。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
俳諧之註

《俳諧名所小鏡》はいかいめいしょこかがみ

 蝶夢編。 3巻 4冊。諸国の遊歴や、諸国の俳人への書簡で尋ねたりして集めた俳諧名所集。 上巻は天明 2年(1782)刊、中・下巻は寛政 7年(1795)刊。名所旧跡を詠んだ発句4,887句を名所別に収める。 量が思いの外増したため、中巻を 2冊に分けたという。引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
俳諧名所小鏡

《俳諧問答》はいかいもんどう

 去来と許六の問答。元禄10年(1697)去来奥、11年許六奥。「末若葉」に収められている去来の「贈晋渉川先生書」を発端とする問答で、 不易流行論に関する両者の意見など、蕉門俳論を語る上で逃せない書。のち、天明 5年(1785)に「誹諧問答青根が峰」として刊行されているが、本文は杜撰である。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)で、これは「青根が峰」をもとにしながら原本などに当たって訂したものであるが、 「贈晋氏其角書」と「贈落柿舎去来書」には原本がない。「贈落柿舎去来書」には「相撲」の語があるので採っているものの、 これは「贈晋渉川先生書」をもとにつくられた偽書であるので注意を要する。
俳諧問答

《誹諧童の的》はいかいわらべのまと

→誹諧童の的(はいかいわらわのまと)

《誹諧童の的》はいかいわらわのまと

  1冊。竹翁編、雪丸校合。初編は宝暦 4年(1754)序跋、 5年刊。以降 6編まで出た。 「童の的」とは幼児向けの弓術の的で、初心者でも高点を得られるように編まれた手引書という意味である。 江戸座の点取宗匠を網羅した最初の高点付句集である。引用元は「新日本古典文学大系(初編のみ)」(石狩市民図書館蔵)。
誹諧童の的

《梅室家集》ばいしつかしゅう

 梅室の発句を収めた俳諧発句集。 2巻。初版は天保 7年(1836)刊か。のち天保10年に跋を序に移した版が出て、13年には増補版の「増補方円発句集」、 嘉永 4年(1851)頃に天保10年版の改題本「千題発句集」、安政 4年(1857)に別の増補版「梅室発句集」が出た。 引用元は天保10年版を収めた「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
梅室家集

《梅室発句集》ばいしつほっくしゅう

→梅室家集

《梅松論》ばいしょうろん

 作者未詳の歴史物語。 2巻。文和元年(正平 7年・1352)以降の成立か。承久の乱から建武 4年(延元 2年・1337)までの歴史についてを北野社参籠の人々に老僧が語る。 足利尊氏を称賛する物語である。引用元は「群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
梅松論

《誹風柳多留》はいふうやなぎだる

 明和 2年(1765)から天保 9年(1838)まで 167編が刊行された雑俳集。武玉川に倣った前句付高点付句集であり、 前句を無視した「川柳(正確には川柳風狂句というべきもの)」という新形式を生んだ。 初代川柳の時代には川柳評万句合の中から再撰していたが、二世川柳以降は句合の版木をそのまま流用するようになった。従って二世川柳時代からの分は質が下がっていった。 引用元は「誹風柳多留全集」(札幌大学図書館蔵)。
誹風柳多留

《誹風柳多留拾遺》はいふうやなぎだるしゅうい

 享和元年(1801)刊。古今前句集の改題偽版。→古今前句集

《俳優考》はいゆうこう

  1巻。新井白石著。「白石叢書」に収まる。本邦及び中国における散楽・舞戯の沿革を記した芸能史論。 引用元は「新井白石全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
俳優考

《蝿打》はえうち

  4冊と自序 1冊。犬井貞恕著。寛文 4年(1664)刊。貞室の正章千句を非難した茶杓竹に対する駁論の書、つまり貞室側の再反論である。 茶杓竹の批評を再録した上で、一々また反論を附した代物であるが、最終的にはただの個人攻撃に堕する。 引用元は「古典文庫」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
蝿打

《葉隠》はがくれ

 山本常朝の談話を田代陣基が聞いて編集したもの。11巻。宝永 7年(1710)から始まり、一本には享保元年(1716)に完成したとある。 武士たる者いかに在るべきかという理想像を追求したものと言え、「武士道といふは死ぬ事と見付けたり」にその思想が凝縮され、 死身に徹する時には、他者を圧するが膂力によるものではない強みが形成されるのだとしている。 引用元は「日本思想大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
葉隠

《馬鹿大林》ばかたいりん

  1冊の噺本。桜川慈悲成序。享和元年(1801)刊。全てが慈悲成の作品か、最終話のみがそうなのかは判然としない。 30話を収めるが、出来はいまひとつ。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
馬鹿大林

《萩陀羅尼》はぎだらに

 花讃女の句集。 1巻。文政13年(1830)序。万旧編。同年 7月24日に23歳で歿した花讃女の句を編纂したもので、万旧は花讃女の夫。 発句291と追悼半歌仙及び悼句を収める。引用元は「女流文学全集」(藤女子大学図書館蔵)所収「花讃女句集」。
萩陀羅尼

《萩古枝》はぎのふるえだ

  2巻 2冊の狂歌集。浅草市人編。享和 2年(1802)成。編者は頭光から巴人亭の号を譲られたが、のちに返上して浅草庵主人(初代)と号した。 本集は頭光の 7回忌追善歌集である。引用元は「江戸狂歌本選集」(札幌大学図書館蔵)。
萩古枝

《馬琴日記》ばきんにっき

 曲亭馬琴の日記。関東大震災で相当量が焼け、現存は文政10年(1827)から嘉永 2年(1849)までのごく一部である。 天候の記述が詳細で、執筆状況から人々の出入り、行事、自身の健康状態までを一つ書きにして詳細に記してある。 馬琴没後は「路女日記」として安政 5年(1858)まで続く。引用元は、「曲亭馬琴日記」(札幌大学図書館蔵)。
年表二馬琴日記

《白石先生紳書》はくせきせんせいしんしょ

 新井白石とその近侍の者の著というべきだろう。10巻または11巻本が伝わるが、これらに見られない記事があることも分かっている。 百般の事について録したもので、白石の書留をもとに、近侍のものが白石の談話を加えたものらしい。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
年表一白石先生紳書野見宿禰

《麦林集》ばくりんしゅう

 麦浪編。 3冊。元文 4年(1739)編。編者の父である麦林の句1,200余を整理し校訂した集で、上巻に春と夏の発句、 中巻に秋と冬の発句、下巻にはその他の句と「自遁庵之記」を収める。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
麦林集

《箱まくら》はこまくら

  3冊の洒落本。文政 5年(1822)刊。大極堂有長(中島棕隠?西村定雅?)作。各巻に 2章、合計 6章の独立した話から成る。 独立してはいるが、客に変われた芸妓が色を売るという主題で一貫しており、作者による評語を附す。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
箱まくら

《藐姑柳》はこやなぎ

 麹町梅連の川柳撰集。天明 5年(1785)刊。初代川柳評、朱楽菅江序。同年正月 5日から 6月15日までの勝句と、 7月 1日の糀町平河天神奉納句を載せる。引用元は「岩波文庫」(引用者蔵)。
藐姑柳

《芭蕉庵小文庫》ばしょうあんこぶんこ

 史邦編の俳諧撰集。 2巻。元禄 9年(1696)刊。芭蕉一周忌に杉風が江戸長渓寺に塚を建立した際、史邦は「日の影のかなしく寒し発句塚」と詠んだ。 これを機縁として成った集で、蕉門俳人の発句・連句や芭蕉の俳文を収録しているが、この集が初出となるものが多くみられる貴重なものでもある。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
芭蕉庵小文庫

《芭蕉翁二十五箇条夜話》ばしょうおうにじゅうごかじょうやわ

 婆心著。寛政 6年(1794)成。 3冊。芭蕉が元禄元年(1688)に弟子に与えたという「二十五箇条」について注解したもの。 引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
芭蕉翁二十五箇条夜話

《巴人集》はじんしゅう

 大田南畝の歌文集。本巻 1巻と拾遺 1巻。天明 4年(1784)自序。内容は極めて雑然としたもので、天明期の狂歌日記のあとに狂歌狂文を載せ、 狂歌集の序文を収め、拾遺には狂歌狂詩狂文が順序もなにもなく集められ、文政 5年(1822)に至る。 引用元は、本巻が「江戸狂歌本選集」(札幌大学図書館蔵)、拾遺が「大田南畝全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
巴人集野見宿禰

《蓮実》はすのみ

  1冊。賀子編。賀子はこの集以前に「山海集」と「みつがしら」とを出しているが、「山海集」は実は西鶴撰で、 賀子はそのパトロンであったという。その賀子が初めて自らの編で出したものである。元禄 4年(1691)刊。 引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
蓮実

《八朶園句纂》はちだえんくさん

  2冊の俳諧句集。天保 2年(1831)序跋。白梅社中編。寥松の発句を分類して収めたもので、1,200句に上る。 跋文は寥松伝を兼ねる長文。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
八朶園句纂

《八番日記》はちばんにっき

 一茶句日記のうち、文政 2年(1819)〜 4年のもの。自筆原本はなく、風間本と梅塵本の両写本によって伝わる。 したがって題号も一茶自身の命名か否かは判然としない。句数からみて旺盛な制作力は衰えていないが、 重複句・類似句が増え、特に新展開を示すことはない。引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。→一茶句日記
年表二一茶句日記

《八幡愚童訓》はちまんぐどうきん

 寺社縁起。八幡神の神徳を童子にも理解させるための書で、石清水八幡宮社僧の著作という。甲乙 2種に大別され、 甲種は延慶〜文保 2年(1308〜18)までの間の作、乙は正安(1299〜1302)頃の成立という。甲種は元寇に際しての八幡大菩薩の霊験を説くのが主で、 その中には「八幡愚童記」の書名を持つものもある。甲種はさらに 2つに大別され、文永役における対馬・壱岐への侵攻に関する記述が具体的である(一類)かそうでない(二類)かによって分けられる。 乙種は八幡大菩薩の霊験について14章に亙って述べる教義書。引用者がこれまで見た範囲で相撲が出てくるのは甲二種に属する流布本の「群書類従」所収本のみであるので、 それを引用元とした(北海道大学附属図書館本館蔵)。
八幡愚童訓

《八幡大菩薩愚童訓》はちまんだいぼさつぐどうきん

→八幡愚童訓

《八水随筆》はっすいずいひつ

  1冊。著者・成立年とも未詳。短文52篇から成る雑録である。主に諸侯の逸話を記すが、著者は武道を学んでいたようで、 師匠の教えについて多く記述しているのが目を惹く。引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
八水随筆

《初音草噺大鑑》はつねぐさはなしおおかがみ

  7巻 7冊の噺本。寓言子作。元禄11年(1698)刊。元禄期に流行した笑話を集成した大作で、205話を収める。 ただ単に集めたばかりでなく、文章が流麗なものに変わっており、当時の噺本を代表する名作といえる。 引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
初音草噺大鑑

《初登》はつのぼり

  1冊の噺本。作者不詳。安永 9年(1780)刊。38話を収める。軽口本からの再出もあるまど、新旧入り混じる。 引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
初登

《花供養》はなくよう

 芭蕉堂庵主の編。各 1冊。天明 6年 3月22日の芭蕉会での句を一書としたものに始まり、年刊の機関誌形式で継続刊行された。 途中刊行間隔が大きく空きもしたが、明治 3年までは続いた。引用元は「一茶全集」(寛政 7年刊のみ・藤女子大学図書館蔵)。
花供養

《はなしあいて》はなしあいて

 宋是編。宝暦 8年(1758)自序。 2冊。前年冬に編者が行った文台開きと薙髪を記念した撰集。 引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
はなしあいて

《新話集》はなししゅう

  1冊の噺本。曇華作。寛政元年(1789)〜 2年頃成。42話を収める。作者個人の創作集らしい。 引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
新話集

《噺の苗》はなしのなえ

 暁鐘成著。 6巻。文化11年(1814)の序がある。享和元年(1801)から文化 9年(1812)までの大坂での風俗を年代順に記した随筆。 扱っている項目は幅広く、随筆というよりは事件簿。引用元は「新燕石十種(国書刊行会版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《噺の百千鳥》はなしのももちどり

  1冊の噺本。三笑亭可楽作。文化 5年(1808)刊。収められる10話は落語の資料にもなるもの。 引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
噺の百千鳥

《噺雛形》はなしひながた

  1冊の噺本。寛政11年(1799)の序がついているが、この序も収められた67話も全て他書からの引用である。 引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
噺雛形

《花千句》はなせんく

  2巻の俳諧千句。季吟・湖春・正立作。延宝 3年(1675)成。花を発句に詠み込んだ三吟千句を収め、さらに花の発句で詠んだ追加百韻を加える。 守武や宗因に対抗して成った作で、三楽「肩入奉公」で難ぜられ、季吟は「大長刀」で対抗した。 引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
花千句

《花摘》はなつみ

 其角編の俳諧日記。 2巻。貞享 4年(1687) 4月 8日に歿した母を追善すべく、元禄 3年(1690)の同日から 6月19日までに行った一夏百句を収めたもので、 間に諸家の句文や歌仙などを挟む。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
花摘

《花の出羽路》はなのいでわじ

 菅江真澄の地誌。秋田郡と山本郡とがあり、各 1冊。秋田郡は文政 6年(1823)〜 7年頃に執筆したもののようで、 町村別ではあるが順序に規則性はなく、単に草稿を綴じ合わせたのみのもの。山本郡も執筆は同時期とみられるが、すべて書の抜粋から成っている。 他に松藤日記 1冊があり、文政 7年春に秋田郡の一部を巡ってまとめたものとみられる。引用元は「菅江真澄全集」(藤女子大学図書館蔵)。
花の出羽路

《花折紙》はなのおりがみ

  3巻 3冊の洒落本評判記。享和 2年(1802)刊。此道蔵伎著。刊行時点における洒落本の評判記で、 寛政改革により下火になった(させられた)洒落本について一度回顧することを意図したものらしい。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
花折紙

《花の雲》はなのくも

  1巻の俳諧撰集。千山編。元禄15年(1702)序。同年、姫路に惟然を迎えたときの撰集で、入集者は播磨や山陽の俳士を中心とする。 引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
花の雲

《花のちから》はなのちから

 百池編。天明 4年(1784)刊。 1冊。前年初春より佳棠とその同志が蕪村に評を請い、蕪村の病が重るに及んで中絶するまでの10ヶ月の作品から、 蕪村歿後に218句を選び集めたもの。引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
花のちから

《はなひ草》はなひぐさ

 寛永13年(1636)奥書。 1巻。立圃編の俳諧作法書。俳諧式目の最初の作品で、いろは順の前半と四季順の後半に分けられる。 後半は初めての季寄でもある。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
はなひ草

《はなひ草大全》はなひぐさたいぜん

 寛文 4年(1664)刊。 3巻。加軒編の俳諧作法書。「はなひ草」を増補して、一部解説を手直ししたもの。 引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
はなひ草大全

《花吹雪隈手廼塵》はなふぶきくまでのちり

 恕堂閑人著。 3巻。安政から慶応に至るまでの風聞を105条集めたもの。上巻は安政 5年(1858)から文久元年(1861)まで、 中巻は嘉永 6年(1853)から元治元年(1864)まで、下巻は文久元年から 3年までと目録にはあるが、慶応初年の落首も収まる。 引用元は「続日本随筆大成」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
花吹雪隈手廼塵

《花雪吹高嶺復讐》はなふぶきたかねのあだうち

 小枝繁作、葛飾北嵩画の読本「高野薙髪刀」を、曲亭馬琴作、葛飾北斎画と偽り、 2冊のものを 5冊にした改竄本。→高野薙髪刀

《花見弁慶》はなみべんけい

  1巻の俳諧撰集。重徳編。元禄 4年(1691)刊。書名は重徳の巻頭発句「弁慶は花見るまでも具足哉」による。 重徳の世吉を巻頭として歌仙10巻を収める。引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
花見弁慶

《はまちどり》はまちどり

  2冊の擬古歴史物語。荒木田麗女作。明和 9年(1772)成。主人公の左大将が筑紫の乱を平らげ、左大臣の姫を娶って天下一の幸せ者になるさまを描いた作品。 文の流麗さは荒木田麗女らしいが、内容には平板さがある。引用元は「荒木田麗女物語集成」(藤女子大学図書館蔵)。
はまちどり

《張瓢》はりふくべ

 江涯編の俳諧撰集。安永 5年(1776)序。江涯が湖東の竹庵に遊んだ際に近江近辺の俳人の句などを集めておいたものという。 引用元は「天明俳書集」(札幌大学図書館蔵)。
張瓢

《播磨国風土記》はりまのくにふどき

 編者は諸説あって未詳。 1巻。成立は霊亀元年(715)以前。完本ではないが、冒頭部が欠けているだけである。 地名起源説話が多く、文体の素朴さにも特徴があり、説話そのものにも少なからず興味あるものがある。 引用元は「日本古典文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
野見宿禰

《春駒狂歌集》はるごまきょうかしゅう

  2巻 2冊の狂歌集。藤本由己(利庵)編著。正徳 3年(1713)刊。編著者の和歌及び狂歌を125首、漢詩 3首、三吟四十四「狂句漢和」等を収める。 引用元は「狂歌大観」(藤女子大学図書館蔵)。
春駒狂歌集

《春雨譚》はるさめものがたり

 「宿直文」の改刻改題本である「宿直譚」をさらに改題したもの。→宿直文

《春雨物語》はるさめものがたり

 上田秋成作の読本。歴史小説・怪異小説・社会小説のどの要素もが渾然一体となった秋成最後の傑作。 文化年中に着手され、 6年(1809)に歿するまで改訂がつづけられたらしい。形になっているのは文化 5年本と称される 3種の写本で、 「血かたひら」「天津をとめ」「海賊」「二世の縁」「目ひとつの神」「死首の咲顔」「捨石丸」「宮木か塚」「歌のほまれ」「樊」の10篇が収められているが、 他の残欠本には「妖尼公」「楠公雨夜かたり」という題もある。引用元は「上田秋成全集(中央公論社版)」(北海道大学附属図書館本館蔵・中絶)。
春雨物語

《はるのあけぼの》はるのあけぼの

 騏道編の歳旦帖。安永 9年(1780)成。師匠暁台の句や尾張名古屋の俳人連の句を収めたもの。 騏道は大津の人。引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
はるのあけぼの

《藩翰譜》はんかんふ

 本文12巻・序目 1巻の計13巻。新井白石編。元禄14年(1701)成。徳川綱豊(家宣)の命により編んだもので、13年末下命、14年 7月起稿し10月脱稿、15年 2月に進呈した。 一万石以上の大名337家の家伝を集めたもので、慶長 5年〜延宝 8年(1600〜80)までをまとめている。 引用元は「新井白石全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
野見宿禰

《万国燕》ばんこくつばめ

  1冊。淡々評の高点付句集。享保13年(1728) 3月17日の十百韻から高点句を抜き出したものを主とする。 同年刊。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
万国燕

《播州佐用軍記》ばんしゅうさよぐんき

 上下 2巻の合戦記。天正 5年(1577)に秀吉が行った播磨上月城攻撃について記したもので、 信長記に上月城合戦を増補したものを川島正友が慶長 6年(1601)に作成し、川島好和が明暦元年(1655)に上月城合戦の部分のみを抜き出して「佐用軍記」と名づけたというのが成立の経緯として記されている。 川島正友の見聞を基にしているというが、内容の信憑性はさして高くない。引用元は「続群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
播州佐用軍記

《万代狂歌集》ばんだいきょうかしゅう

  6巻 4冊の狂歌撰集。宿屋飯盛(石川雅望)撰。文化 7年(1810)〜 8年成、 9年刊。「万載狂歌集」の構成を踏襲し、2,314首を収める。 真顔と対立していた飯盛にとり、自身の理想とする狂歌を集成したものとみることができる大撰集で、天明調の最後の花ともいえる。 引用元は「江戸狂歌本選集」(札幌大学図書館蔵)。
万代狂歌集

《坂東太郎》ばんどうたろう

  2冊 4巻の俳諧撰集。才丸(才麿)編。延宝 7年(1679)自序。西鶴門人だった才麿が前々年に江戸に下り、初めて出した撰集。 四季別の発句集で、800弱に及ぶ。貞門風に桃青(芭蕉)や其角などの新風が交じる。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
坂東太郎

《半日閑話》はんにちかんわ

 大田南畝の随筆。写本多く、広く流布したものであるが、「街談録」が解体再編された上に他人の文章もが混入したでっち上げ本というべきややこしいもの。 書名の命名者はおろか編者や編集意図さえ不明であり、さらに街談録は一部しか存在が知られないため、もともと街談録にあったのがどの部分かさえ、明確にならない。 活字本では25巻となるが、写本では15・16・20巻の編成が多い。引用元は「大田南畝全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《半日閑話次》はんにちかんわつぎ

 東京大学史料編纂所に蔵される「半日閑話」の写本。11冊。そのうち 6冊については、多くある「半日閑話」の写本と異なる内容を含んでおり、 巻五〜七は「街談録」を写したものと推定される。引用元は「大田南畝全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
半日閑話次

《燧袋》ひうちぶくろ

 護物著の俳諧紀行文集。 1冊。文政 7年(1824)刊。同年夏に江戸を出て軽井沢を経て信濃は佐久の葛古邸まで旅した際のもので、秋には配冊されていたらしい。 引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。
燧袋

《東山名勝(名所)図会》ひがしやまめいしょう(めいしょ)ずえ

→花洛名勝図会

《肥後集》ひごしゅう

 肥後の家集。207首を収める孤本が存するのみ。おおよその分類がなされており、自撰とみられている。 但し、金葉集以降に50首採録されているが、そのうち本集には半分も採られていない。引用元は「新編国歌大観」(石狩市民図書館蔵)。
肥後集

《肘まくら軽口噺》ひじまくらかるくちばなし

  6巻の噺本だが第 1巻しか残っていない。編者及び成立年代未詳。貸本屋が作った写本で、先行する江戸小咄本から佳作を選んで上方風に書き直したらしいものである。 引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
肘まくら軽口噺

《秘事真告》ひじまつげ

  1巻の洒落本。宝暦 7年(1757)刊。普穿山人著。大当たりとなった「浪華色八卦」の趣向である占書もじりの洒落本で、 これは顔相に引っ掛けた大坂遊里評判記。無届板行のため没収されたという。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
秘事真告

《左大辨経頼記》ひだりだいべんつねよりき

→左経記

《一口ばなし》ひとくちばなし

 美濃紙半截22枚の噺集。今井黍丸作。天保10年(1839)頃刊。濫觴及び初編から廿一編までの22枚に一口咄を並べたもの。 引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
一口ばなし

《孤松》ひとつまつ

  4冊の俳諧撰集。尚白編。貞享 4年(1687)序。元亨利貞の 4巻に春夏秋冬を配してあり、全2,502句を類題別に編んだ撰集。 近江を中心とする27か国の作者が入集し、総数307人に及ぶ。引用元は「俳書叢刊」(藤女子大学図書館蔵)。
孤松

《一目千本》ひとめせんぼん

  2巻の洒落本。里雀作か。安永 3年(1774)刊。遊女を花に見立てた細見形の評判記で、 2人ずつを対にしてある。 蔦屋重三郎が初めて出した自家版本。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
一目千本

《一宵話》ひとよばなし

 秦滄浪著の随筆。編者は牧墨僊で、画も担当し、嘗ては著者も牧墨僊とされたが、森銑三により否定された。 文化 7年(1810)の序跋がある。怪談・故事を多く含んだもので、特に蝦夷に関する記事が詳細を極めるが、 これは近藤重蔵から得た知識とみられる。話の展開が早く、随筆というより物語に極めて近い。 引用元は「日本随筆全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。「影印日本随筆集成」に影印が備わるが欠字が多く存在するため、採らなかった。
一宵話

《ひとりね》ひとりね

  2巻 2冊の随筆。柳沢淇園著。享和17年(1725)頃成立。著者が主家柳沢吉保の転封によって大和郡山に移った頃に成った書。 話題は広く、特に遊芸に関する内容が多く、若年の頃(当時21〜22歳)からの多芸多才さ、博識ぶりが窺える。引用元は「日本古典文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
ひとりね

《日発句集》ひぼっくしゅう

 几董が俳諧修業のためにつけた句稿のうちの最初のもの。明和 7年(1770)から 8年 6月までを収める。 蕪村社中の月次句会における出題に応じた句が多い。引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
日発句集

《秘密曼荼羅十住心論》ひみつまんだらじゅうじゅうしんろん

 空海撰。10巻。天長年間(824〜34)の撰述。悟りを開くまでの方途を10段階に分けて述べた書。因果善悪を弁えない状態に始まり、 最高の悟りを得るまでの向上の過程を詳述する。引用元は「日本思想大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
秘密曼荼羅十住心論

《氷室守》ひむろもり

 正章著の俳論。 4冊。正保 3年(1646)刊。「俳諧之註」を非難した重頼に対して刊行した「毛吹草」を難ずる書。 俳諧初期の論戦として貴重な価値を持つ。引用元は「俳書叢刊」(藤女子大学図書館蔵)。
氷室守

《百戯述略》ひゃくぎじゅつりゃく

 江戸風俗に精通し、維新後も生き字引として活躍した斎藤月岑の著作(稿本)。 維新後になってから東京府知事の下問に答えるためにまとめたもので、 江戸の様々な見世物について略述したものであり、一種の便覧のようなものともいえる。 引用元は「新燕石十種(国書刊行会版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
百戯述略

《百千万》ひゃくせんまん

 沾洲編の俳諧句集。 3冊。享保10年(1725)刊。享保 8〜10年に行われた百韻37巻と、諸家発句72章を併収したもの。 特に興行の時期によらず四季の花を題とし、四季別に編んである。引用元は「古典文庫」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
百千万

《百銅五舛安心》ひゃくどうごしょうあんじん

  5巻の談義本で、元文 5年(1740)刊「潜蔵子」の改題改竄本。もともと 3巻であったものを 5巻に仕立て直したので、巻二と巻四は本文の途中から始まっている。 引用元は「京都大学蔵大惣本稀書集成」(札幌大学図書館蔵)。→潜蔵子
潜蔵子・百銅五舛安心

《百登瓢箪》ひゃくなりひょうたん

  5巻の噺本。作者不詳。元禄14年(1701)刊。作者不詳。87話を収める。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
百登瓢箪

《百人袷》ひゃくにんあわせ

  1冊の俳諧様洒落本。文化年中の成立。西村定雅作。職人合が和歌によるのに対し、春の更衣を題にして俳諧によったもの。 ただし百人を謳いながら67句しかない。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
百人袷

《百人一句》ひゃくにんいっく

→元禄百人一句

《百人一首虚講釈》ひゃくにんいっしゅうそこうしゃく

 翠軒子作の百人一首戯註。 1冊。安永 4年(1775)刊。百人一首の歌意を出鱈目にこじつけた作品で、 滑稽本と噺本の中間ぐらいの内容である。引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
百人一首虚講釈

《百人一首和歌始衣抄》ひゃくにんいっしゅわかはついしょう

 山東京伝作の百人一首戯註。 1冊。天明 7年(1787)刊。「百人一首虚講釈」に倣ってこじつけ解釈を行ったもので、 百人一首虚講釈と同じく18首であるが、両者に共通する歌は 4つしかなく、解釈を同じうするのは 1つだけ、 あとはすべて京伝の独創である。しかも出鱈目な系図をも創作して重みを加えている。引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
百人一首和歌始衣抄

《百面相仕方ばなし》ひゃくめんそうしかたばなし

  2巻 2冊の噺本。土橋亭りう馬・扇好作。天保13年(1842)刊。この頃に寄席で実演されていた百面相を題材にした噺本で、 顔を大写しにした絵を中心にして文を添えたもの。37話を収める。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
百面相仕方ばなし

《百物語評判》ひゃくものがたりひょうばん

  5巻 5冊の仮名草子。山岡元隣作、山岡元恕補及び序跋。貞享 3年(1686)刊。元隣宅での百物語について、元隣が批評したものを歿後に出版したものとしている。 題簽のみ「古今百物語評判」となっているが、最終章に「百物語評判と名付給ふべし」とある。引用元は「仮名草子集成」(札幌大学附属図書館蔵)。
百物語評判

《百練抄》ひゃくれんしょう

 編者未詳、正元元年(1259)までの編年史。17巻だが 3巻までは散逸。書名は白楽天の詩「百練鏡」による。 貴族日記から引用して編纂されたらしいが、種本の明示はない。また編者自身の日記を用いたという説もある。 引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」の「百錬抄」(石狩市民図書館蔵)。
年表一年表二

《百歌撰》ひゃっかせん

  2巻 1冊の噺本。林屋正蔵作。天保 5年(1834)刊。化物咄の元祖と称された初代正蔵による長咄が 7話収められている。 引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
百歌撰

《萍花漫筆》ひょうかまんぴつ

 桃華園三千麿著の随筆。 2巻 2冊。刊年不詳。吉原の廓話を集成したもので、柳里恭や烏亭焉馬からの聞き書きや資料により、 故事来歴から名妓・男伊達の逸話までを載せる。引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
年表一萍花漫筆

《病間漫筆》びょうかんまんぴつ

 平塚善十郎茂喬著。文政 5年(1822)成。 1冊。病中に執筆した自伝というべき随筆。内容から三部に分かたれる。 最初の部分は正しく自伝といえる内容であり、自身の文学遍歴が語られる。中盤は文政 2年10月24〜28日に親類に面会するとの名目で大坂へ遊びに行った際の紀行で、 題して「浪華見物枯芦日記」。最後の部分は著者の自己分析といえる内容を盛っている。 引用元は「随筆百花苑」(藤女子大学図書館蔵)。
病間漫筆

《尾陽戯場事始》びようけじょうことはじめ

 西村海辺著。 3巻。天明 2年(1782)序。名古屋における芝居年代記であり、芝居の始めから説き起こし、明暦から元文までに及ぶ。 著者は別号を指峰堂といい、伊勢屋忠兵衛という書肆の主である。絵は連城亭玉晁の手になる。 引用元は「随筆文学選集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
尾陽戯場事始

《ひやうたん集》ひょうたんしゅう

 嘯山・賈友編の俳諧句集。明和 6年(1769)刊。 1巻。宋屋の発句275句を四季順に配列し、編者の懐旧両吟歌仙を添えたもの。 宋屋三回忌の記念集か。引用元は「天明俳書集」(札幌大学図書館蔵)。
ひやうたん集

《評判飲食狂歌合》ひょうばんいんしょくきょうかあわせ

  2巻 2冊の狂歌集。文化12年(1815)刊。六樹園(石川雅望)編。飲食物を詠み込んだ狂歌を左右に分かり、雅望が詳細な判詞を附したもの。 引用元は「江戸狂歌本選集」(札幌大学図書館蔵)。
評判飲食狂歌合

《兵範記》ひょうはんき

 平信範の日記。記録期間は長承元年(1132)から承安元年(1171)の間のうち約17年分相当で、記主自身による清書本が計52巻ある。 朝儀典礼や実務に関して実に詳細に記され、時に挿図をも入れる。真骨頂は保元の乱及び高倉天皇即位に関する記事であり、 保元物語の記事を訂することができる。さらに詔勅等々の文書類を豊富に収め、その手続きについても豊富な記事を供している。 清書には反古類を用いたため、裏文書が大変な量に及ぶことも特徴である。引用元は「増補史料大成」(北海道立図書館蔵)。
年表一

《兵部卿信範記》ひょうぶきょうのぶのりき

→兵範記

《平野弥十郎日記》ひらのやじゅうろうにっき

 江戸・東京屈指の土木請負人として、神奈川砲台や新橋−品川間鉄道工事に大きな役割を果たし、のち北海道に移住した平野弥十郎の日記。 メモを元に年ごとにまとめられたもので、また武江年表などを参照した様子もある。日次記ではなく記録風である。 恐らく子孫に残すことを目的としてであろう、明治19年に本人によって清書された。冒頭に家系が述べられ、 弥十郎の生まれた文政 6年(1823)から明治15年までの約60年に及ぶ。 引用元は「平野弥十郎幕末・維新日記(北海道大学図書刊行会版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二平野弥十郎日記

《尾籠集》びろうしゅう

 大内義隆の意に基づいて近臣が書き記したらしい壁書。16世紀半ばの成立。慎むべき不調法な振る舞いを列記し、 これによって支配者の権威づけを図ったらしい節がある。特に日常生活における振る舞いについて細かく戒めているのが特徴的である。 引用元は「続群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
尾籠集

《ひろめかり》ひろめかり

 菅江真澄が寛政元年(1789)秋に松前城下福山を出発し、函館を経由して恵山岬に至り、折り返して福山に戻るまでを記した旅日記と、 昆布刈りの道具などを記した図絵集とが一緒になったもの。もと 2巻と推測されるが、最終巻しか見つかっていない。 従って、現存するのは同年10月17日に戸井村を出発してから11月18日に福山に帰着するまでである。 引用元は「菅江真澄全集」(藤女子大学図書館蔵)。
ひろめかり

《枇杷園句集》びわえんくしゅう

 正編と後編がある。正編は文化元年(1804)序で 2冊 5巻、後編は文化 9年序で 2冊 4巻。士朗の発句集で、 正編には文化 4年歿の松兄の追悼句があり、後編は士朗本人の追悼集を兼ねる。門人の共同編集。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
枇杷園句集

《風鳶禅師語路句》ふうえんぜんじごろく

 俳諧百韻。 1巻。惟中著。延宝 7年(1679)自序。漢語や仏教語、和漢の故事などを混ぜこぜにした特異な詠みぶりである。 独吟百韻でありながら、実は98韻しかない。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
風鳶禅師語路句

《風雅己卯集》ふうがきぼうしゅう

 浪化日記の第 4部。 1冊。元禄12年の 1年間を収める。浪化日記は、越中井波の俳諧や蕉門俳士の資料として価値を持つ。 引用元は「俳書叢刊」(藤女子大学図書館蔵)。
風雅己卯集

《風雅戊寅集》ふうがぼいんしゅう

 浪化日記の第 3部。 1冊。元禄11年の 1年間を収める。浪化はほぼ越中井波に在り、そこで行った俳諧興行を記録してある。 引用元は「俳書叢刊」(藤女子大学図書館蔵)。
風雅戊寅集

《楓菌集》ふうきんしゅう

 松本愚山作。 1巻。京坂の文人の逸話を集めたもので、27編。→愚山雑稿

《楓軒偶記》ふうけんぐうき

 小宮山楓軒著の随筆。 6巻 6冊。文化 4年(1807)から 7年にかけて書き置いた雑録で、漢詩抜萃・人物伝・地名考証など300項に達する。 文化 4年 3月の大火で書籍・書留を焼失したことから、自身の備忘のために書き留めて成ったもの。引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
楓軒偶記

《風俗三石士》ふうぞくさんごくし

  2冊の洒落本。太平館胴脈(畠中観斎)作。弘化元年(1844)刊。 作者は聖護院宮の近習。「三石士」とは公家に奉公する下士を「三石三」と言ったことにより、そうした「三石三」の生活ぶりや遊びを描いた作品。 作者がまさしく「三石三」であった。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
風俗三石士

《風俗遊仙窟》ふうぞくゆうせんくつ

  4巻 4冊の談義本。克斎(寸木主人)作。延享元年(1744)頃刊か。「遊仙窟」をもじった筋立ての作ではあるが、 多量に織り交ぜられた狂文・狂詩・狂歌に読者の興がより向いたものと思われる。引用元は「京都大学蔵大惣本稀書集成」(札幌大学図書館蔵)。
風俗遊仙窟

《封の儘》ふうのまま

 秋来編の俳諧撰集。安永 7年(1778)序。前々年に歿した雪門の三回忌に際し、門人の秋来が遺族や友人の句を集めて碑前に供え、次いで出板したもの。 引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
封の儘

《風葉和歌集》ふうようわかしゅう

 20巻(現存18巻)。藤原為家撰か。文永 8年(1271)成立。約200編に及ぶ物語から1,400首に及ぶ歌を引いた文学史上唯一の物語和歌集。 大宮院(後嵯峨天皇中宮)のもとで物語の和歌が選ばれ集められ、これを撰者が命によって精選したものという。 物語が現存するのは24編にとどまり、残る170編は既に散逸している。また現存はするが途中脱落がある物語についてもその逸文を載せている場合もある点が注目される。 採録された歌数は物語の長さと内容の高低にほぼ比例しているとも考えられ、よって選歌を通した王朝物語の批評ともなっている。 引用元は「新編国歌大観」(石狩市民図書館蔵)。
風葉和歌集

《風来六部集》ふうらいろくぶしゅう

  1巻 2冊の談義本。風来山人(平賀源内)作。安永 9年(1780)森島中良序。序によると、源内が生前に刊行した 6篇の著書を収録したものという。 「放屁論」「放屁論後編」「痿陰隠逸伝」「飛だ噂の評」「天狗髑髏鑑定縁起」「里のをだまき評」から成る。 引用元は「日本古典文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
風来六部集

《風流志道軒伝》ふうりゅうしどうけんでん

  5巻 5冊の談義本。風来山人(平賀源内)作。宝暦13年(1763)刊。深井浅之進の夢に風来仙人が現れ、俗人を導けと言われる。 浅之進は羽扇を授かり、その力で諸国を遍歴した末、地元浅草に戻って松茸の形をした棒(張形の諷刺)で机を叩いて講釈をする談義僧となった。 源内本人が心酔していた浅草の談義僧深井志道軒に仮託した諷刺の書。引用元は「日本古典文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
風流志道軒伝

《風流仙婦伝》ふうりゅうせんふでん

  1冊の洒落本。時雨庵婦人(鶏田文祇)作。安永 9年(1780)序。息子と風流人とが滝野川の山中で女仙人に会い、俳諧と色道について聞くという内容。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
風流仙婦伝

《風流敗毒散》ふうりゅうはいどくさん

 「好色敗毒散」の改題本。→好色敗毒散

《風流文評判》ふうりゅうふみひょうばん

 宝暦 3年(1753)刊。「好色文伝受」の改題本。→好色文伝受

《深川大全》ふかがわたいぜん

  2冊の洒落本。山東京伝編稿、豊芥子補。天保 4年(1833)刊。題名は「古今吉原大全」に倣ったもの。 遊女の風俗について24項目(目録は37項目)の解説を施した考証的なもの。豊芥子の補筆は 7項目である。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
深川大全

《舞楽要録》ぶがくようろく

  2巻。奥書によれば東寺第24代長者覚教法眼校。建久 5年(1194)から正治 2年(1200)の間の成立と思われる。 諸法会における調子・楽・式次第を記したもので、当時の部類記や多くの公家日記を典拠としている。 引用元は「群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一舞楽要録

《福神粋語録》ふくじんすごろく

  1冊の洒落本。天明 6年(1786)刊か。森島中良作。七福神が吉原で傾城買いをする話で、黄表紙のようなおかしみを持った作品。 七節に区切っているのは七福神に因んでのこととみる説もある。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
福神粋語録

《福茶釜》ふくちゃがま

  1冊の噺本。茶楽亭序。天明 6年(1786)序。42話を収めるが、もともとは前半 7話と残りとが別の書だったらしい。 元板は不明。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
福茶釜

《福種蒔》ふくのたねまき

  2巻 1冊の黄表紙様噺本。十返舎一九作及び画(一部遠唐沖人作か)。享和元年(1801)序。一九の黄表紙仕立噺本の中では最初の作品。 19話を載せる。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
福種蒔

《福美記》ふくびき

  1巻の滑稽本。文化 4年(1807)序。紀ノ有兼(有雅亭光)作。正月の福引遊びが趣向の滑稽本で、名古屋戯作の一。 引用元は「京都大学蔵大惣本稀書集成」(札幌大学図書館蔵)。
福美記

《ふくら雀》ふくらすずめ

 寛政元年(1789)刊。「高笑ひ」の嗣足改題本で、関係分では「浅草」が載る。→高笑ひ

《袋草紙》ふくろぞうし

 藤原清輔著の歌学書。 2巻。保元 2年(1157)から 3年の成立。上巻の前半は歌合進行や撰集の故実、後半は和歌に関する説話集と神仏等の詠歌で、 下巻は歌合における作法を主とする。六条家歌学の姿勢を伝える名著である。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
袋草紙

《武家軍鑑》ぶけいくさかがみ

 古老物語の一部抜粋改題本「古今軍鑑」をさらに改題したもの。→古老物語

《武家軍談》ぶけぐんだん

 古老物語の一部抜粋改題本。→古老物語

《富家語》ふけご

 言談の聞き書き。藤原忠実談、高階仲行記。久安 7年(1151)から応保元年(1161)までに亙って258段が収められている。 有職故実に関する短い記事が多く、古事談や宇治拾遺物語にも材料を与える。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
年表一

《武家巧者咄》ぶけこうしゃばなし

 古老物語の一部抜粋改題本。→古老物語

《武家巧者物語》ぶけこうしゃものがたり

 古老物語の一部抜粋改題本「武家巧者咄」をさらに改題したもの。→古老物語

《武江披砂》ぶこうひさ

 正編 5巻と外編及び附録から成る地誌。大田南畝著。正編は寛政 2年(1790)頃の成、外編以降は文政元年(1818)成か。 「江戸砂子」に漏れた江戸の地誌をまとめたもので、正編は巻ごとに江戸・城東・城西・城南・城北という編成になっている。 引用元は「大田南畝全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
武江披砂

《藤枝集》ふじえだしゅう

→大井川集・藤枝集

《藤岡屋日記》ふじおかやにっき

 須藤由蔵の日記。現存150巻152冊。文化元年(1804)から明治元年(1868)の65年間に及ぶ、記主は古本屋で、 「お記録本屋」の異称が示すように、商売の合間に見聞したところのものを記録していた。また、逆に諸藩の記録方の武士が記主のもとに情報を求めにきていたという。 江戸市中のありとあらゆる諸々相が記された幕末社会史料の一大宝典である。引用元は、三一書房刊本(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一年表二藤岡屋日記野見宿禰

《無事志有意》ぶじしうい

  1冊の噺本。立川焉馬撰。寛政10年(1798)跋。焉馬主催の咄会における優秀作品第 3集であるが、 前年に咄会の禁止令が出たことから、宇治拾遺物語披講と称して行っている。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
無事志有意

《藤波集》ふじなみしゅう

  1巻の俳諧撰集。一存軒簪竹編。元禄 4年(1691)自跋。我黒と和及による奈良紀行や歌仙、言水立句の三吟歌仙、及び諸家の発句を収める。 引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
藤波集

《藤の実》ふじのみ

  1巻の俳諧撰集。素牛編。元禄 7年(1694)刊。編者が元禄 2年に芭蕉から贈られた「藤の実は俳諧にせん花の跡」という句に因む題号で、 これを巻頭句とし、秋冬春夏の順で蕉門俳人の発句を載せ、歌仙を各季節の末尾に据える。もし七部集に伍しても見劣りしないというほどの名編。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
藤の実

《扶桑略記》ふそうりゃっき

 私撰歴史書。神武天皇から堀河天皇の嘉保元年(1094)までの編年体史書。30巻のうち現存は16巻余。 編者は比叡山の僧皇円と考えられるが確実ではない。仏教関係の記事が主であるが、種本は現在殆どが失われている。 引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表一

《蕪村遺稿》ぶそんいこう

 「蕪村句集」に続く句集。享和元年(1801) 4月に大坂・献可堂塩屋忠兵衛が出版せんとして願出を行い、 5月27日に許可が下りたのに刊行されなかった。「蕪村句集」に載らなかった580句を収める。 引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
蕪村遺稿

《蕪村自筆句帳》ぶそんじひつくちょう

 蕪村が自撰句集として天明 3年(1783)春刊行予定で執筆していたものであるが、同年10月 2日作のものまでを載せながら本人歿して未刊に終わった。 のちに分割されたため、後代に復元が試みられており、最低でも104丁にも上る大冊であることがわかっている。 引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
蕪村自筆句帳

《蕪村句集》ぶそんくしゅう

 蕪村の句集を一周忌と三回忌に分けて刊行しようとしたうちの、一周忌向けのもの。半二・几董編。 天明 4年(1784)跋。「蕪村自筆句帳」から引いて校訂した868句を収める。蕪村句集の嚆矢であり、秀句を初めて江湖に問うたものとして意義深い集。 引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
蕪村句集

《双蝶蝶曲輪日記》ふたつちょうちょうくるわのにっき

  9段の浄瑠璃。二世竹田出雲・三好松洛・並木千柳合作。寛延 2年(1749)京都初演。濡髪長五郎と放駒長吉との達引に、 藤屋吾妻をめぐる恋の争いをからめた名作。同年に歌舞伎化もされた。引用元は「新編日本古典文学全集」(石狩市民図書館蔵)。
双蝶蝶曲輪日記

《二葉集》ふたばしゅう

  1巻の俳諧付合集。西治編。延宝 7年(1679)刊。「物種集」の続編で、宗因・西鶴一派の付合1,000を採録するが、 重出があり、「物種集」に既出のものも168と多い。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
二葉集

《冨貴樽》ふっきたる

  1冊の噺本。曼鬼武作。寛政 4年(1792)序。30話を収める。作者は山東京伝や曲亭馬琴の弟子となって戯作を発表したことがある。 30話を収める。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
冨貴樽

《物類称呼》ぶつるいしょうこ

  5巻の辞書。吾山編。安永 4年(1775)刊。全国規模の方言辞書として大正時代までを含めて最大のもの。 天地・人倫・動物・生植・器用・衣食・言語の部門に分けて550項目を配し、収めるところは4,000語に達する。 引用元は「古典資料」(藤女子大学図書館蔵)。
物類称呼

《ふでのまにまに》ふでのまにまに

 菅江真澄の随筆。文化 8年(1811)に秋田は久保田に住んでから書き始めたもののようで、文政 6年(1823)〜 7年に改めて清書したが、歿まで完成せずにしまった。 9冊。自らの読書と巡歴との経験をもとに書き溜めたもので、自筆本は行方不明で写本が伝わる。引用元は「菅江真澄全集」(藤女子大学図書館蔵)。
年表一年表二ふでのまにまに野見宿禰

《筆拍子》ふでびょうし

→摂陽見聞筆拍子

《武道継穂の梅》ぶどうつぎほのうめ

  5巻 5冊の浮世草子。石川流宣作及び画。元禄年間の刊か。15章から成る長編武家物で、姻戚間の敵討ちを内容とする。 古野・滝津両家の不和から始まり、互いに討たれ討たれする。敵討ちのための身売りなども扱われる。 引用元は「近世文芸資料」(札幌大学図書館蔵)。
武道継穂の梅

《武道伝来記》ぶどうでんらいき

 井原西鶴作の浮世草子。 8冊。仇討の史実を適当に改変して仕立て上げた短編小説集。事件の経過を淡々と叙述しているが、 歴史物語を意図したわけでもなければ武士道讃美という気もない。却って武士の論理を冷徹に観察している部分が多い。 引用元は「近世文学資料類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
武道伝来記

《夫木和歌抄》ふぼくわかしょう

 総歌集17,300首余りという巨大な私撰和歌集。藤原長清撰。延慶 3年(1310)頃の成立。勅撰集の撰者になりたい冷泉為相が、 門弟の藤原長清に蒐集を依頼して成ったものとされている。今日には伝わらない歌集からも多く採られており、散逸歌集の復元にも有力な資料となり、 万葉集からも多く採られているので訓点の解明にも貴重な資料となった。のちの「玉葉和歌集」「風雅和歌集」の資料ともなった。 引用元は「図書寮叢刊」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
夫木和歌抄

《婦身嘘》ふみのうそ

  1冊の洒落本。文政 3年(1820)成。墨之山人作。深川における遊びを「鎌倉和倉下伊蔵茂屋の楼上と見へて」「昼遊の部」「夜宵の部」「居続宵泊のだん」の 4部で描く作品。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
婦身嘘

《不夜庵歳旦》ふやあんさいたん

 不夜庵で出された歳旦帖。明和 7〜 8年(1770〜71)の太祇編歳旦と安永 5〜寛政 5年(1776〜93)の五雲編歳旦、あわせて 6編を総称して呼ぶ。 京都島原の廓中俳人・傾城の句を中心に、京都の俳人・江戸座俳人・役者の句などを広く収める。 引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
不夜庵歳旦

《文化句帖》ぶんかくちょう

 一茶句日記のうち、文化元年(1804)〜 5年のもの。日記の分量が増し、日記と句とが密接に関連するようになる。 「七番日記」と並んで一茶の最盛期を示す句帖。引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。→一茶句日記
年表二一茶句日記

《文化五年八月句日記》ぶんかごねんはちがつくにっき

 一茶句日記のうち、文化 5年(1808) 8月のもの。「文化句帖」と「七番日記」との間に挟まる断片類のうちの一つで、 「文化句帖」とは別にあったらしい句帖から散っていったもののようである。引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。→一茶句日記
年表二一茶句日記

《文化三〜八年句日記写》ぶんかさんからはちねんくにっきうつし

 一茶句日記のうち、文化 3年(1806)〜 8年のものの写本。「文化句帖」や「七番日記」のように整理されたものではなく、 草稿もしくはメモの類のようだ。引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。→一茶句日記
年表二一茶句日記

《文恭院殿御実紀》ぶんきょういんどのごじっき

 続徳川実紀のうちの家斉編。→続徳川実紀

《文昭院殿御実紀》ぶんしょういんどのごじっき

 徳川実紀のうちの家宣編。→徳川実紀

《文政九〜十年句帖写》ぶんせいくからじゅうねんくちょううつし

 一茶句日記の最後。恐らく「文政句帖」のあとも同じように句帖を書き続けたと推測されはするが、 現在のところ見つかってはいない。これは大正15年に発見された写本で、僅か160句弱しかないが、最晩年の句風を知る上で唯一の資料となっている。 引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。→一茶句日記
一茶句日記

《文政句帖》ぶんせいくちょう

 一茶句日記のうち、文政 5年(1822)〜 8年のもので、「八番日記」を直接継ぐもの。まとまったものとしては現存する最後の句帖である。 不幸に遭ったり体調を大きく崩したりしながらもなお作句量に大きな衰えを見せていない。この境遇ゆえに独白句とでも称すべき作品が目を惹く。 引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。→一茶句日記
年表二一茶句日記

《文武二道万石通》ぶんぶにどうまんごくとおし

 黄表紙。 3冊。朋誠堂喜三二作・序、喜多川行麿画。天明 8年(1788)刊。頼朝の命を受けた畠山重忠が鎌倉の大小名を文・武・糠武士(ぬらくら武士のこと)に分け、 糠武士を文か武に矯正して導く物語。寛政の改革や田沼意次らの失脚をダシにした作品。喜三二最後の黄表紙。 引用元は「日本古典文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
文武二道万石通

《平安二十歌仙》へいあんにじっかせん

 明和 6年(1769)刊の句集。嘯山・太祇・随古の編、蕪村序。 1冊。編者による三吟歌仙20巻を主とし、 諸家発句など160句を添える。個我を尊ぶ所謂「都市系蕉門」の立場で実作を示したもの。 引用元は「天明俳書集」(札幌大学図書館蔵)。
平安二十歌仙

《平安猶及録》へいあんゆうきゅうろく

  5巻 5冊。稿本。維新後に京の旧習風俗を漢文で記したもの。上田元冲著。 明治になってから、京都で行われていた年中行事が変わっていくのを慨嘆して記したものと思われる。 京の年中行事は江戸時代初期には成書が多いが、幕末の状況を記すものは少なく、貴重なものである。 引用元は「随筆百花苑」(藤女子大学図書館蔵)。
平安猶及録

《平記》へいき

 親信卿記以下、平氏一門の日記六種の総称。→行親記

《平家女護島》へいけにょごのしま

  5段の浄瑠璃。近松門左衛門作。享保 4年(1719)初演。「平家物語」に謡曲「俊寛」などを絡めた作品で、俊寛が鬼界が島に残る段だけが独立して上演されることが多い。 清盛の悪逆と悶死、源氏挙兵に至るまでを描いた大作。引用元は「近松全集(岩波書店版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
平家女護島

《平家花ぞろへ》へいけはなぞろえ

 室町時代末期成立の物語。 1巻。作者未詳。平家物語の登場人物を論評するに、花や風景にたとえて和歌を添えてなしたもの。 引用元は「室町時代物語大成」(藤女子大学図書館蔵)。
平家花ぞろへ

《平家物語》へいけものがたり

 作者・成立年次とも未詳。軍記物語の代表格。承久ごろの成立とする説が有力である。無常観を語る序に相当する部分に始まり、 平家の擡頭から全盛、源平争乱と平家没落、そして鎮魂の後日談に至る。物語本文の多様なること実に甚だしく、読み本系と語り本系に大別され、 各々にまた多数の諸本が存在する。相撲記事に限定しても諸本によって異同が甚だしいので、ここでも多数の諸本から引用する。 引用元は、延慶本:大東急記念文庫編影印本(札幌大学図書館蔵)、長門本:藝林舎刊「古典資料」(藤女子大学図書館蔵)、源平盛衰記:勉誠社刊「古典資料類従」(国立国会図書館蔵)、 四部合戦状本:相撲記事なきゆえ引用せず、源平闘諍録:和泉書院刊「内閣文庫蔵源平闘諍録」(北海道教育大学函館校図書館蔵)、 南都本:汲古書院刊「南都本・南都異本平家物語」(北海道教育大学旭川校図書館蔵)、参考源平盛衰記:「改定史籍集覧」(北海道大学附属図書館本館蔵)、 屋代本:角川書店刊「貴重古典籍叢刊」(藤女子大学図書館蔵)、平松家本:清文堂出版刊「平松家本平家物語」(札幌大学図書館蔵)、 鎌倉本:汲古書院刊「古典研究会叢書」(北海道教育大学旭川校図書館蔵)、竹柏園本:鎌倉本本文に極めて近いため独立しては採用せず(確認:「天理図書館善本叢書」(北海道大学附属図書館本館蔵))、 小城本:汲古書院刊「小城鍋島文庫蔵平家物語」(藤女子大学図書館蔵)、百二十句本漢字片仮名本:汲古書院刊「百二十句本平家物語」(藤女子大学図書館蔵)、 百二十句本平仮名本:「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)、文禄本:日本古典文学刊行会刊原装影印本(北海道大学附属図書館北分館蔵・藤女子大学図書館蔵)、東寺執行本:荒山慶一氏提供、 中院本:未刊国文資料刊行会刊「平家物語中院本と研究」(藤女子大学図書館蔵)、城方本:国民文庫刊行会刊本(藤女子大学図書館蔵)、奥村本:荒山慶一氏提供、 太山寺本:汲古書院刊「太山寺本平家物語」(藤女子大学図書館蔵)、両足院本:臨川書店刊「両足院本平家物語」(藤女子大学図書館蔵)。大前神社本:両足院本本文に近いため独立しては採用せず(確認:おうふう刊「大前神社本平家物語」(宮城県図書館蔵))、 岡山大学本:福武書店刊「岡山大学本平家物語」(藤女子大学図書館蔵)、相模女子大学本:「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)、 覚一本(高野本):「笠間影印叢刊」(藤女子大学図書館蔵)、真字熱田本:前田家育徳財団刊「真寺熱田本平家物語」(北海道大学附属図書館本館蔵)、 葉子十行本:角川書店刊「平家物語全註釈」(北海道大学附属図書館北分館蔵)、下村時房本:「日本古典全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)、京師本:入手できず、 流布本:武蔵野書院刊「昭和校訂平家物語流布本」(藤女子大学図書館蔵)、天草本:相撲記事なきゆえ引用せず。
平家物語・源平盛衰記・源平闘諍録

《平治記》へいじき

→平治物語

《平治物語》へいじものがたり

 平治の乱を描いた軍記物語。 3巻。作者未詳で、保元物語と同一ではないかと従来いわれたこともあるが、現在は否定されている。 一般に一類・二類・四類・十一類本に大別され、一類を祖形とするといわれる。二類は絵巻物で鎌倉中期、 四類は一類の増補で表現から室町時代、十一類は嚢抄からの引用があるため文安 3年(1446)以降のものである。 引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
年表一

《平洞記》へいどうき

→兵範記

《兵範記》へいはんき

→兵範記(ひょうはんき)

《秉穂録》へいほろく

 岡田新川著。 2編 4巻。寛政10年(1798)刊。和漢の書から渉猟し、誤りを訂した上で筆録してまとめた考証随筆。 興味ある史実・法制・文学などについて簡明に記している。著者は尾張藩の世臣にして、碩学として聞こえた。 引用元は「影印日本随筆集成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
秉穂録

《臍が茶》へそがちゃ

  5巻 5冊の噺本。西口舎可候作。寛政 9年(1797)刊。収められた75話は新作ばかり。個人作品集か上方咄会の傑作集かは不明である。 引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
臍が茶

《下手談議聴聞集》へただんぎちょうもんしゅう

  5巻 5冊の談義本。臥竹軒作。宝暦 4年(1754)刊。前々年刊の「当世下手談義」に漏れたものを拾い加えたと自称した作で、 同書による談義本流行に乗った作で、評判はさほど良くなかった割には売れたらしい。引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
下手談議聴聞集

《偏界録》へんかいろく

  1冊の洒落本。竜鱗作。文化 3年(1806)または文政元年(1818)成か。駿河国弥勒町の遊廓に売られた娘が女郎として成長し、 客と渡り合う姿を描く。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
偏界録

《片玉集》へんぎょくしゅう

 津村淙庵編の叢書。平安時代から江戸中期までの作品を集めて書写したもので、前集100巻後集100巻続集46巻に及ぶ。 続集も編集途上だったという。収録作品は980点。目録 3冊とあわせて249冊に上る。引用元は、国立公文書館旧内閣文庫所蔵前集写本。
年表二

《弁慶物語》べんけいものがたり

 室町時代成立の物語で、多くは 2巻。弁慶の前半生を描くものであるが、衣川における最期を描くものもあり、 また「義経記」に出る弁慶説話とはかなり異なる。引用元は「室町時代物語大成」(藤女子大学図書館蔵)。
弁慶物語

譚》へんだん

  1冊の噺本。洲翁著。文政 7年(1824)刊。漢文体笑話41話を収める。著者は越中高岡の地方文人、 5年の没した著者を記念した同門の小石元瑞が刊行したもの。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。


《篇突》へんつき

 李由・許六編の俳諧撰集。 1巻。元禄11年(1698)刊。主な季題について蕉門俳家の例を挙げながらその格式を述べ、 それぞれの題の末尾には余興の名目で諸家の発句を添える。そのあとにも俳論が続き、俳諧問答に近い内容の論を展開する。 去来の「旅寝論」は本書に対する論駁書。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
篇突

《弁内侍日記》べんのないしにっき

 弁内侍著の日記。寛元 4年(1246)正月29日から建長 4年(1252)10月13日までについて170条余りが現存するが、 後のほうになると欠脱がひどくなり、「井蛙抄」によれば現存本以降の記事も存在したことが確実視される。 明るい筆致で宮廷生活を生き生きと描くユーモラスな日記である。引用元は「新編日本古典文学全集」(市立名寄図書館蔵)。
年表二

《蓬駅妓談》ほうえきぎだん

 写本 1冊の洒落本。作者未詳。文化 2年(1805)成。三馬作「辰巳婦言」を名古屋熱田の話につくりかえたもので、 「蓬駅」とは熱田の異称「蓬が島」「蓬莱が島」による。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
蓬駅妓談

《方言雑集》ほうげんざっしゅう

 一茶自筆のいろは別方言語彙集。 1冊。仮題。晩年まで書き続けられたようだが、整理されてはおらず、重出もかなり見られる。 北信濃のものを主として一茶自身が歩いた土地のものも含まれ、「物類称呼」からただ引いたものもあるが多種多様の書物から用例を引いてあり、 勉強家ぶりが窺える。引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。
方言雑集

《保建大記》ほうけんたいき

 保安 4年(1123)〜建久 3年(1192)までの政治に関する史論。栗山潜鋒著。享保元年(1716)刊。 儒教の視点から院政末期・武家政治成立の動乱を論評し、もって正しい政治と道徳の実践を求めた書。 引用元は「日本思想大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一

《法成寺摂政記》ほうじょうじせっしょうき

→御堂関白記

《豊蔵坊信海狂歌集》ほうぞうぼうしんかいきょうかしゅう

  1冊の狂歌家集。豊蔵坊信海作。延宝元年(1673)成。山城石清水八幡宮の社僧で、書にも俳諧にも通じた作者の狂歌集で、 江戸への往来中に詠んだ歌なども多くある。725首を収めるが、うち 1首は重複している。引用元は「狂歌大観」(藤女子大学図書館蔵)。
豊蔵坊信海狂歌集

《放屁論》ほうひろん

→風来六部集

《放屁論後編》ほうひろんこうへん

→風来六部集

《宝物集》ほうぶつしゅう

 平康頼著。仏道の手引きとして長期に及び影響を与えた仏道物語。鎌倉時代初期の作品。一巻本・三巻本・七巻本の三形態があり、 一巻本を原型とし、三巻本・七巻本は著者本人の増補とみられる。四部に分けることができ、鬼界ヶ島から帰京した男が清涼寺釈迦堂に赴くのが第一部。 その後はこの男の聞き書きという形態で進む。二部は隣室で釈迦像将来の縁起を聞く。三部ではこの世の宝物について議論するのを聞く。 四部で仏法こそが至高の宝物であると僧が徹夜して語り、退去するまでを扱う。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
宝物集

《蓬莱抄》ほうらいしょう

 藤原重隆著。 1巻。成立年次不詳。殿上人の服務や公事での作法について記した書。蓬莱とは内裏のことであるが内容にそぐわず、 一名として記された「非職事雲客所役秘抄」が原題であるという説もある。引用元は「群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
蓬莱抄

《宝暦現来集》ほうりゃくげんらいしゅう

 山田桂翁著。21巻。宝暦から天保までの約70年間における江戸の街談巷説をまとめて一書としたもの。 天保 2年(1831)成。著者は駒込に住し、陀仏と号した。引用元は「続日本随筆大成」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
年表二

《帆懸舟》ほかけぶね

  1巻の俳諧撰集。松笛編。元禄 4年(1691)跋。来山・一笑・芭蕉・信徳・言水といった諸家の発句や連句を収める。 引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
帆懸舟

《北越雪譜》ほくえつせっぷ

 鈴木牧之著の随筆。 2編 7冊。初編天保 8年(1837)、二編12〜13年刊。越後は魚沼を中心とする地誌的記録、伝説、歴史、民俗を随筆風に述べる。 後刷で多くの補訂がなされている。引用元は後刷本を底本とした「鈴木牧之全集」(札幌大学図書館蔵)。
北越雪譜

《北山抄》ほくざんしょう

 藤原公任撰の儀式書。10巻。各巻成立の事情を異にするが、長和から寛仁の頃に成ったと思われる。 日記・記録類を基本としながら諸書を参照してつくられた儀式の基本資料である。成立後に加えられた多数の裏書もまた貴重なものである。 引用元は「尊経閣善本影印集成」(藤女子大学図書館蔵)で、国宝たる古写本で本文を立てたが、裏書については永正本に拠り(括弧書きにてその旨注す)、 校訂活字本の善本たる「神道大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)を参照した。
年表一北山抄野見宿禰

《墨水消夏録》ぼくすいしょうかろく

 伊東蘭洲著。 3巻。江戸の地理や墳墓の話、または人物の伝記を記したもの。日本橋に始まってお七の墓で終わる。 従って、分類としては地誌とするのが妥当であろう。引用元は「燕石十種(国書刊行会版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
墨水消夏録

《ほく帖巻の四》ほくじょうまきのし

 几董句稿の 4冊目。安永 3年(1774)夏より 4年冬までの分である。各種撰集へ入集した句が数多く含まれる。 引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
ほく帖巻の四

《北辺随筆》ほくへんずいひつ

 富士谷御杖著の随筆。初篇 4冊。文政 2年(1819)刊。父富士谷成章以来の国学研究において発見された事柄について考証した随筆。 二篇についてもある程度進行していたらしい。引用元は「新編富士谷御杖全集」(藤女子大学図書館蔵)。
北辺随筆

《戊戌之句帖》ぼじゅつのくじょう

 几董句稿の 7冊目。安永 7年(1778)正月より始まるが、目を患って 7月 9日で止まる。蕪村と出た兵庫紀行が特に貴重。 引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
戊戌之句帖

《北隣記》ほくりんき

→兵範記

《北華通情》ほっかつうじょう

  1冊の洒落本。春光園花丸作。寛政 6年(1794)刊。上方における洒落本隆盛を示すもので、鷺見屋淇楽の作品とともにブームを担った 4作品の一つであるが、 刊行翌年に絶板を申し渡され、板木も残本も処分させられた。板下は都賀庭鐘の最後の筆とされる。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
北華通情

《発句集巻之三》ほっくしゅうまきのさん

 几董句稿の 3冊目。 2冊目は散佚して伝わらない。安永 2年(1773)歳旦より 3年 4月までの分である。 引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)であるが、墨抹の範囲は「天理図書館善本叢書」(北海道大学附属図書館本館蔵)によった。
発句集巻之三

《北国奇談巡杖記》ほっこくきだんじゅんじょうき

 鳥翠台北亦。 5巻。著者は加賀の著名な俳人であった希因の孫。故郷の加賀から越前に至るまでを遊歴して旧跡を訪れ、 見聞を書き留めたもの。従って地誌とも案内書とも言える随筆である。挿図には松堂の号があり、京都の村上茂篤のことかとも考えられる。 脱稿は文化 3年(1806)、刊行はその翌年。引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
北国奇談巡杖記

《仏相撲》ほとけずもう

 近江国膳所の八幡における神事相撲を題材とした謡曲。近世の作品とみられる。 引用元は「古典文庫」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
仏相撲

《骨書》ほねがき

 李雨編の俳諧撰集。 2冊。天明 7年(1787)刊。樗良・青蘿の両吟歌仙 7巻と青蘿門を中心とする俳人の発句を収める。 歌仙は安永元年(1772)に樗良が青蘿の庵を訪ねた際のもので、これを樗良の七回忌に合わせて出版した。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
骨書

《堀河院後度百首》ほりかわいんこうどひゃくしゅ

→永久百首

《堀河院次郎百首》ほりかわいんじろうひゃくしゅ

→永久百首

《堀河左府記》ほりかわさふき

→水左記

《堀河後度百首》ほりかわこうどひゃくしゅ

→永久百首

《堀河次郎百首》ほりかわじろうひゃくしゅ

→永久百首

《堀川太郎百首題狂歌集》ほりかわたろうひゃくしゅだいきょうかしゅう

  2冊の狂歌撰集。文化 9年(1812)刊。六樹園(宿屋飯盛)撰。「立春」から「述懐」までの100の題で詠まれた狂歌1,821首を載せた撰集で、 葛飾北斎ら 8人の手になる 9つの挿図が興趣を添える。引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
堀川太郎百首題狂歌集

《本朝月令》ほんちょうがつりょう

 現存最古といわれる年中行事書。延喜10年(910)頃の成立。惟宗公方撰。もとは 4巻とも 6巻ともいうが、現在は 4〜 6月分の 1巻のみ残る。 恒例行事の起源・沿革を記したものであるが、公方自身の文はなく、全て引用である。弘仁式・貞観式からの引用が非常に多く、 現在伝わらない逸文を多数含む。引用元は「群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一本朝月令

《本朝月令》ほんちょうげつれい

→本朝月令(ほんちょうがつりょう)

《本朝語園》ほんちょうごえん

 10巻12冊の説話集。孤山居士序。宝永 3年(1706)刊。一条兼良作「語園」、浅井了意作「新語園」に続く説話集。 前 2作は漢籍から採っているが、本書は「本朝」の名が示すように和籍に材を採り、549話を分類の上で収める。 典拠は史書・古記録から医書や美術書にまで及び、編者の博覧強記ぶりが想像される。引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
年表一年表二本朝語園野見宿禰

《本朝世紀》ほんちょうせいき

 信西(藤原正憲)著。巻数不定。鳥羽天皇の下命により、六国史の後継を目指し久安 6年(1150)から編修が始まったが、殆ど未定稿のまま終わった。 現在残っている記事は断続的ながら承平 5年(935)から仁平 3年(1153)までに亙る。 引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)で、巻数もこれに従う。但し十四・十八巻は各々権記と小右記であり、 八・九・十九巻も疑われている。
年表一

《本朝続文粋》ほんちょうぞくもんずい

 「本朝文粋」の続編に当たる漢文模範例文集で、当時の漢文壇における趨勢を窺いうる資料。13巻。 寛仁 2年(1018)から保延 6年(1140)までの2,312編を集める。撰者は藤原季綱と「本朝書籍目録」にあるが、 康和 4年(1102)までに没しているのであり得ず、未詳。内容の不統一性から、編纂途中で放擲されたようだ。 引用元は内閣文庫刊複製(北海道大学附属図書館本館蔵)で、他本との校合はせず、引用元にある傍書も採らなかった。
本朝続文粋

《本朝二十不孝》ほんちょうにじゅうふこう

 井原西鶴作の浮世草子。 5巻 5冊。刊記は貞享 3年(1686)11月で、自序は翌年正月。綱吉治世の孝道奨励政策のもとで、 孝行関係の書籍が多数出版される時世において、逆に不孝者の話を20話集め、「孝にすゝむる一助ならんかし」としたものである。 西鶴雑話ものの傑作の一。引用元は「近世文学資料類従」(藤女子大学図書館蔵)。
本朝二十不孝

《本朝文集》ほんちょうぶんしゅう

 徳川光圀の命令により彰考館で編集された文集。80巻。元来「本朝詩文集」として編まれ、後に分離した。 仮完成は貞享 3年(1686) 8月で、その後も補訂作業が行われたが途中で止まったらしい。日本人によって書かれた漢文による文書をあつめたもので、 神武天皇に始まる600人余の文章、その数3,000有余篇が収められている。引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表一

《本朝文粋》ほんちょうもんずい

 14巻の漢詩文集。藤原明衡編。平安朝後記の成立。収める詩文は427編、弘仁から長元年中(810〜1037)に及ぶ。 宋の「唐文粋」に倣って編まれたもので、文章作成の参考書たらんを期したと考えられ、現代の目から平安期の文章を概観することもできる大著である。 引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
本朝文粋

《本朝文選》ほんちょうもんぜん

 許六編の俳文集。10巻 5冊(初版は 9冊)。宝永 3年(1706)刊。蕉門の俳文を集めた俳文集としては初めてのもの。 116篇の俳文を分類して収める。和漢混淆文で、雅俗折衷体をなしたものが多い。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
本朝文選

《本福寺跡書》ほんぷくじあとがき

 本福寺の 6代目明誓の著。堅田及び三上家の由緒、本願寺への忠誠及び後の圧迫について記し、子孫への教えとしたもの。 本福寺には 5代目明宗の「本福寺由来記」に始まる記録が存し、戦国時代における史実のみならず、 庶民の生活ぶりも含まれることによる高い史料価値をもって知られている。引用元は「日本思想大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
本福寺跡書
前画面に戻る