解題・ナ行
《長唄馬歌集》ながうたばかしゅう

 西村定雅作の滑稽本。 1巻。文政 7年(1824)刊。狂歌集「古今馬歌集」の姉妹編で、長歌と狂文によったもの。 引用元は「江戸文学新誌」(藤女子大学図書館蔵)。
長唄馬歌集

《中臣祐明記》なかとみのすけあきき

 現存する春日社家日記のうち 3番目に相当する日記。建久 4年(1193)・ 8年・ 9年・承元 2年(1208)〜 4年分のみが残る。 写本のみ 3冊。記主は建久 3年から嘉禄 2年(1226)まで若宮神主であった。引用元は「増補続史料大成」所収「春日社記録」(藤女子大学図書館蔵)。→春日社家日記
年表二

《中臣祐賢記》なかとみのすけかたき

 現存する春日社家日記のうち 5番目に相当する日記。文永元年(1264)〜弘安 3年(1280)までのうち13年分の原本13冊がある。 正嘉元年(1257)から歿年の弘安 5年まで若宮神主。引用元は「増補続史料大成」所収「春日社記録」(藤女子大学図書館蔵)。→春日社家日記
年表一年表二

《中臣祐定記》なかとみのすけさだき

 現存する春日社家日記のうち 4番目に相当する日記。寛喜元年(1229)〜仁治 2年(1241)までのうち 6年分の原本 6冊と、寛元 4年(1246)の写本とが残る。 嘉禄 2年(1226)から正嘉元年(1257)まで若宮神主。引用元は「増補続史料大成」所収「春日社記録」(藤女子大学図書館蔵)。→春日社家日記
年表二

《中臣祐春記》なかとみのすけはるき

 現存する春日社家日記のうち 6番目に相当する日記。弘安 6年(1283)〜正和 2年(1313)までのうち20年分が残る。 このうち原本は18冊ある。弘安 5年から正和 2年まで若宮神主。引用元は「増補続史料大成」所収「春日社記録」(藤女子大学図書館蔵)。→春日社家日記
年表二

《中御門右府記》なかみかどゆうふき

→中右記

《梨園》なしのその

 貞佐編の俳諧追善集。 4巻。享保20年(1735)刊。其角の二十五回忌にあたって、「句兄弟」の続編たらんを意図したもの。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
梨園

《夏秋集》なつあきしゅう

 太祇編の俳諧撰集。 2巻。宝暦 7年(1757)刊。編者が宝暦 6年に江戸に下った折の紀逸らとの付合や発句などを載せ、 2年の西国紀行を併せたもの。 引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
夏秋集

《夏木立》なつこだち

 雲鼓編の俳諧笠附集。 1巻。元禄 8年(1695)刊。同年初夏に初めて行われた烏帽子附の夜会が繁昌し、 遂に一書を成すに至ったという。引用元は「俳書叢刊」(藤女子大学図書館蔵)。
夏木立

《夏祭浪花鑑》なつまつりなにわかがみ

 世話物の浄瑠璃。 9段。並木千柳・三好松洛・竹田小出雲の合作。延享 2年(1745)初演。男伊達団七が舅を殺した実説を取り入れた「団七物」の代表作。 延享元年に起こったという堺の魚売りによる殺人事件も取り入れられる。引用元は「日本古典文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
夏祭浪花鑑

《夏山閑話》なつやまかんわ

→夏山雑談

《夏山雑談》なつやまざつだん

  5巻。著者は平直方・小野武格・小野高尚説があるが未詳。寛保元年(1741)序。有職故実の考証が 704項ある。 序文が「大鏡」序文の体裁を借りており、題名が「大鏡」の夏山繁樹によるものと考えられる。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
夏山雑談

《夏より》なつより

 蕪村社中の月次句会記録のうち、最も古いもの。明和 3年(1766) 6月 2日から 7年 9月26日まで、全40回分の記録である。 太祇の筆録になるか。引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
夏より

《七柏集》なながしわしゅう

  3巻 4冊の俳諧撰集。蓼太編。天明元年(1781)刊。冒頭に貞門から「炭俵」までの俳風の変化を示し、 以後は100余巻に及ぶ歌仙を 4冊に収める大撰集である。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵・巻一のみ)。
七柏集

《七小町》ななこまち

 時代物の浄瑠璃。 5段。竹田出雲作。享保12年(1727)竹本座初演。 7つの小町伝説、 即ち草子洗小町・雨乞小町・百夜通小町・卒塔婆小町・鸚鵡小町・関寺小町・玉だれ小町を題材とした作品。 引用元は「叢書江戸文庫」(北海道大学大学院文学研究科冨田教授蔵)。
七小町

《名なし草紙》ななしそうし

 竹里編の俳諧撰集。 1冊。文化 9年(1812)刊。編者が諸国を廻った際に集めた作品を一書となしたもの。 引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。
名なし草紙

《浪華色八卦》なにわいろはっけ

  1冊の洒落本。外山翁(松田ばく)作。宝暦 7年(1757)刊か。算木の代わりに簪を用いた 8種の卦体に計22ヶ所の遊里を配し、 それぞれの風俗人情を説いた、占書をもじった体裁の大坂遊里評判記。「浪花今八卦」「浪花今いま八卦」といった追従作を生んだ元祖。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
浪華色八卦

《難波江》なにわえ

 岡本保孝著の随筆。 7巻14冊。成立年未詳。各冊20章ずつで、言語考・人物の履歴・故実に関するものを主とした考説を、 特に順序立てることなく編んだもの。江戸時代最後を飾る優れた大考証随筆である。引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
年表一

《難波鑑》なにわかがみ

  6巻 6冊の仮名草子・地誌。一無軒道冶作。延宝 8年(1680)刊。大坂及びその周辺にある寺社での神事・仏事と、 市中における年中行事を、日づけ順に叙述したもの。引用元は「近世文学資料類従 古板地誌編」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一難波鑑野見宿禰

《難波風》なにわかぜ

  2巻の俳諧句集。旨恕編。延宝 6年(1678)自序。「草枕」の追加として編集されたもので、百韻10巻と歌仙 1巻を収める。 百韻10巻は花と月とを交互に立句としたもので、十百韻とする目的が最初からあったようである。引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
難波風

《浪花見聞雑話》なにわけんぶんざつわ

  1冊の雑話集。著者未詳。正保から文化までの大坂における巷談を集めたもの。奥書に文化14年(1817)とある。 殊に見世物に関する記事が多く、当時の狂歌師・絵師などの逸話には貴重なものがある。引用元は「随筆百花苑」(藤女子大学図書館蔵)。
年表二浪花見聞雑話

《浪花古今珍奇談》なにわここんちんきだん

→浪花見聞雑話

《浪速住》なにわずみ

 江涯編の俳諧撰集。天明元年(1781)序。四季順に歌仙と発句を収めてあり、蕪村やその門人の句も入る。 江涯は諸国を歩いた俳人で、当時は大坂に住んでいたという。引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
浪速住

《浪速烏梅》なにわのうめ

 文化 2年(1805)刊。十返舎一九作の読本「挟夫湊花」の原題。→挟夫湊花

《難波噺》なにわばなし

  2編10巻の随筆。池田正樹著。明和 6年(1769)11月 4日に江戸を発ってから、安永 3年(1774)12月に至るまでの大坂滞在記。 大坂の名所旧跡から見世物に至るまで、さまざまな見聞を書き留めてある。木村蒹葭堂と特に親しく、その記事が貴重であろう。 引用元は「随筆百花苑」(藤女子大学図書館蔵)。
年表二

《浪華百事談》なにわひゃくじだん

  9巻の随筆。著者未詳。明治28年成立。著者は天保初年に現在の大阪市東区に生まれたという。従って天保以後の記事については自らの見聞による記事が多くなり、 もって幕末大坂の風俗史料となす。さながら大坂事典の体をなし、沿革・巷説・逸事などありとあらゆる事項を書き連ねる。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
年表二浪華百事談

《難波曲》なにわぶり

  1巻の俳諧撰集。元禄 4年(1691)自序、 5年刊。自問編。もとは益友が編するはずだったが中途で放置されていたもの。 これを編者が請い受け、増補の上で出版した集。書名は巻頭句「霜の芦さぞからびけむ難波曲」によりながら、言水編「都曲」に対抗したものとも思われる。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
難波曲

《浪花方言》なにわほうげん

 浪花言葉をいろは順に並べて説明した辞書。 1冊。著者未詳。文政 2年(1819)頃の執筆。当時の浪花弁660語について説明をするが、 詳細なものからあっさりしたものまで区々である。引用元は「日本古典全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)所収「浪花聞書」。
浪花方言

《楢の杣》ならのそま

  5巻 8冊の万葉集注釈書。上田秋成著。寛政12年(1800)成。もともとは中納言正親町三条公則に献呈するために同年 4月起稿したが、 公則は 9月に歿した。そのためか巻五で終わっている。引用元は「上田秋成全集(中央公論社版)」(北海道大学附属図書館本館蔵・中絶)。
年表一

《南留別志》なるべし

 荻生徂徠著の随筆。 5巻。元文元年(1736)に刊行された「可成記」 3巻が杜撰な偽刻だったために、 宝暦12年(1762)に改めて出版された。各項末尾が「…なるべし」であるからこの書名がある。制度・訓詁・詩歌などについて考証を加えたもので、 江湖に広く迎えられ、注釈書や批判書も多く出た。引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
南留別志

《南駅夜光珠》なんえきやこうのたま

 写本 1冊の洒落本。彙斎主人こと石橋庵真酔作。文化 4年(1807)成。作者は名古屋の戯作者、南駅は熱田のこと。 熱田伝馬町の「玉屋」なる店を舞台にした作品。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
南駅夜光珠

《南向茶話》なんこうちゃわ

  2巻の地誌。酒井忠昌著。上巻は「問曰」「答曰」の体裁による22条で、寛延 4年(1751)頃の成立、 下巻は「追考」と題した51条で明和 2年(1765)の奥書があるという。江戸の地誌についての考証と伝聞を記す。引用元は「燕石十種(国書刊行会版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
南向茶話

《男色大鑑》なんしょくおおかがみ

 井原西鶴作の浮世草子中、最も大部の作品。当初 8巻20冊、のち 8巻 8冊。貞享 4年(1687)刊。前半 4巻で武家の若衆を、 後半 4巻で歌舞伎役者の若衆を取り上げる。女色を取り上げた諸艶大鑑と対をなす、男色文芸の最高峰とされる作品である。 引用元は「近世文学資料類従」(藤女子大学図書館蔵)。
男色大鑑

《南総里見八犬伝》なんそうさとみはっけんでん

 曲亭馬琴作の読本。全 9輯106冊。文化11年(1814)〜天保13年(1842)刊。仁義八行の一字を刻んだ珠を持つ八犬士が里見家の再興に力を尽くす物語。 勁くしてリズムに富む文体と著名絵師による挿図で読者に迫る、雄大且つ華麗な伝奇小説の雄編で、日本文学史上最大のロマン小説といえる。 引用元は「岩波文庫」(引用者蔵)。
年表一年表二南総里見八犬伝野見宿禰

《南朝大平記》なんちょうたいへいき

 写本 1冊の洒落本。文政 6年(1823)成か。五葉舎作。伊勢は津の洒落本らしく、当時津の北町と南町とに遊廓があってそれらを対比する表現もあるが、 だからといって津に特有の何かしらが描かれているわけでもない、さほど質の高くない作品という。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
南朝大平記

《南蛮銅(鉄・金・鏡)後藤目貫》なんばんがねごとうのめぬき

 時代物の浄瑠璃。 5段。並木宗輔作か。享保20年(1735)大坂豊竹座初演。時代設定は南北朝時代だが、 実は大坂落城の史実に近く、後藤兵衛を中心に描いたものではあるが、尊氏(実際は家康)を狙撃する内容があるためにすぐに上演を禁じられた。 引用元は「叢書江戸文庫」(北海道大学大学院文学研究科冨田教授蔵)。
南蛮銅後藤目貫

《南瓢記》なんぴょうき

  5巻 5冊。枝芳軒著。寛政10年(1798)刊。陸奥の船「大乗丸」が寛政 6年に房州沖で難破して安南に流れ着き、乗組員はマカオに送られて翌年暮れに長崎に帰国した。 この乗組員の安南・広東における見聞を記したもので、南瓢道人という通力を持つ老人の夢物語という体裁を取る。 刊行翌年に出版禁止となった。著者は京の書肆。引用元は「叢書江戸文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
南瓢記

《南北二京霊地集》なんぼくにきょうれいちしゅう

  2巻の仏教書。良定(袋中)著。寛永元年(1624)成。大和や山城を中心に、各寺の縁起・伝説を諸書から引いて述べたもの。 所在地や位置関係に関する情報がなく、地誌とはいえない。引用元は「近世文学資料類従 古板地誌編」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
南北二京霊地集

《南畝集》なんぼしゅう

 20巻(但し巻十と巻十一は散逸)の漢詩集。大田南畝作。明和 8年(1771)から文政 5年(1822)までに作った漢詩を書き留めたもので、 およそ4,000首ほどが収められている。南畝自身は早く明和 3年頃から漢詩をつくっているが、本集は南畝の漢詩をほぼ全て通覧できるといえる。 引用元は「大田南畝全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
南畝集

《南遊記》なんゆうき

  5巻 5冊の洒落本。寛政12年(1800)刊。最一拳六作。大坂南の花街を描いた作品で、各巻に 1話ずつを配し、それぞれに落ちがある。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
南遊記

《新かた後の月見》にいがたのちのつきみ

  1冊の洒落本。文政 2年(1819)刊。鍋輔作か。新潟に八百八後家の名があるのに目をつけ、多様なあだ名をつけて短評を附した作品である。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
新かた後の月見

《濁里水》にごりみず

  3巻の洒落本。稚笑子こと伊勢屋忠兵衛作。安永元年(1772)跋。名古屋は熱田伝馬町の地誌と遊女評判記とを兼ねた作品。 写本でのみ伝わる。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
濁里水

《錦木雑葉集》にしきぎざつようしゅう

 仮題。菅江真澄が旅中に筆を執った図絵をまとめて 1冊にしたもの(毛内茂幹の画が 2葉ある)だが、菅江真澄自身による表装ではないとされる。 内容は文化 8年(1811)以前のもので、のち天保 3年(1832)に菅江真澄の墓碑が建ったさいに形見分けされたものと見られる。 引用元は「菅江真澄全集」(藤女子大学図書館蔵)。
野見宿禰

《織錦舎随筆》にしごりのやずいひつ

 村田春海著の随筆。和歌を中心とし、国学・有職・修辞に関する考証が多い。雑文を後にまとめたものとも考えられ、それは著者歿後のことかともいう。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)であるが、抄本である。もとは 2巻。
織錦舎随筆

《仁勢物語》にせものがたり

 仮名草子。 2巻 2冊。著者未詳。挿図の様式や島原の乱に関する言及からみて、寛永年間の刊(それより早い写本あり)。 伊勢物語の全ての段を逐語的にパロディー化したもので、挿図も板本伊勢物語の構図を借りている。 庶民の生態が活写されたり、遊廓の様子が描かれたりという、まさに風俗小説の感がある。引用元は「日本古典文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
仁勢物語

《日本永代蔵》にっぽんえいだいぐら

 井原西鶴作の浮世草子。 6巻 6冊。貞享 5年(1688)刊。成功して蔵を建てた金持ちの話を主に収めた、西鶴町人ものの第 1作にして代表作。 但し全てを成功談とするのではなく、一部に失敗談も収めて反面教師の役割を持たせる。 引用元は「近世文学資料類従」(藤女子大学図書館蔵)。
日本永代蔵

《日本逸史》にほんいっし

 延暦11年(792)から天長10年(833)までの記録を「類聚国史」・「日本紀略」・「類聚三代格」・「令集解」・「政事要略」・「公卿補任」などから集め、出典を明示して編年体に配列した史書。 散逸した「日本後紀」の復元を目的として鴨祐之が編纂。40巻。元禄 5年(1692)成立、享保 9年(1724)刊行。 引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表一野見宿禰

《日本紀略》にほんきりゃく

 神代から後一条天皇までの編年体の歴史書。日本後紀の欠失部分を窺えるのみならず、六国史以降の基本史料として高い価値を持つ。 逆に神代は後人の追補と見られる。成立年次・編者ともに不詳。引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表一野見宿禰

《日本後紀》にほんこうき

 続日本紀に次ぐ、六国史の 3番目。藤原緒嗣ほかの編。承和 7年(840)の成立。延暦11年(792)から天長10年(833)までを40巻に亙って編年体で叙述していたが、 現存するのは僅か10巻に過ぎず、淳和天皇紀は現存皆無である。人物伝の詳細さや収載和歌の多さが特徴である。 引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表一

《日本国現報善悪霊異記》にほんこくげんぽうぜんあくりょういき

→日本霊異記

《日本三代実録》にほんさんだいじつろく

 六国史の最後。藤原時平・菅原道真・大蔵善行らの編。延喜元年(901) 8月に奏上された。清和・陽成・光孝天皇の天安 2年(858) 8月から仁和 3年(887) 8月までを収める。 50巻。現行伝本は永正12年(1515)から大永 4年(1524)までに三条西実孝・公条が書写したものであり、一部に省略などがある。 六国史の中で記事が最も詳細で正確とされる。引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表一野見宿禰

《日本書紀》にほんしょき

 神代から持統天皇11年(697) 8月までを記した歴史書で、舎人親王らの撰。30巻の他に系図が 1巻あったが現存しない。 天武天皇10年(681)から編纂が始まり、養老 4年(720) 5月21日に完成。日本最古の官撰正史である。 天皇の絶対権力の由来を跡づける意図による記事の潤色はあるが、持統天皇朝までの唯一の史料にして根本資料である。 引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表一野見宿禰

《日本政記》にほんせいき

 神武天皇から後陽成天皇に至る、漢文による編年体歴史書。頼山陽著。16巻。著者生前には完成せず、門人が補足したのであるが、 異版がいくつか出ている。記事の間に儒家の立場から見た史論を挟む。父頼春水が果たせずにしまった修史の業を継ぐものである。 引用元は「日本思想大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一野見宿禰

《日本武士鑑》にほんぶしかがみ

  5巻 5冊の浮世草子。椋梨一雪作。元禄 9年(1696)刊。前 3巻が敵討、後 2巻が孝行の話に分けられ、諸国咄の形をとっている。 序文で西鶴「武道伝来記」を難じていることでも知られる。引用元は「仮名草子集成」(札幌大学図書館蔵)。
日本武士鑑

《日本文徳天皇実録》にほんもんとくてんのうじつろく

 続日本後紀に次ぐ 5番目の勅撰正史。文徳天皇一代の嘉祥 3年(850) 2月から天安 2年(858) 8月までを収録。 藤原基経・都良香らの編。元慶 3年(879)の成立。10巻。人物伝が多く政治の記事が少ない。現行写本は永正12年(1515)に三条西実隆が筆写したものを源流とする。 引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表一

《日本輿地新増行程記大全書込》にほんよちしんぞうこうていきたいぜんかきこみ

 安永 2年(1773)に出板された折り畳み式日本全図の余白(上部と裏面)に一茶が書き込んだ雑録。享和末年から始められたようだが、 文化15年(1818)というのもある。多くは民間療法に関する覚書である。引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。
日本輿地新増行程記大全書込

《日本霊異記》にほんりょういき

 薬師寺の僧である景戒の撰。仏教が日本に伝わって以降の日本での仏教説話を116縁集めたもので、弘仁年間(810〜24)の末頃に成立したと見られる。 正しい題名は「日本国現報善悪霊異記」という。因果応報の理が直截的に表現された話を多く含むのが特徴である。 引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
日本霊異記

《にやんの事だ》にゃんのことだ

  1冊の洒落本。止動堂馬呑作。天明元年(1781)刊か。本所にあった岡場所、俗称「猫茶屋」での遊びを描いたもの。 そこの遊女を猫と称したという。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
にやんの事だ

《入安狂歌百首》にゅうあんきょうかひゃくしゅ

→入安百首

《入安百首》にゅうあんひゃくしゅ

  1巻の狂歌。入安作。中院通勝批点及び評詞。慶長15年(1610)以前の成立か。「雄長老詠百首」の追随作で、より自由な歌題で詠んでいる。 寛政 2年(1790)に大坂の増田屋からの出版が企図されたが、実現したかどうかは疑わしい。引用元は「狂歌大観」(藤女子大学図書館蔵)。
入安百首

《庭竈集》にわかまどしゅう

 越人編の俳諧撰集。 2巻。享保13年(1728)刊。上巻は故事に基づく発句、下巻は四季発句と歌仙 7巻を収める。 特に上巻の部立は「聖君」「賢臣」などの独特なものである。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
庭竈集

《にはくなぶり》にわくなぶり

 淡々編の俳諧撰集。 1冊。享保 2年(1717)刊。巻頭に淡々独吟百韻 1巻を載せ、文章 6篇を添えたもの。 恋句を中心として種々の趣向を凝らした撰集。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
にはくなぶり

《人間一心覗替繰》にんげんいっしんのぞきがらくり

 式亭三馬作の黄表紙。 1巻。寛政 6年(1795)刊。神田八丁堀在の式田屋馬二郎が異人から望遠鏡に似た「腹明鏡」をもらい、 それで人の心中を覗き見た話。三馬19歳の黄表紙第 2作。引用元は「叢書江戸文庫」(北海道大学大学院文学研究科冨田教授蔵)。
人間一心覗替繰

《人間万事虚誕計》にんげんばんじうそばっかり

 滑稽本。初編は式亭三馬作で 1冊。文化10年(1813)刊。後編は滝亭鯉丈作で 2冊。天保 4年(1832)刊。 人間のうわべを「虚」とし、本心である「まこと」と対照できるようにして、人間の心中を物真似の手法で活写する。 後編は初編の手法を継承してはいるが平板。引用元は「叢書江戸文庫」(北海道大学大学院文学研究科冨田教授蔵)。
人間万事虚誕計

《仁和寺王代記》にんなじおうだいき

→東寺王代記

《仁和寺諸記抄》にんなじしょきしょう

 仁和寺蔵の各種文献からの抜粋を収めたもの。 1巻。計10種の文献から成る。ここに採った「年中行事抜萃」は秋の行事に註を加えたものであり、 鎌倉中期のものと思われる。引用元は「続群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
仁和寺諸記抄

《根合》ねあわせ

  1巻の俳諧撰集。昨非編。元禄 3年(1690)刊。大坂の俳人らによる連句 8巻と発句70句ほどを収める。 引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
根合

《寐ぬ夜のすさび》ねぬよのすさび

 文政 5年(1822)から弘化 3年(1846)までの見聞を年月順に記した随筆。片山賢著。 4巻。 江戸市中の巷談の記録であり、貴重な風俗史料となっている。引用元は「新燕石十種(国書刊行会版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二寐ぬ夜のすさび

《寐ものがたり》ねものがたり

 江戸後期の雑俳作者の逸聞を多く伝えるエピソード集。従って、俳句研究者にとっては注目すべき好資料である。安政 3年(1856)序。 鼠渓の著だが、著者の何人たるかは判然とせず、藩中の馬役等に関わる人であろうという推測がなされるのみである。引用元は「続日本随筆大成」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
寐ものがたり

《年中行事》ねんちゅうぎょうじ

→賀茂本年中行事

《年中行事歌合》ねんちゅうぎょうじうたあわせ

 50番100種の公事を題とした 3巻 1冊の歌合。為秀の判。貞治 5年(1366)12月22日興行。作者は23人に及ぶ。 35番までは四季の公事を題とし、36〜43番左までが恋、43番右以降が雑に相当する。判詞は二条良基の執筆。 引用元は「新編国歌大観」(石狩市民図書館蔵)。
年表一年中行事歌合

《年中行事御障子文》ねんちゅうぎょうじごしょうじもん

 藤原基経が仁和元年(885)に年中行事の障子を奉ったときの銘文であるというが、内容を検するに、100年ほど後に始まる行事も含まれている。 年中行事284と月中行事9から成っているが、臨時の行事も九月に紛れている。引用元は「続群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年中行事御障子文

《年中行事抄》ねんちゅうぎょうじしょう

 鎌倉時代初期成立と推測される儀式書。著者不明。「年中行事御障子文」をもとに、和漢の諸書を引用して儀式の内容を明らかにしたもの。 建保 2年(1214)の記事が最も新しい。朝廷の行事のみならず、摂関家の行事も交えている。引用元は「続群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一年中行事抄

《年中行事装束抄》ねんちゅうぎょうじしょうぞくしょう

→助無智秘抄

《年中行事大概》ねんちゅうぎょうじたいがい

  1巻。仮名文で年中行事を極めて簡単に説明したもの。一条兼良の著か。公事根源よりもさらに簡単に、 通俗的になっている。誰かに書き与えたものとも推測されている。引用元は「続群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年中行事大概

《年中行事秘抄》ねんちゅうぎょうじひしょう

 鎌倉時代初期成立と推測される儀式書。著者不明。「年中行事御障子文」をもとに、和漢の諸書を引用して儀式の内容を明らかにしたもの。 建久年間(1190〜99)の記事が最も新しい。引用元は「群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一年中行事秘抄野見宿禰

《年々随筆》ねんねんずいひつ

 石原正明著の随筆。 6巻。享和元年(1801)から文化元年(1804)の間に書き溜められたもの。近世の随筆、たとえば玉勝間や塩尻から、 枕草子に至るまでを論う。著者はもと本居宣長門下だったが、のちに離れて塙保己一門下になった。師匠保己一にも劣らぬ博学との評があった。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
年々随筆

《軒端の独活》のきばのうど

 松意編の俳諧撰集。 2巻。延宝 8年(1680)自序。乾巻には百人一句・歌僊一句・六吟歌仙 6巻を、 坤巻には四吟歌仙 4巻・両吟歌仙 4巻を収める。江戸における談林末期の句風を示す。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学図書館本館蔵)。
軒端の独活

《後鑑》のちかがみ

 本記347巻、附録20巻から成る室町時代史で、江戸幕府が編纂したものである。幕命により成島良譲(筑山)ら幕臣 9名が編纂に従事、 天保 8年(1837)に着手され、嘉永 6年(1853)に完成した。各将軍ごとの編年体となっている。将軍関係の事蹟にとどまらず、 全国大名の事蹟まで幅広く取り上げ、朝廷についても幕府に関係があれば採録されている。引用文献約650種、古文書130種が用いられ、 出典も明記されている。なお原本は大正12年の関東大震災で焼失した。引用元は「新訂増補国史大系(完成記念版)」(北海道大学図書館本館蔵)。
年表二

《後猿蓑》のちさるみの

→続猿蓑

《後の旅》のちのたび

 如行編の俳諧追善集。 1巻。元禄 8年(1695)刊。編者が芭蕉の百か日に際して美濃正覚寺に追悼碑を建てたのを記念した集。 美濃の俳人による追善俳諧などを収める。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学図書館本館蔵)。
後の旅

《後法興院政家記》のちのほうこういんまさいえき

→後法興院記

《後余花千二百句》のちのよかせんにひゃっく

 沾徳編の俳諧撰集。 2冊。享保 6年(1721)成。近江八景・比叡・不二を大とする千句に、松島・天橋立を大とする二百韻を加えた書で、 沾徳・其角・嵐雪の門下とその傍流を網羅する。引用元は「古典文庫」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
後余花千二百句

《後は昔物語》のちはむかしものがたり

 朋誠堂喜三二著。 1巻。享和 3年(1803)序。元文 5年(1740)から宝暦10年(1760)あたりの風俗を中心とした随筆。 知人西原梭江(柳川藩用人)のために若い頃に見聞したことをまとめて贈ったもの。のちの文人に重宝された風俗史料である。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
後は昔物語

《野の菊》ののきく

  1巻の俳諧撰集。延享元年(1744) 7月 3日歿の百花潭北33回忌追善集として編まれた。可明斎買道・百斎潭考編。安永 4年(1775)跋。 巻頭には潭北の肖像(法橋周卜画)と遺句を載せ、その後に追悼歌仙や諸家の発句等を続ける。引用元は「天明俳書集」(札幌大学図書館蔵)。
野の菊

《野宮(十番)歌合》ののみや(じゅうばん)うたあわせ

 女四宮歌合の別称として用いられてきたが、主催者の規子内親王が野宮に入ったのは貞元元年(976)であり、 該歌合催行の 4年後であるから不適切と考えられる。→女四宮歌合

《野乃舎随筆》ののやずいひつ

 大石千引著の考証随筆。著者は大鏡や栄花物語などを専門とした人であり、史書の考証を中心とするが、そこに見聞談が入り交じる。 娘による文政 3年(1820)の跋があり、それによれば 3巻あったというが、現在刊行されているのは 1巻のみである。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
野乃舎随筆

《信長公記》のぶながこうき

→信長公記(しんちょうこうき)

《信範記》のぶのりき

→兵範記

《乗合噺》のりあいばなし

  5巻 5冊の談義本。天明 3年(1783)刊。車道軒(玄化堂甫尺)作。狭い乗合船に居合わせた様々な人々が、 世の中のとりどりについて歌合のように勝敗を判定するという趣向で、内容的にやや古さを感じさせるというが、 談義本としてはごくありきたりなものという。引用元は「京都大学蔵大惣本稀書集成」(札幌大学図書館蔵)。
乗合噺
前画面に戻る