解題・ラ行
《頼光跡目論》らいこうあとめろん

 浄瑠璃。岡清兵衛作。初印本は寛文 3年(1663)頃の板行と推測されている。重病の将軍源頼光の相続人を議論の末次男としたが、 これを不服とする長男が叛逆するので頼光が四天王をして長男を討たせるという筋で、金平浄瑠璃の代表作。 引用元は「日本古典文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
頼光跡目論

《落日菴句集》らくじつあんくしゅう

 蕪村の句を季題別に集録したもの。田福・百池筆。初期のものから最晩年に至るまでの句を、ほぼ年代順に録してある。 932句を収めるが、他に見られない句が209句もある。引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
落日菴句集

《洛陽集》らくようしゅう

 自悦編の俳諧撰集。 2巻。延宝 8年(1680)自序。四季類題別の発句集で、江戸に比べて大きく遅れて興ってきた京都の談林風俳諧を天下に示すための集。 題号もその意。総句数1,186句。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
洛陽集

《洛陽名所集》らくようめいしょしゅう

 12巻12冊の仮名草子・地誌。山本泰順著。万治元年(1658)刊。洛中洛外(洛外に重点がある)308ヶ所の名所を紹介したもので、 文献引用が多く、位置や状況について簡略に記し実用性に重きを置く。逆に景観については興味なきものの如くである。 引用元は「近世文学資料類従 古板地誌編」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
洛陽名所集

《濫觴抄》らんしょうしょう

 辞書。編者不詳。成立は鎌倉時代末期。書名の如く、ものごとの起源について記したもの。 冒頭は中国に関すること29条を並べ、その後は日本に関すること400余りについて記すが、巻尾を欠いている。 現存しない文献からの引用もある。引用元は「群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一

《理斎随筆》りさいずいひつ

 志賀忍(理斎)著。 6巻。若い頃から諸書の好みの部分を筆写しており、古稀を過ぎて 100巻にもなった筆録から選り抜いて成した随筆。 従ってその範囲の広きこと他に類なく、刊本には三男柳川重信の挿図をも含む豪華な随筆となっている。 二編・三編も続刊予定だったが、出なかったらしい。引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
年表一理斎随筆野見宿禰

《栗花集》りっかしゅう

  2巻 2冊の狂歌狂文集。四方山人(大田南畝)編。天明 5年(1785)序、 8年跋。南畝が知友の歌文を集めたもので、 未刊の草稿本。特に巻二所収の各作は作者自筆である。引用元は「江戸狂歌本選集」(札幌大学図書館蔵)。
栗花集

《立春噺大集》りっしゅんはなしおおよせ

 10巻10冊の噺本。常笋亭君竹撰の分が 5冊、後素軒蘭庭撰の分が 5冊。安永 5年(1776)刊。 各巻に10話を収めるが、共撰の分があるので実質93話。「年忘噺角力」の巻末広告で募集された690余話から厳選されたもので、 競争率の高さに示されるように内容も勝れている。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
立春噺大集

《葎亭句集》りつていくしゅう

 嘯山の俳諧句集。 5巻。享和元年(1801)刊。第一巻に明和 7年(1770)の紀行文「鈴鹿越」と李逕筆の嘯山伝を収め、 第二巻以降に四季類題別に編まれた発句2,000余を収める。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
葎亭句集

《柳橋新誌》りゅうきょうしんし

 成島柳北著の漢文随筆。 2編 2冊(三編は序のみ残る)。初編安政 6年(1859)成、明治 7年 4月刊、 二編明治 4年成、7年刊、三編は明治 9年成も序以外散逸、10年「花月新誌」掲載。初編は花街の風俗誌で、 江戸繁昌記同様に儒者らの腐敗を痛罵する。二編は維新後の花街の衰退を綴りながら、政府高官らを罵る。 刊行は明治になってからで、相撲記事がある二編は成立も明治であるが、初編の成稿が安政であることから特に掲げる。 引用元は「特選名著復刻全集近代文学館」(引用者蔵)。
柳橋新誌

《隆光僧正日記》りゅうこうそうじょうにっき

 護持院隆光の日記。貞享 3年(1686)から宝永 6年(1709)までの分がある。隆光は将軍徳川綱吉の護持僧として近侍し、 生類憐みの令の発案者として知られる。仏教関係の記事が主で、政治の記事も当然あり、ほぼ毎日簡潔に記している。 引用元は「史料纂集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《立斎旧聞記》りゅうさいきゅうぶんき

  2巻。柳川藩主の祖である立花宗茂の一代記。一つ書きを連ね、永禄12年(1569)の誕生から寛永19年(1642)に歿するまでを順に記し、 「旧聞記追加」として系譜や朝鮮出兵の記録などを収める。引用元は「続々群書類従」(藤女子大学図書館蔵)で、元禄 2年(1689)写本を収める。
立斎旧聞記

《柳斎筆記》りゅうさいひっき

 和気行蔵著。享和 3年(1803)成立、文化 2年(1805)刊。著者が麻疹で病臥中に筆記した随筆。 儒者として学問を説くを主とし、僅かに考証を交える。引用元は「影印日本随筆集成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
柳斎筆記

《柳亭記》りゅうていき

 柳亭種彦著。全101条の随筆である。文政 9年(1826)以降の成立。 2巻。江戸時代の遊びや歌謡に関する記事が多く、 また挿絵も多くあって楽しいものである。考証随筆としては柔らかい部類といえる。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
柳亭記

《柳亭筆記》りゅうていひっき

 柳亭種彦著。天保12年(1841)以後の成立。 4巻。柳亭記と違って服飾関係の考証が多く、古俳諧を用例として引いて列挙する。 種彦にしては深い考証には至らず、資料を列挙したままとなっている。引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
柳亭筆記

《霊異記》りょういき

→日本霊異記

《凌雨満録》りょううまんろく

 著者不詳の随筆。文化〜文政頃の成立か。巻頭に「藤なりかた」なる者の序があるが、何者かが知られない。 鉱山関係の記事を主とする46条から成る。引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
凌雨随筆

《両吟一日千句》りょうぎんいちにちせんく

  1冊の俳諧連句集。西鶴・友雪編。延宝 7年(1679)序。友雪が西鶴に頼み、両吟で一日千句を行ったもので、 序によれば、公開興行だったとみられる。引用元は「近世文学資料類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
両吟一日千句

《蓼太句集》りょうたくしゅう

 三編まである。初編は吐月編で、明和 6年(1769)刊行のあと、安永 6年(1777)に再刊。明和版は蓼太自選の583句を収めていたが、 安永版では追加と削除があって682句になった。また安永版には明和版にない南畝の序がある。二編は天明 6年(1786)刊、三編は寛政 5年(1793)刊。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵・初編安永版のみ)。
蓼太句集

《類集文字抄》るいじゅうもじしょう

 室町時代中期、およそ文明頃の成立。下巻のみ残る。部門別に様々な語を収集したもの。 現存する下巻は16部に分けられている。引用元は「続群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
類集文字抄

《類聚国史》るいじゅこくし

 六国史は編年体であるが、検索に便ならしめるために内容に応じて分類配列したもの。菅原道真編。 元は200巻らしいが、現存するのは計62巻。成立年は「菅家御伝記」には寛平 4年(892)とあるが、 三代実録までもが収録されており、この成立年が延喜元年(901)であるため、後人による追加とも見られ、 また寛平 4年説の誤謬とも考えられている。特に日本後紀は多くが失われているため、それを補う史料として貴重である。 引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表一野見宿禰

《類聚三代格》るいじゅさんだいきゃく

 弘仁・貞観・延喜の三代の格を内容ごとに再編成した法令集。三代格が伝わらないため、当時の法令の基本史料として第一に指を屈するべきものである。 編者未詳。現存する写本は12巻本と20巻本で、現在一般に用いられている新訂増補国史大系本は両系統の写本が混在しているともいわれ、巻次の再整理が課題とされている。 引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表一野見宿禰

《類聚符宣抄》るいじゅふせんしょう

 天平 9年(737)から寛治 7年(1093)までの太政官符・宣旨などなど733通の文書を内容によって分類し編纂したもの。 もとは10巻だったらしいが、巻二と巻五は欠けており、巻六・八・九の巻次は推定によっている。 文書を忠実に録し、執行手続まで注記されており、奈良末期から平安時代に至る法制基本史料の一つである。 引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表一

《零砕雑筆》れいさいざっぴつ

 中根香亭著の随筆。 4巻。大正 2年の著者歿後に新保磐次が編纂した「香亭遺文」に収められている。 詩歌文章を主に並べるが、文人の逸事も含まれている。晩年の在興津時代に著されたもの。引用元は「続日本随筆大成」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
零砕雑筆

《玲瓏随筆》れいろうずいひつ

 沢庵著。 4巻。教訓随筆である。仏教のみならず、儒教や道教をも交え、悟りについて語るものであり、 修身の道にも言及する。しかし必ずしも硬い随筆ではなく、諄々と語るという印象である。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
玲瓏随筆

《歴代皇紀》れきだいこうき

 皇代暦に対して徳川光圀が命名したといわれる書名。→皇代暦

《歴代最要抄》れきだいさいようしょう

→皇代暦

《歴代撮要》れきだいさつよう

→皇代暦

《歴代抄》れきだいしょう

→皇代暦

《歴代編年記》れきだいへんねんき

→帝王編年記

《歴代編年集成》れきだいへんねんしゅうせい

→帝王編年記

《歴代要官抄》れきだいようかんしょう

→皇代暦

《連歌初学抄》れんがしょがくしょう

 連歌論。一条兼良著。 1冊。享徳元年(1452)以後の成立。「賦物篇」「式目篇」「和漢篇」から成る。 後崇光院のために賦物の解説と連歌新式、並びに和漢篇を集成し、注を施したものである。引用元は「岩波文庫」(引用者蔵)。→連歌新式
連歌新式・連歌初学抄

《連歌新式》れんがしんしき

 連歌の式目。 1冊。南北朝前期に立てられた建治の新式に始まり、南北朝後期には建治の新式を補訂した応安の新式が二条良基によってつくられ(応安 5年(1372)に制定され、以後二度補訂があった)、 室町中期の享徳元年(1452)には一条兼良によって応安の新式に「新式今案」が加えられ、室町末期の文亀元年(1501)には肖柏が増補改訂した。 引用元は、長谷寺蔵本が「古典文庫」(北海道大学附属図書館本館蔵)、連歌初学抄所収京大谷村文庫本が「岩波文庫」(引用者蔵)、肖柏改訂本たる「連歌新式追加並新式今案等」が「群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
連歌新式・連歌初学抄

《連歌新式永禄十二年注》れんがしんしきえいろくじゅうにねんちゅう

 著者未詳。永禄12年(1570)成か。「連歌新式」の註釈書。紹巴及びその一門とは無関係な作者によるものとみられる。 新式の註に先立って連歌の起源や式目の解説を施してある。引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
連歌新式永禄十二年注

《連歌新式紹巴注》れんがしんしきじょうはちゅう

→式目秘抄

《連歌新式心前注》れんがしんしきしんぜんちゅう

 「連歌新式」の註釈書で、心前著。天正14年(1585)に紹巴から受けた講義の内容を中心として、その後に聞いたことなどを加えて成ったものらしい。 引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
連歌新式心前注

《連歌新式追加並新式今案等》れんがしんしきついかならびにしんしきこんあんとう

→連歌新式

《連歌天水抄》れんがてんすいしょう

 仮称。 1巻の連歌論書。慶長ごろの成立。宗養・昌休に仮託されたもので、永禄 4年(1561)に正慶から連歌に関する 6つの質問を受けた際、 2つについては答えられず、都から書を取り寄せて回答し、それを記録したものといい、同年の起請文もついているが、 昌休は既に歿していることから、偽書説もある。一般に「天水抄」と呼ぶが、貞徳のものや良徳のものと同名であるため、仮にかく呼ぶ。 引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
連歌天水抄

《連句会草稿》れんくかいそうこう

 蕪村を中心とした「檀林会」という俳諧修業の集いにおける月次会の記録。安永 8年(1779) 4月20日から翌年 1月20日までの分、僅か 5回のみで、 まだ力量が充分でなかったためか、満尾したものは 1回しかない。引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
連句会草稿

《連句稿裏書》れんくこううらがき

 一茶句日記のうち、寛政期と思われる連句稿の裏に記された句稿で、寛政末の諸国俳人の句と文化 4年(1807)の句日記とが記されている。 引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。→一茶句日記
年表二一茶句日記

《蓮成院記録》れんじょういんきろく

 興福寺蓮成院旧蔵の記録群の総称で、興福寺に存するのは 5巻。内訳は、五師妙音院朝乗の記録が延徳 2年(1490)〜明応元年(1492)まで、 別会五師蓮花院印尊の記録が天文元年(1532)〜 2年(紙背文書も同年)、別会五師釈迦院寛尊の記録が天正 9年(1581)〜10年(但し紙背文書が天正12〜13年のものであり、 記録そのものは一遍に同時に記されたものであるから、記主自らが後に整理したものと思われる)と天正17〜18年(紙背文書は年代不同)、 別会五師蓮成院懐算の記録が天正19年から慶長19年(1614)まで(紙背文書は天正12年から慶長年間まで)である。引用元は「増補続史料大成」所収「多聞院日記」(藤女子大学附属図書館蔵)。
年表二

《恋道双陸占》れんどうすごろくせん

  1冊の洒落本。明和 8年(1771)刊か。古池丹下作。占書を模した洒落本は当時の流行であるが、それにしては叙述が生硬である。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
恋道双陸占

《蘆陰句選》ろいんくせん

 安永 8年(1779)刊。 1冊。大魯が歿して後、その草稿を門下生が集め、几董がこれを校し、蕪村の序を得て成ったもの。 総句数207。引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
蘆陰句選

《老媼茶話》ろうおうさわ

 三坂春編編の怪談集。写本で伝わる。寛保 2年(1742)序。序に「虚妄の節のみにして」と記しているが、先行作を典拠とする話が数多くある。 和漢の奇談を書き綴ったもので、80話強に及ぶ。引用元は「叢書江戸文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
老媼茶話

《浪化集》ろうかしゅう

 「ありそ海」「となみ山」の別題。→ありそ海

《楼上三之友》ろうじょうさんのとも

 写本 1冊の洒落本。翠原子作。文政 4年(1821)(または文化 6年(1809))成。「三之友」とは琴子・詩莠・飲二朗のことで、 彼らが粋とは何ぞやと通駄楼上で議論するという趣向。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
楼上三之友

《六あみだ詣》ろくあみだもうで

 全 3編の滑稽本。十返舎一九作。初版(文化 8年(1811)〜10年刊)は 5冊、再版(天保12年(1841)以降)時に 9冊に編成替え。 江戸の平長屋の住人たちが武州の六阿弥陀に参詣する道中、出会う様々な人たちと長屋の大家が問答をして、大家が処世訓を滑稽のうちに垂れるという作品。 元禄頃に始まったらしい六阿弥陀参詣は一九の時代に大流行しており、作者本人も勿論行って本作の素材を得た。 引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
六あみだ詣

《鹿苑日録》ろくおんにちろく

 158冊の日記。長享元年(1487)から享和 3年(1803)に及ぶ鹿苑僧録の日記等の総称。僧録とは相国寺鹿苑院主が任命された職で、山派の僧や寺領の管理を司る。 その公用日記を主体とするのが鹿苑日録で、原本の大半が関東大震災で焼失したものの、謄写本ができているためその内容は現代に伝わっている。 引用元は、続群書類従刊行会刊本(札幌大学図書館蔵)。
年表二

《六代》ろくだい

 平家嫡流 6代目の六代御前が北条時政に捕らえられるも、文覚上人によって助命される物語。作者不明。 引用元は「室町時代物語大成」(藤女子大学図書館蔵)。
六代

《六丁一里》ろくちょういちり

  1冊の洒落本。高慢先生作。天明 2年(1782)刊。西川如見「華夷通商考」の拾遺を称し、その記述を模倣しながら、 京都の色里を地理書の体裁で記した洒落本。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
六丁一里

《露沾俳諧集》ろせんはいかいしゅう

 現存10巻。露沾の後半生における俳諧活動を記したもの。露沾は陸奥国磐城平の 4代目藩主で、天和 2年(1682)に退身して以降、 享保18年(1733)に歿するまでの作品を収める。引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
露沾俳諧集
前画面に戻る