解題・タ行
《大悦物語》だいえつものがたり

→大黒舞

《対鴎楼閑話》たいおうろうかんわ

 倉成龍渚著の随筆。 4巻。寛政11年(1799)序。童蒙のために記したという教訓随筆で、立行・施為・分辨・排遣に分けてそれぞれ 1巻を立てている。 昭和に至るまで写本によって伝えられた。引用元は「続日本随筆大成」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
対鴎楼閑話

《大神楽》だいかぐら

  1冊の噺本。寛政 3年(1791)刊。「初登」の嗣足改題本。関係分では「角力」が載る。→初登

《退閑雑記》たいかんざっき

 松平定信の随筆。前編13巻、後編 4巻。寛政 9年(1797)の序があり、同年に前編を脱稿、後編は12年に成った。 老中辞職後に気ままに記したもので、当時の人物のエピソードが豊富に載っている。引用元は「続日本随筆大成」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
退閑雑記

《台記》たいき

 藤原頼長の日記。保延 2年(1136)から久寿 2年(1155)までの記事が伝存する。朝儀公事はもちろんであるが、 当時の施策に対する批判が多く、また保元の乱に至る過程を探る為には欠かせない。記主はこの乱で負傷し歿した。 引用元は「増補史料大成」(北海道立図書館蔵)。
年表一

《大記》だいき

→為房卿記

《太祇句選》たいぎくせん

 安永元年(1772)刊。 1冊。前年に歿した太祇の句稿を譲り受けた呑獅が蕪村・嘯山に選句を依頼して成ったもの。 句数590。引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
太祇句選

《太祇句選後篇》たいぎくせんこうへん

 安永 6年(1777)奥。 1冊。五雲選。「太祇句選」や「石の月」に漏れた太祇の句を集めたものであるが、「石の月」とは重複する句がいくつかある。 全406句で、太祇七回忌を記念しての出版。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
太祇句選後篇

《大御記》だいぎょき

→為房卿記

《体源鈔》たいげんしょう

 豊原統秋撰の楽書。永正 8年(1511)起筆、翌年成立。13巻20冊。著者は書家でもありまた本草家でもあるため、 計785に及ぶ項目には、雅楽のみならず書道や香道などの記事をも含んでいる。書名(体→體)には撰者の姓が織り込まれている。 引用元は「日本古典全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一体源鈔

《太古学論》たいこがくろん

 丹羽雋著。 1巻。天保11年(1840)刊。鶴峰戊辰の太古学に対する反駁の書という。著者の伝は未詳。 引用元は「影印日本随筆集成」(北海道大学附属図書館本館蔵蔵)。
太古学論

《大黒舞》だいこくまい

 作者不明の庶民物語で、立身出世物・祝儀物に分類される。本文に「廿四孝」や「太平記」を利用しているので、 室町末期から江戸初期の成立。親孝行の大悦の助が栄華を得るまでの物語で、福神(大黒天・恵比寿天)の登場をも含める。 全編祝いに満ちた明るい作品である。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
大黒舞

《大斎院前の御集》だいさいいんさきのぎょしゅう

 大斎院選子内親王の私家集。孤本。和歌連歌合わせて394首を収める。続篇というべき大斎院御集ともども不審箇所が多く、 定家書写の時点からその旨指摘がある。引用元は「新編国歌大観」(石狩市民図書館蔵)。
大斎院前の御集

《大乗院寺社雑事記》だいじょういんじしゃぞうじき

 興福寺の文書等が内閣文庫に架蔵された際に、内閣文庫が大乗院27代門跡尋尊のと30代門跡経尋の日記とを併せてつけた名。 その後昭和 6年に刊行する際、28代門跡政覚のものをも併せて総称とした。→尋尊大僧正記・政覚大僧正記。

《大乗院日記目録》だいじょういんにっきもくろく

 大乗院第27代門跡尋尊の手になる大乗院日記の目録。 4冊。第 1冊は一乗院門跡覚信の誕生である治暦元年(1065)に始まり、 門跡の経歴と世上の事件とを記した年譜であるが、第 2冊応永33年(1426)以降の分は、興福寺や春日社の記事をも加えて詳しくなり、 永正元年(1504)まで達する。引用元は「増補続史料大成」所収「大乗院寺社雑事記」(藤女子大学図書館蔵)。
年表二

《大勢三転考》たいせいさんてんこう

 伊達千広著。嘉永元年(1848)成立。神武天皇から江戸幕府成立までの歴史を 3つに分けて述べた通史。 政治制度により、姓で世を治めた「骨(かばね)の代」、官職による治世の「職(つかさ)の代」、大小名が土地を領有して世を治めた「名(な)の代」に分かち、 時代の転換についても独特な解釈を与えている。引用元は「日本思想大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
野見宿禰

《大千世界楽屋探》だいせんせかいがくやさがし

 式亭三馬作、歌川豊国画の滑稽本。 3冊。文化14年(1817)刊。戯場の楽屋を舞台に批評諷刺をし、その後笑いを取る趣向で、 三千世界を戯場に見立てた。予定では十部に分けてその部内に数項目を立てるはずだったが、初編で終わった。 引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
大千世界楽屋探

《大内裏抄》だいだいりしょう

 室町時代の大内裏における諸堂・諸門を解説したもの。著者不詳。 1巻。先行諸書から大内裏に関する素材を集めたものである。 引用元は「続群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
大内裏抄

《台徳院殿御実紀》たいとくいんどのごじっき

 徳川実紀のうちの秀忠編。→徳川実紀

《鯛の味噌津》たいのみそづ

  1冊の噺本。新場老漁(大田南畝)作。安永 8年(1779)刊。書名は「鯛のみそずに四方のあか 一杯のみかけ山の寒がらす」に因む。 刊行当時の話題を当て込んだ新作や、川柳等を脚色した話などを収める。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
鯛の味噌津

《大府記》だいふき

→為房卿記

《太平記》たいへいき

 40巻の軍記物語。南北朝時代の社会各層の動きを捉えた大部なもので、幾分まとまりを欠く憾みもなしとしないが、 内容の幅の広さと批評眼は他の軍記物語にない特色といえる。諸本は 4系統に大別されるが、平家物語ほど異本は多くない。 引用元は、勉誠社刊の「玄玖本太平記」(藤女子大学図書館蔵)とした。
太平記

《太平記吾妻鑑玉磨青砥銭》たいへいきあずまかがみたまみがくあおとがぜに

→玉磨青砥銭

《太平百物語》たいへいひゃくものがたり

  5巻 5冊の浮世草子。祐左作。享保17年(1732)刊。百物語となっているが50話しかなく、巻末に後編を予告しているが、不明である。 作者が西国で得た怪異小説を集成したものであり、たいていは動物の怪異談である。引用元は「叢書江戸文庫」(北海道大学大学院文学研究科冨田教授蔵)。
太平百物語

《太平楽》たいへいらく

 文化 7年(1810)刊。「腮の掛金」の前半部分を流用した改題本。→腮の掛金

《太平楽記文》たいへいらくきぶん

  1冊の洒落本。烏亭焉馬作。天明 4年(1784)刊。前年 4月25日に行われた宝合の会で焉馬が披講した「太平楽巻物」の由来を洒落本として出したもの。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
太平楽記文

《大日本史賛藪》だいにほんしさんそう

 大日本史に附載された論賛。安積澹泊の筆。享保元〜 5年(1716〜20)にかけて書かれた、儒教思想から見た人物評価である。 引用元は「日本思想大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
野見宿禰

《大猷院殿御実紀》たいゆういんどのごじっき

 徳川実紀のうちの家光編。→徳川実紀

《内裏式》だいりしき

 平安前期に成った勅撰儀式書。弘仁12年(821)正月30日奏上、以後も補訂・加筆が続けられた。 3巻。 節会の際には「式筥」に入れられて奉持されるという扱いを受けた。年中行事と臨時の大小事について編纂されたものであるが、 もともとは現存本(17項目)よりさらに多くの項目数があったと推測されている。引用元は「神道大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
内裏式

《題林愚抄》だいりんぐしょう

 類題歌集。室町時代中期の成立。撰者は山科言緒といわれるが不詳。10,000を超す歌を2,645の題に分類したものであり、 現存しない定数歌や歌会歌が多数収められていることから資料的価値も高い。題詠のための手引きを目的としたらしい。 引用元は「新編国歌大観」(石狩市民図書館蔵)。
題林愚抄

《たかね》たかね

  3巻の俳諧撰集。羨鳥編。元禄14年(1701)序。伊予の俳士を中心とする諸家の発句・連句や編者の畿内紀行を収める。 引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
たかね

《高尾考》たかおこう

  1巻。もともとは大田南畝と山東京伝の共編のようだが、これに次々と追補がなされたものらしい。 吉原最高級の遊女である高尾代々につき書き連ねたメモというべきもの。引用元は「燕石十種(国書刊行会版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
高尾考

《高山彦九郎紀行》たかやまひこくろうきこう

 高山彦九郎が残した、安永 2年(1773)の「赤城行」から寛政 5年(1793)の「筑紫日記」までの約40編に及ぶ紀行類。 勤皇家としての思想遍歴や、文人らとの交流を知る上では恰好の史料。引用元は「高山彦九郎全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二高山彦九郎紀行

《宝蔵》たからぐら

 山岡元隣著の俳文集。寛文11年(1671)刊。 5巻。徒然草を模した文章に、月や花を含んだ発句や狂詩を添えたもの。 巻末には追加発句270句を収める。その中には近松門左衛門一家の句も含まれている。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
宝蔵

《高笑ひ》たかわらい

  1冊の噺本。彡甫先生作、陳奮翰(大田南畝)序。話数72、内容秀逸で、数多くの再板本が出ている。 引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
高笑ひ

《多胡辰敬家訓》たこときたかかくん

 16世紀半ばの武将の家訓。 1巻。若い頃に親から受けた教訓を基にして書き留めた26条の教訓である。 「算用」の語が頻出するように、合理性を重視する傾向が色濃い。引用元は「続群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
多胡辰敬家訓

《只今御笑草》ただいまのおわらいぐさ

 二世瀬川如皐著の随筆。 1巻。宝永から天明年間に行われていた大道芸など36種を集め、絵を入れて解説したもので、 古いところについては古老の話や絵草紙をもとにしたという。江戸市中の風俗資料として貴重。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
只今御笑草

《忠親卿記》ただちかきょうき

→山槐記

《忠岑集》ただみねしゅう

 三十六歌仙の一人である壬生忠岑の私家集。伝本は 4つほどあり、歌数は60〜185首。ここでの引用元は「新編国歌大観」(石狩市民図書館蔵)である。 二種掲げられてあり、底本は書陵部本と西本願寺三十六人集本(こちらが異本)である。
忠岑集

《忠良公記》ただよしこうき

 一条忠良の日記。天明 8年(1788)から文政 7年(1824)までの記録があり、文化 9年(1812)まではかなりまとまっている。 一条家は藤原氏で、その多くが摂関に就いている家柄である。忠良は東福寺開山堂を再建したことでも知られ、将軍家定の義父でもある。 引用元は東京大学史料編纂所蔵の写本(明治38年写・請求番号2073-89)とし、読点のみ古事類苑に概ね従った。
年表二

《たつのうら》たつのうら

 青編の俳諧撰集(絵俳書)。 1冊。享保19年(1734)刊。古今の江戸の俳家29人の肖像画と自筆句を載せたもので、 芭蕉に始まって編者の師である二世青峨、そして編者に至るその配列は、自身が蕉門の本流であることを誇示すべく意図したものと見られる。 江戸諸家の四季発句と歌仙 1巻を最後に添える。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
たつのうら

《達幸記》たつこうき

→山槐記

《龍宮苦界玉手箱》たつのみやくがいのたまてばこ

 黄表紙。 3巻 3冊。曲亭馬琴作。寛政 9年(1797)刊。浦島太郎のパロディ。三浦屋島太郎、略して浦島が釣りをやっているが、 全くの坊主で退屈して夢の中、そこで亀が出てきて龍宮(遊廓)へ連れて行かれる。そのまま 1ヶ月居候、後には郷が恋しく帰ることになり、 乙姫から玉手箱を授かる。また亀に乗って帰ってみると実は350年も経っていた。さらばと玉手箱を開けると、煙ではなく350年間の揚代が書かれてあった。 ハッとするなり忽ち白髪の爺さん370歳、身投げを決意したところで目が覚めた、という物語。引用元は「駒澤短期大学紀要」(国立国会図書館蔵)。
龍宮苦界玉手箱

《辰巳之園》たつみのその

  1冊の洒落本。夢中散人寝言先生作。明和 7年(1770)刊。志厚という町人が深川へ遊びに行こうと茶屋で話していると、通人ぶった如雷という者が来て、 新五左衛門という侍と深川へ行って騒ぐが、実は如雷の相方の女郎お長が志厚と恋仲なのでこっそり志厚の部屋に行く。如雷は癇癪を起こし、なだめられて帰っていく。 同年刊とみられる「遊子方言」の趣向を深川に当て嵌めたものと考えられ、出来は「遊子方言」より劣るとされるが、後発の洒落本や黄表紙に大きな影響を与えた作品。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
辰巳之園

《辰巳婦言》たつみふげん

  1冊の洒落本。式亭三馬作。寛政10年(1798)刊。三馬の洒落本第一作。鎌倉古市場二川屋の女郎おとまが客 3人をあしらうさまを描いた作品。 場所は実際には深川古石場三河屋のことで、ここを描いた洒落本も本作が初めてという。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
辰巳婦言

《従のならび》たてのならび

  1冊 5巻の俳諧撰集。都貢編。明和 8年(1771)刊。暁台社中の四季発句集で、340句ほどを収める。 冬・夏・秋・春の順は「猿蓑」に倣い、「猿蓑」が芭蕉の句に始まり本集が暁台の句に始まるところに暁台社中の意気込みが感じられるという。 引用元は「天明俳書集」(札幌大学図書館蔵)。
従のならび

《伊達髪五人男》だてがみごにんおとこ

 西沢一風作の浮世草子。 5巻 5冊。宝永 3年(1706)刊。雁金文七ら 5人の小悪党が元禄15年(1702)に処刑された事件をモデルにした作品の一つで、 浄瑠璃・歌舞伎などにもこの件は脚色されている。先行作からも趣向を取り入れて成った作品で、遊女滝川の夢中物語としてある。 引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
伊達髪五人男

《伊達競阿国戯場》だてくらべおくにかぶき

 歌舞伎としては初世桜田治助・笠縫専助の合作で安永 7年(1778)閏 7月12日初演。のち10段の浄瑠璃。達田弁二・烏亭焉馬・吉田鬼眼の合作。 安永 8年 3月21日初演。伊達騒動と累物語をからめた物語の一つ。足利将軍の弟が傾城高雄に惚れ込んでいるのを利用して陥れんとする姦計を中心とし、 相撲取り絹川と累の物語を織り交ぜている。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
伊達競阿国戯場

《棚さがし》たなさがし

 宝暦14年(1764)から 3年にわたって鼠腹の問いに蓼太が答えた俳諧問答。 1冊。もともとは鼠腹が出版するつもりであったが、自身が急逝したため果たされず、 吐月らの協力によって安永 5年(1776)に漸く刊行された。引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
棚さがし

《狸の穴這入》たぬきのあなばいり

 「弁蒙通人講釈」の改題本。→弁蒙通人講釈

《たねおろし》たねおろし

 素鏡が苗代の種蒔き祝いに刊行したもの。文政 9年(1826)刊。実際は一茶撰で、一茶自筆稿本も現存する。 一茶最後の撰集でもある。素鏡・一茶の両吟歌仙を巻頭に配し、諸国俳人の発句を国別に収める。 引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。
たねおろし

《種がしま》たねがしま

  1冊の噺本。文化 8年(1811)頃刊。「噺の百千鳥」の本文を利用し、その前に 4話を足したもの。→噺の百千鳥

《玉勝間》たまがつま

 本居宣長著の随筆。14巻。寛政 5年(1793)起筆。文化 7年(1810)〜 9年刊。擬古文体で多種多様な話題を扱い、 学殖の深さと識見の広さを存分に示した名随筆である。引用元は「本居宣長全集」(石狩市民図書館蔵)。
年表一玉勝間

《多満寸太礼》たますだれ

  7巻の浮世草子。辻堂非風子著。刊年は宝永元年(1704)とみられる。怪談もの浮世草子「玉櫛笥」「玉箒木」にならった作品。 全28話。「剪燈新話」「剪燈余話」の翻案をはじめ、「三国伝記」「沙石集」を典拠としたものもある。 引用元は「叢書江戸文庫」(札幌大学図書館蔵)。
多満寸太礼

《玉磨青砥銭》たまみがくあおとがぜに

 黄表紙。 3巻 3冊。山東京伝作、喜多川歌麿画。寛政 2年(1790)刊。青砥藤綱を松平定信に見立て、寛政改革の世の中を諷刺したもの。 人々すべてが昼夜を問わず家業に励み、見世物・遊里には不具者や鳥獣を用い、無駄のない世の中が出現したが、 青砥藤綱がこれを愚として旧に復せしめ、「吾唯知足」を教訓とする。表面的には改革の世に順応しているように見えるが、 これを額面どおりに受け取るか、嫌味として受け取るかは、意見が分かれる。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
玉磨青砥銭

《玉柳》たまやなぎ

 仮題。牛込築土連の俳諧撰集。天明 7年(1787)刊。初代川柳撰、五扇編。題簽なく奥附もなく、書名は不明。 序に「是に題してこと葉の露の玉柳としかいふ」とある。引用元は「岩波文庫」(引用者蔵)。
玉柳

《為忠家後度百首》ためただけこうどひゃくしゅ

 藤原為忠主催の定数歌。初度・後度併せて為忠家百首という。後度は保延元年(1135)成立か。内輪で催されたらしく、 新奇な表現が目立つのが特徴である。引用元は「新編国歌大観」(石狩市民図書館蔵)。
為忠家後度百首

《為房卿記》ためふさきょうき

 藤原為房の日記。延久 2年(1070)から永久 2年(1114)までの記録があるが、一年分を完備した年はなく、断続的である。 記主は官僚としての実績を誇り、勧修寺家繁栄の基をつくった人で、故実への関心も深く、従って当時の政治や社会状況を知る上では恰好の史料であり、 部類記も存する。引用元は、承暦 3年(1079)分を駒澤大学大学院史学会古代史部会編「為房卿記」(「史聚」所収・北海道大学文学部図書室蔵)、 応徳 2年(1085)分を国立公文書館旧内閣文庫所蔵江戸期写本(請求番号160-175・句読点は私に附した)、他は「大日本史料」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一

《多聞院日記》たもんいんにっき

 多聞院の長実房英俊の日記を中心とする記録群。46巻。前記日記は、天文 8年(1539)から慶長元年(1596)に及ぶ。 他に「夢幻記」と外題される天文 3年(1534)から文禄 3年(1594)までを回想したものや、興福寺五師方の記録をも含み、 全体を合わせると文明10年(1478)から元和 3年(1617)までに及ぶことになる。引用元は「増補続史料大成」(藤女子大学図書館蔵)。
年表二

《太郎河》たろうがわ

  2冊の俳諧句集。午寂編。享保15年(1730)刊。其角系の俳人を中心とした16名による独吟歌仙集。 引用元は「古典文庫」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
太郎河

《多話戯草》たわけぐさ

  3巻 3冊。石塚豊芥子編。万延元年(1860)成。巷説珍談を「街談文々集要」同様に書き溜めたもので、 巻の順は月・雪・花と並べる。引用元は「近世庶民生活史料」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
多話戯草

《耽奇漫録》たんきまんろく

 山崎美成の序跋を持つ考証随筆。文政 7〜 8年(1824〜25)成立。好古・好事家が集う耽奇会のメンバーが、 各人所蔵の珍しい器物を持ち寄って批評したときの記録。全20集。引用元は「日本随筆大成」(北海道立図書館蔵)。
耽奇漫録

《談笈抜萃》だんきゅうばっすい

 螺女散人著の随筆。同人の「つれつれ飛日記」から明和 4年(1767)の記事を抜き出したもの。京・大坂における巷談を中心とするが、 江戸の出来事も混ざっている。後に大田南畝が写したために南畝編集とも言われたが、そうではない。引用元は「随筆百花苑」(藤女子大学図書館蔵)。
談笈抜萃

《胆大小心録》たんだいしょうしんろく

 上田秋成著の随筆。 3巻 1冊。文化 5年(1808)成立。交友のあった人物の大多数を酷評をもって斬り捨てる一方、自分の人生には悔悟の念ばかりを示す。 他に考証的な章段、創作の断片をも含み、著者最晩年の心境を窺える。引用元は「上田秋成全集(中央公論社版)」(北海道大学附属図書館本館蔵・中絶)。
胆大小心録

《丹波与作待夜のこむろぶし》たんばよさくまつよのこむろぶし

  3巻の浄瑠璃。近松門左衛門作。宝永 4年(1707)の初演と推定される。実説は不明だが歌謡で流布した丹波与作と関の小万の恋をもとにした世話物浄瑠璃で、 歌舞伎化や浄瑠璃改作(さらにこれの歌舞伎化)が相次いだ人気作。引用元は「近松全集(岩波書店版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
丹波与作待夜のこむろぶし

《檀林会句記》だんりんかいくき

 「連句会草稿」より 5年後の檀林会における連句を書き留めた句稿。天明 4年(1784)閏正月から翌年 3月までを収める。 引用元は「俳書叢刊」(藤女子大学図書館蔵)。
檀林会句記

《談林十百韻》だんりんとっぴゃくいん

 江戸談林俳諧初の書。 2冊。延宝 3年(1675)刊。田代松意編。貞門俳諧の停頓期に相当し、新風を起こすべく松意らは「誹諧談林」なる会所を寛文13年(1673)に結成した。 延宝 3年に内藤風虎の誘いによって西山宗因が大坂から江戸に下ると、松意らは宗因の発句を乞い得て十百韻を張行した。これが即ち本書である。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
談林十百韻

《竹斎》ちくさい

 仮名草子。 2巻 2冊。富山道冶作。元和 7年(1621)〜 9年頃刊。京の藪医者竹斎が、しがらみの介を伴って諸国を遍歴せんとしている途中、 名古屋で無茶苦茶な療治を行い、成功したり大失敗したりする滑稽物語。最後は江戸に下る。「竹斎もの」の祖。引用元は「日本古典文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
竹斎

《竹馬狂吟集》ちくりんしょう

 10巻 1冊の俳諧撰集。編者未詳。明応 8年(1499)序。俳諧集が存在しないので編んだという、俳諧撰集最初の書。 巻四までは季節ごとの発句、以降は季節・恋・雑に分類された付合となっており、発句20句、付合217組を収める。 引用元は「天理図書館善本叢書」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
竹馬狂吟集

《竹林抄》ちくりんしょう

 宗祇編、一条兼良序の連歌撰集。文明 8年(1476)までに成立。宗砌・心敬・行助・専順・智蘊・能阿という先達六人と当代の宗匠である賢盛との付句・発句を部類分けして10巻に編んだもの。 題号は「竹林の七賢」に擬えたことによる。心敬の句を多く採って連歌史の主流となし、賢盛を取り上げることにより、宗祇自身が七賢のあとを継ぐという意欲を示した。 引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
竹林抄

《父終焉の記》ちちしゅうえんのき

→父の終焉日記

《父の終焉日記》ちちのしゅうえんにっき

 一茶の日記体記録。 1冊。享和元年(1801)に郷里柏原に帰省の折、 4月23日の父発病から 5月21日に歿し、初七日に至る。 体裁は日記であるが、内容構成ともかなり整備されており、後年に書かれたものと推測されている。 引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。
父の終焉日記

《父の臨終記》ちちのりんじゅうき

→父の終焉日記

《千齢操》ちとせのみさお

 良能編の俳諧歳旦集。宝暦13年(1763)成。編者は大江丸旧国が一時師匠とした人物。大坂にとどまらず、京や上方にも及んで幅広い。 引用元は「天明俳書集」(札幌大学図書館蔵)。
千齢操

《茶杓竹》ちゃしゃくだけ

 椋梨一雪著。 4冊。寛文 3年(1663)刊。正章千句を論難する書であり、千句と追加百韻の全てを掲載し、 批判し得る句という句をみな難ずる。句の批判という体裁を装いながら、実は貞室(正章)に対する人身攻撃をせんがために著された。 貞徳歿後すぐさま後継者を名乗って宣伝活動をなした貞室への反感が底流にある。引用元は「古典文庫」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
茶杓竹

《茶番狂言早合点》ちゃばんきょうげんはやがてん

→茶番早合点

《茶番の正本》ちゃばんのしょうほん

  1冊。琴通舎英賀作。天保11年(1840)以降成。作者は茶番師で、その自筆台帳がこれである。 序は四方山人(大田南畝)。引用元は「叢書江戸文庫」(札幌大学図書館蔵)。
茶番の正本

《茶番早合点》ちゃばんはやがてん

  2編 4巻。式亭三馬編。初編は文政 4年(1821)、二編は文政 7年刊。有名な茶番の指南書であり、初編は沿革や茶番師列伝、茶番のつくり方、実例が少々。二編は心得より実例が多い。 初編のみ「茶番狂言早合点」と題される。三編を名乗る書に「初昔茶番出花」があり、また本書も改題改編本が多い。 引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
茶番早合点

《中外抄》ちゅうがいしょう

 言談の聞き書き集。藤原忠実談、中原師元記。書名は記者の姓「中」と官名「外記」とによる。 2巻、上巻は保延 3年(1137)から久安 4年(1148)閏 6月まで、 下巻は 7月から久寿元年(1154)まで。主に有職故実や回顧談を収める。古事談や続古事談に多く引かれている。 引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
年表一

《中家実録》ちゅうけじつろく

 現存20巻。太政官の外記を代々務めた中原家の秘伝書で、公事を行う際に必須の書として伝わったものらしい。 引用元は「続々群書類従」(藤女子大学図書館蔵)。
中家実録

《中光記》ちゅうこうき

→民経記

《柱史抄》ちゅうししょう

 有職故実書。恒例と臨時の部の 2巻。藤原孝範著。柱史とは内記のこと。諸書を引用して内記の服務について記したもの。 貞永元年(1232)頃の成立とみられる。引用元は「群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
柱史抄

《中右記》ちゅうゆうき

 藤原宗忠の日記。寛治元年(1087)から保延 4年(1138)までが伝わるが、合わせて18年分が失われている。 他の日記同様に朝儀の典故を詳細に記しており、特に宗忠は有職家として名高かったので、特に典拠として重用された。 記名は家名「中御門」と「右大臣」から一字ずつ取ったもの。引用元は「増補史料大成」(石狩市民図書館蔵)を主とするが、 寛治 7年(1093)分の相撲記事が欠けているので、その分は「大日本古記録」(北海道大学附属図書館本館蔵・未完)から取った。
年表一

《中右記目録》ちゅうゆうきもくろく

 中右記のうち嘉保 2年(1095)から大治 4年(1129)までの部分の目録。小記目録のような部類立てではなく、日附順である。 日記全体に亙るものではないが、康和元年(1099)〜 3年・天治元年(1124)・大治元年(1126)・ 3年のように日記が失われている部分に対応する目録も含んでいる。 引用元は「増補史料大成」(石狩市民図書館蔵)。
年表一

《長元記》ちょうげんき

→長元物語

《長元物語》ちょうげんものがたり

 長曾我部元親の土佐国統一から四国平定までを記した軍記物的覚書。題号は姓名から頭文字を取ったもの。 2巻と附録。 立石正賀記とも。万治 2年(1659)成立。順を追うわけでもなく、やや雑然としている。引用元は「新訂増補史籍集覧」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
長元物語

《長秋記》ちょうしゅうき

 源師時の日記。少なくとも寛治元年(1087)から保延 2年(1136)までの記事があったようだが、日次記として残るのは長治 2年(1105)以降である。 記名は官職「皇后宮」の唐名「長秋宮」に因む。公事・朝儀の記事が多く、現存分を見ても各日の分量が非常に多く、 「今鏡」によれば「権大夫」と書かれた日記の櫃が大量にあったという。引用元は「増補史料大成」(北海道立図書館蔵)。
年表一

《長秋記目録》ちょうしゅうきもくろく

 「長秋記目六」と書いてある。康和 4年(1102)までの分を存する。日附順に配列されており、別記については別立てである。 該期間の日記そのものは残っていないので貴重である。引用元は「増補史料大成」(北海道立図書館蔵)であるが、 康和 2年分を欠く。この分は「大日本史料」(北海道大学附属図書館本館蔵・未完)から採った。
年表一

《長曾我部元親記》ちょうそがべもとちかき

→元親記

《長曾我部元親式目》ちょうそがべもとちかしきもく

 慶長 2年(1597) 3月 1日付で発布された長曾我部家の法令。家臣を対象としたものであり、 侍たる者の生活の心得や戦陣における規定を定めたもの。引用元は「続群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
長曾我部元親式目

《町人嚢》ちょうにんぶくろ

 西川如見著。 5巻。享保 4年(1719)刊。民衆の心得を随筆風に記した教訓書。世事百般について、箇条書きにして述べてあり、 著者が信じた朱子学に主に拠りながら、和漢の古典を引用して詳しく記す。引用元は「日本思想大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)
町人嚢

《蝶の日かけ》ちょうのひかげ

  1冊。榎本星布編。享和元年(1801)跋。寛政12年(1800) 8月、星布が八王子に芭蕉の句碑を建立した際に編まれた記念の句集。 引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
蝶のひかけ

《調布日記》ちょうふにっき

 大田南畝の日記。文化 5年(1808)夏から秋に続いた大雨により、南畝は玉川水系の堤防点検補修の任を帯び、 同年12月から翌年 4月まで、小石川の自宅から遠くは八王子まで数度の往復をした。その間にものした書は 5部に及ぶが、 その中で日次記の体裁をとるのが本書である。引用元は「大田南畝全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
調布日記

《樗嚢抄》ちょのうしょう

 編者不詳の公事の書。現存 1巻、もとは 2巻か。年中行事の先例を引いて配列したものであるが、その内容を検するに、 寧ろ違例に属することを勘出してある。建長 8年(1256)を下限とする。引用元は「続群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)
年表一樗嚢抄

《樗良発句集》ちょらほっくしゅう

 甫尺編の俳諧句集。 2冊。天明 4年(1784)序。樗良の四季類題別発句集で、計279句。もともとは編者の兄である玄化が編纂を試みたもので、 玄化は刊行できずに世を去ったため、弟が受け継いで成ったもの。天明版の版木が焼失したため、寛政 4年(1792)に増補新版が発行されている。 引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
樗良発句集

《塵塚》ちりづか

 中根香亭著の随筆。 1巻。大正 2年の著者歿後に新保磐次が編纂した「香亭遺文」に収められている。 雑誌「国の教育」に掲載されたものから「酔迷余録」「零砕雑筆」に一部が抜き出された残り24項が収められている。 引用元は「続日本随筆大成」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
塵塚

《塵塚談》ちりづかだん

  2巻 1冊の随筆。小川顕道著。文化11年(1814)成。著者の幼いころからの見聞や珍談をまとめたもので、 祖父以来世襲の小石川養生所肝煎であるところから衛生に関する説も載っている。引用元は「燕石十種(国書刊行会版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
塵塚談

《塵泥》ちりひじ

 神沢杜口著。58巻(写本は40巻・50巻・55巻・58巻とある)。「翁草余稿」の別名が示す通り、 翁草の後を受けて諸書の書写を行い、また当時の見聞をも書いたもの。寛政 3年(1791)から 6年(1794)に書かれたと思われる。 引用元は北海道大学附属図書館本館蔵の写本(文化年中のものか)。
年表二

《椿園雑話》ちんえんざつわ

 伊丹椿園著の随筆。もともとは 2巻。天明元年(1781)著者歿により未完。著者の郷里伊丹地方及びその周辺の話題には、 他に伝わらぬ貴重なことがらも含まれる。他に様々な人物の逸話などを載せ、50条余りに及ぶ。 引用元は「随筆百花苑」(藤女子大学図書館蔵)。
椿園雑話

《珍画譜》ちんがふ

  3巻の絵本。宝暦 7年(1757)刊。一龍子作、花耕山人画。「訓蒙図彙」に倣って地理・人物・飛禽・鱗介・走獣・昆虫に分類し、 狂歌と素朴な絵とでパロディ化する滑稽絵本である。引用元は「京都大学蔵大惣本稀書集成」(札幌大学図書館蔵)。
珍画譜

《椿花文集》ちんかぶんしゅう

  2冊の俳諧句文集。定雅著、栖鳳編。天明 7年(1787)刊。上巻は定雅の俳文で、「貧乏神の弁」など15編を収め、 下巻は定雅自身の発句と同時代の諸家の発句を載せる。引用元は「俳書叢刊」(藤女子大学図書館蔵)。
椿花文集

《珍作鸚鵡石(明和)》ちんさくおうむいし

  2巻 2冊の噺本。明和 6年(1769)序。梅鶯作。58話を収める。新作と旧作焼き直しがほぼ半々であるが、 文章が巧みで内容も面白い。引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
珍作鸚鵡石(明和)

《珍作鸚鵡石(安永)》ちんさくおうむいし

  1冊の噺本。安永 6年(1777)福寿軒序。220話の大半が先行書に載っているものの焼き直しで、さらに題名だけが366話もある。 副題「軽口咄し大集」の名に相応しい大部の写本である。引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
珍作鸚鵡石(安永)

《珍説要秘録》ちんせつようひろく

→当時珍説要秘録

《通気粋語伝》つうきすいごでん

  1冊の洒落本。山東京伝作。寛政元年(1789)刊。「忠義水滸伝」をもじったのが表題で、内容は水滸伝を洒落本風にこじつける形で翻案したものだが、 一応「上編」と称するものの中編以後は予告のみに終わった。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
通気粋語伝

《通詩選諺解》つうしせんげんかい

 大田南畝撰の狂詩集。 1冊。「唐詩選」のパロディである「通詩選」シリーズの第 3作にして最終作。 天明 7年(1787)刊。第 1作「通詩選笑知」が五言絶句、第 2作「通詩選」が七言古詩、そして本作で七言絶句のパロディを出版した。 このシリーズは明治に至るまで売れに売れた。引用元は「大田南畝全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一年表二通詩選諺解野見宿祢

《通仁枕言葉》つうじんまくらことば

  1冊の洒落本。蓬莱山人帰橋作。天明元年(1781)序。四開(すむゆう)という深川の客のもとに、馴染みのおたよから病気と称して約束を替えよという文がきたので、 腑に落ちない四開がその事情を探ってわけをつけさせるという内容。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
通仁枕言葉

《通点興》つうてんきょう

  1冊の洒落本。花街(橘花町雅徳か)作。天明元年(1781)序。通人らしき者が通言入りの歌仙を持ってきて通者菴晒落なる宗匠に即点を依頼するというもの。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
通点興

《杖の竹》つえのたけ

 松宇60歳の賀集。 1冊。文化14年(1817)刊。巻頭こそは松宇の吟を立句とした歌仙であるが、俳文のあとは賀とは関係ない四季雑詠である。 松宇編となっているが、実際は一茶の撰。引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。
杖の竹

《月並発句帖》つきなみほっくじょう

 蕪村社中の月次句会記録の 3番目。安永 3年(1773) 8月10日から 6年 5月10日までの分を収める。 巻末に天明 3年(1783) 4月24日から10月10日までの分を附す。百池の筆録か。引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
月並発句帖

《月次前句附集》つきなみまえくづけしゅう

 仮題。元禄14年(1701)頃刊か。調和が催した一句附俳諧の勝句集で、「三評風姿十の指」「十指追加風月の童」に続くものと思われる。 調和・立志・艶士が選んだ一番・二番勝句には挿絵も添え、さらに十番勝句までを載せる。引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
月次前句附集

《月の出羽路》つきのいでわじ

 菅江真澄の地誌。仙北郡と河辺郡とがある。仙北郡は25巻に及ぶが、最終巻は清書まで至らず草稿のみが残る。 文政 9年(1826)に書き始め12年 5月まで編んだもの。同年 7月に菅江真澄は歿しているので、最後の著書といえる。 河辺郡は上巻とされている 1冊のみ。一部は文化12年(1815)の調査をもととし、諸書からの抜粋を文政 6年にまとめ、翌年に註記を加えたもののようである。 引用元は「菅江真澄全集」(藤女子大学図書館蔵)。
月の出羽路

《月のゆくへ》つきのゆくえ

 荒木田麗女著の歴史物語。 2巻 3冊。いわゆる鏡物の構想を借り、老いた隠者が高倉帝・安徳帝の時代を物語る。 明和 8年(1771)成。平家物語や源平盛衰記などを材料とし、雅文で書かれた流麗な物語である。引用元は「新訂増補史籍集覧」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一

《つくも髪の物語》つくもがみのものがたり

→今鏡

《附合小鏡》つけあいこかがみ

 蓼太の口述を門人の牛家が筆録した俳諧作法書。安永 4年(1775)刊。 1冊。「去来抄」などの他書を引いた部分もあるが、 17条にわたって例句を交えながら具体的に解説した入門書である。引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
附合小鏡

《附合てびき蔓》つけあいてびきづる

 几董著の俳諧作法書。 1冊。天明 6年(1786)成。付合の手引書で、古法に則りながら著者自身の意見を交え、主に「もゝすもゝ」の句を例として挙げながら解説したもの。 蕪村及びその一派による連句の考え方をしる上でも重要な資料。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
附合てびき蔓

《繋橋》つなぎはし

 幽嘯編の俳諧撰集。文化 6年(1809)刊か。 1冊。陸奥行脚の途次、須賀川で芭蕉らの歌仙を見て、一茶ら諸国俳人の発句を加えて出版したもの。 引用元は「一茶全集」(藤女子大学図書館蔵)。
繋橋

《経俊卿記》つねとしきょうき

 吉田経俊の日記。もともとは嘉禎 3年(1237)から40年分のものがあったと考えられるが、現存しているのはほんの一部、 自筆原本15巻と抄出記事ぐらいである。有職故実や朝儀の原典のひとつであり、吉記をはじめとする吉田家歴代の日記とともに珍重された。 引用元は「図書寮叢刊」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《経長卿記》つねながきょうき

→吉続記

《経信卿記》つねのぶきょうき

→帥記

《経光卿記》つねみつきょうき

→民経記

《露新軽口はなし》つゆしんかるくちばなし

  5巻 5冊の噺本。露の五郎兵衛作。元禄11年(1698)刊。写本のみで伝わる。当時の軽口咄の第一人者であった露の五郎兵衛の作品集で、 「露がはなし」の続篇とも目される。短いながらも完成度が高い。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
露新軽口はなし

《露五郎兵衛新はなし》つゆのごろべえしんばなし

  1巻 1冊の噺本。露の五郎兵衛作。元禄14年(1701)刊。同年の落雷・洪水に材を多く取った際物噺本。 引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
露五郎兵衛新はなし

《鶴岡放生会職人歌合》つるがおかほうじょうえしょくにんうたあわせ

 鶴岡八幡宮と関係の深い職人が登場する歌合。弘長元年(1261)成立か。12番48首を収める。放生会の折に職人が詠作したものとされる。 引用元は「新編国歌大観」(石狩市民図書館蔵)。
鶴岡放生会職人歌合

《徒然が川》ろくちょういちり

  5巻 5冊の洒落本。艶好法師(西村定雅)作。天明 3年(1783)刊。徒然草を模して京都の遊びを穿ち、 粋というものを論った談義本様の洒落本。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
徒然が川

《兵根元曾我》つわものこんげんそが

 歌舞伎狂言。中村明石清三郎・初世市川団十郎合作。元禄10年(1697)初演。内容を知り得る曾我物狂言としては江戸最古の作。 初世団十郎得意の曾我五郎を中心とする狂言で、不動を念じて勇力を授かる得意の荒事芸が見られる。 曾我十郎との対照が良く、大当たりを取った。引用元は「元禄歌舞伎傑作集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
兵根元曾我

《帝王編年集成》ていおうへんねんしゅうせい

→帝王編年記

《帝王編年記》ていおうへんねんき

 裏づけはないが、僧永祐の撰とされる年代記。後伏見院までの27巻が存するが、30巻まであったともいわれている。 南北朝時代の成立か。即位前紀から在位中の事件、上皇・皇子女・後宮・摂関などを記載している。 引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表一野見宿禰

《庭訓往来》ていきんおうらい

 著者未詳。 1冊。南北朝末期から室町初期の成立。往復24通の手紙から成る。季節特有の内容のものと、武士の生活に関連するものとがあり、 語彙の列挙により辞典という性格をも併せ持つ。往来物の代表として明治時代まで流布した。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
庭訓往来

《貞信公記》ていしんこうき

 藤原忠平の日記。貞信公記の称は、筆者の諡号による。延喜 7年(907)〜天暦 2年(948)の記が残るが、 現存するのは長子実頼によって抄出されたものである。典礼や政務の記事が多い。抄本として伝わったため記事は簡略であるが、 貴族の日記として現在に伝わるものの中では最も古いものであるため、その価値は大きい。引用元は「大日本古記録」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一

《提醒紀談》ていせいきだん

 雑学者山崎美成の随筆。 5巻。嘉永 3年(1850)刊。著者の興味本位で綴られた漫録といえるもので、 題には読者の耳目を醒ます一助となしたいとの意を込める。それぞれの話に出典を注記する。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
提醒紀談

《貞徳誹諧記》ていとくはいかいき

  2巻 1冊。服部一貞編。寛文 3年(1663)刊か。貞徳独吟の自注など数種の独吟を集め、歿して忘れられかけた貞徳を再度世に知らしめんとしたもの。 上巻には独吟百韻 5種、下巻は名寄・俳書一覧と発句264句を収める。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
貞徳誹諧記

《丁酉帖》ていゆうちょう

 安永 6年(1777)の歳旦帖。 1冊。鷺喬編。蓼太・暁台らの中興期の名家や蕪村一門を中心として入集している。 引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
丁酉帖

《擲銭青楼占》てきせんせいろうせん

  1冊の洒落本。作者不詳。明和 8年(1771)刊。宝暦年中刊行の「開学小筌」、明和 2年刊の「遊郭擲銭考」の改題改刻本で、 序・跋を新しくし、本文にも改変がある。さらに序にある「釈迦が嶽」は埋木により改刻されたものである。 銭 5枚を投げる占書の体裁で、酒席にて実用に供されたものか。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
擲銭青楼占

《摘題和歌集》てきだいわかしゅう

 類題歌集。室町時代後期、宝徳から明応までの間に成立。撰者は不詳。諸本によって出入りはあるがだいたい3,500首を収録する。 古典和歌の中でも比較的難解かと思われる歌が多く、題詠中級者向けに編まれたものと推測される。 引用元は「古典文庫」(藤女子大学図書館蔵)。
摘題和歌集

《出頬題》でほうだい

  1冊の噺本。夢楽庵序。安永 2年(1773)序。収められている62話は殆どが当時の新作であるが、 シリーズものにはならなかった模様。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
出頬題

《天水抄》てんすいしょう

→連歌天水抄

《伝宣抄》でんせんしょう

 洞院公賢撰か。口宣案と上卿の消息を収めたもの。勅旨がいかなる文書によって伝達されるかを知ることができるもので、 当時の上卿にとっての実用書。引用元は「群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
伝宣草

《点滴集》てんてきしゅう

 編者未詳の俳諧発句集。延宝 8年(1680)序。 4巻であるが、巻第四を欠く。西鶴が書き溜めたものを四季類題別に編んだと序文では書かれてあるが、 杜撰に過ぎて怪しまれている。未見の冬部を合わせると2,000句を優に超すと思われる大部な句集である。 引用元は「俳書叢刊」(藤女子大学図書館蔵)。
点滴集

《天保集成》てんぽうしゅうせい

→御触書

《天満千句》てんませんく

 編者未詳の俳諧千句。 1巻。延宝 4年(1676)序。延宝 3〜 4年に興行されたと推定される千句で、 大坂の作者連11人による千句。作法に則らない放縦なものという。引用元は「古典俳文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
天満千句

《天明紀聞》てんめいきぶん

 成立時期不詳。著者も不詳ながら、内容から幕臣と思われる。天明時代の事件などを記した見聞録である。 江戸における世間の様子を知るには恰好の資料である。引用元は「未刊随筆百種(米山堂版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《天明集成》てんめいしゅうせい

→御触書

《丁酉之句帖巻六》ていゆうのくじょうまきろく

 几董句稿の 6冊目。安永 6年(1777)正月より 7年春までの分である。百題即案句会の記録が多い。 蕪村周辺における修業の一端が窺われる。引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
丁酉之句帖巻六

《出来斎京土産》できさいきょうみやげ

  7巻 7冊の仮名草子・地誌。浅井了意著。延宝 5年(1677)刊。了意の「京雀」から文書を流用するところ多く、配列もまた同書に拠ったとみられるところから、 本書も了意著とされている。出来斎なる者が諸国行脚を志して上京し、名所を巡覧しながら狂歌を詠ずる「京童」と同様の趣向で、 実用性は高くない。引用元は「近世文学資料類従 古板地誌編」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
出来斎京土産

《殿暦》でんりゃく

 藤原忠実の日記。承徳 2年(1098)から元永元年(1118)までが現存。朝儀・院または摂関家の状況をよく記しているが、 保安 2年(1121)の失脚をはじめとする雌伏時代の記は残っていない。引用元は「大日本古記録」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一

《東奥紀行》とうおうきこう

  1冊の紀行。長久保赤水(玄珠)著。宝暦10年(1760) 7月に東奥を訪ねて歩いたもので、特に松島については詳細に記す。 間に絶句を挟む漢詩紀行ともなっている。引用元は「近世紀行日記文学集成」(札幌大学図書館蔵)。
東奥紀行

《東海道駅路の鈴》とうかいどうえきろのすず

  5巻 5冊の地誌。宝永 6年(1709)刊。大曾根佐兵衛著。僧侶 2人で東海道を上る道中記の体裁で記した地誌で、 そのうちの 1人(風也)が説明役となっている。「東海道名所記」の影響を受けた作品。引用元は「立命館大学図書館所蔵善本復刻叢書」(札幌大学図書館蔵)。
東海道駅路の鈴

《東海道敵討》とうかいどうかたきうち

→元禄曾我物語

《東海道中滑稽譚》とうかいどうちゅうこっけいたん

  1冊の噺本。花山亭笑馬撰。天保 6年(1835)序。笠亭仙果が江戸から名古屋に戻るのを待ち受けた同人が東海道の宿駅にちなむ小咄を作り、 笑馬が編集して成ったもので、20話を収める。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
東海道中滑稽譚

《東海道名所記》とうかいどうめいしょき

  6巻 6冊の仮名草子。浅井了意作。万治末年(1661)頃の刊。楽阿弥陀仏なる僧と大坂の若者との旅を基本に据え、 道中記としての実用性も持たせながらも、当時の仮名草子などを取り込み、また結末を夢物語の恰好にするあたりに文学作品の体裁を整えようという苦心が見える。 恐らく作者自身が万治 2〜 3年(1659〜60)あたりに東海道を旅した経験をもとにしているものと考えられる。 引用元は「古典資料」(藤女子大学図書館蔵)。
年表一東海道名所記

《東海道名所図会》とうかいどうめいしょずえ

  6巻の名所図会。秋里籬島著、画は円山応挙・竹原春泉斎ら30人。寛政 9年(1797)刊。東海道の名所、寺社の祭礼や名品名産を紹介した案内記で、 京都から東に下る。秋里籬島が著した種々の名所図会の中でも傑作に数えられる。引用元は、羽衣出版刊本(札幌大学図書館蔵)。
東海道名所図会

《桃華(花)蘂葉》とうかずいよう

  1巻の有職書。一条兼良著。文明12年(1480)成立。一条家当主冬良のために著したもので、一条家の故実を詳細に述べたあと、 伝来する文書記録類の説明や寺院・家領の現況などを記してある。引用元は「群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一

《東宮学士義忠歌合》とうぐうがくしよしただうたあわせ

 万寿 2年(1025) 5月 5日催行。藤原義忠が任国阿波国にて催したもので、自歌自判である。夏季の題10番の歌合で、学者らしく判には故事を引用している。 冒頭に仮名日記を載せる。引用元は「新編国歌大観」(石狩市民図書館蔵)。
年表一野見宿禰

《春宮権大夫記》とうぐうごんのだいぶき

→春記

《春宮権大夫資房卿記》とうぐうごんのだいぶすけふさきょうき

→春記

《東斎随筆》とうさいずいひつ

  2巻 1冊の説話集。一条兼良編。室町時代中期成。11類78話を収める。「古事談」「十訓抄」「大鏡」からの説話が中心で、 そのまま忠実に写してあるものが殆どである。引用元は「中世の文学」(藤女子大学図書館蔵)。
東斎随筆

《当座はらひ》とうざばらい

  1巻の俳諧撰集。千山編。元禄16年(1703)自序。姫路の俳士を中心とする諸家の連句や四季発句を収める。 蕉門俳家の発句も見られる。引用元は「天理図書館綿屋文庫俳書集成」(札幌大学図書館蔵)。
当座はらひ

《東寺王代記》とうじおうだいき

  1巻の年代記。天神 7代に始まり、下限は後花園天皇の永享 8年(1436)。もともとは特に決まった名を持たなかったらしく、 同内容でありながら「王代記」「皇代略記」「仁和寺年代記」の名を持つ写本も存する。東寺または仁和寺の僧による著作か。 引用元は「続群書類従」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表一野見宿禰

《当時珍説要秘録》とうじちんせつようひろく

 馬場文耕著。宝暦 6年(1756)始め頃の成立。10巻。徳川 9代将軍家重時代の将軍から家臣までの逸話が43話ある。 引用元は東京大学史料編纂所蔵の写本で、「百万塔」所収本(大阪府立図書館蔵)や「叢書江戸文庫」所収本(藤女子大学図書館蔵)、 及び「新燕石十種」所収「相撲今昔物語」(北海道大学附属図書館本館蔵)をも参照したが、読点は私に附した。
当時珍説要秘録

《冬至梅宝暦評判記》とうしばいほうれきひょうばんき

 宝暦時代の江戸の高名家を批評したもの。 6巻。刊行年月は不明であるが、宝暦年間であろう。 引用元は「徳川文芸類聚(国書刊行会版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
冬至梅宝暦評判記

《東照宮御実紀》とうしょうぐうごじっき

 徳川実紀のうちの家康編。→徳川実紀

《道成寺現在蛇鱗》どうじょうじげんざいうろこ

 浅田一鳥・並木宗輔合作の浄瑠璃。 5段。寛保 2年(1742)初演。旅の僧安珍に結婚を迫る主人公の烈女伝説として名高い道成寺説話をもとにしたもの。 本作で初めて女主人公に「清姫」と名がついたという。純粋にして一途な恋情転じて憎しみとなり、相手を滅ぼしてしまう。 引用元は「叢書江戸文庫」(札幌大学図書館蔵)。
道成寺現在蛇鱗

《当世廓中掃除》とうせいかくちゅうそうじ

  5巻 5冊の洒落本。盧橘庵(田宮仲宣)作。文化 4年(1807)刊。京都遊廓における客と女郎との会話がそのまま転じて粋談義となっている作品。 題名は「郭中荘子」のもじり。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
当世廓中掃除

《当世爰かしこ》とうせいここかしこ

  1冊の洒落本。安永 5年(1776)刊。御無事庵春江作。当時の江戸のはやりものを次から次へと連記した狂文体の洒落本で、 同類の書は数種存在するが、いずれも本書ほどの自在さを持たないという。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
当世爰かしこ

《当世左様候》とうせいさようさ

  1冊の洒落本。安永 5年(1776)序。藩中館新五三作。洒落本であるにしては俳優の評判ばかりで、会話などにも面白みの乏しい不出来の作と評される。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
当世左様候

《当世粋の源》とうせいすいのみなかみ

  5巻 5冊の洒落本。天明 7年(1787)巻。前川来太作。粋というものを「粋の源指南」なる看板を出した若隠居が当世風の男に説くという作品。 引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
当世粋の源

《当世武野俗談》とうせいぶやぞくだん

  1巻の随筆。宝暦 7年(1757)自序。馬場文耕著。将軍や大名及びその家臣の言行を収めた「武野燭談」のもじりで、 江戸で名が通っていた畸人の言行を記したもの。全42条。引用元は「燕石十種(国書刊行会版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
当世武野俗談

《当代江戸(江都)百化物》とうだいえどひゃくばけもの

 馬場文耕著。宝暦 8年(1758)序。「人にして人を化するもの」を化物に見立てて街談という形で描く。 恐らく町の噂話に主に拠っているとみられるが、先行書がある話も存在する。引用元は「新日本古典文学大系」(石狩市民図書館蔵)。
当代江戸百化物

《東大寺要録》とうだいじようろく

 東大寺の伝聞旧記を編集した寺誌。編者不詳。もとは嘉承元年(1106)以降に各巻 1章ずつ10巻の形態でつくられたが、 長承 3年(1134)に寺僧観厳によって再編集され、巻数10巻は変わらないものの、 1巻に複数章収まる部分も出た。 創建から平安時代院政期までの東大寺の様子を窺うための基本史料。引用元は「続々群書類従」(藤女子大学図書館蔵)。
東大寺要録

《道中膝栗毛》どうちゅうひざくりげ

 滑稽本。正編 9編18冊、続編12編25冊。栃面屋弥次郎兵衛と北八の道中記。当初は「初編」のみで完結のはずが、 あまりの好評のために 3編あたりから長編としての体裁をとるようになり、享和 2年(1802)の初編から文政 5年(1822)まで20年にも亙る大作となった。 本作の影響を受けたと思しき道中記ものが多数生まれた。引用元は、正編が「日本古典文学大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)、続編は「日本名著全集」(北海道大学大学院文学研究科冨田康之教授蔵)。
道中膝栗毛

《道聴塗説》どうちょうとせつ

 大郷信斎著。文政12年(1829)の成立か。25編。 1〜 3編は文政 8〜 9年の、 4〜16編は文政10〜11年の、 17〜25編は文政12年春の風聞雑説を記している。題名は「世間話を受け売りしたもの」ということである。 引用元は「鼠璞十種(国書刊行会版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《洞房古鑑》どうぼうこかん

 吉原の名主役となった竹島仁左衛門春延が執務上参考になる古例を集めたもので、さながら吉原百科。 8巻。 6巻までは宝暦 4年(1754)の記があるが、天明までの記事まで載っていることから、養子の春英が書き継いだとも考えられる。 引用元は「随筆百花苑」(藤女子大学図書館蔵)。
年表二

《答問雑稿》とうもんざっこう

 清水浜臣著。 3巻。知友門人からの質問に答えた雑稿で、古今の典籍から引いて仔細に返答をなしている。 享和 2年(1802)から文政 5年(1822)頃までの長期間に亙るらしい。引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
答問雑稿

《兎園小説余録》とえんしょうせつよろく

 曲亭馬琴の著。もともとは「兎園会」の構成員で奇事の稿を毎月持ち寄って読み合っていたものをまとめた「兎園小説」を源流とするが、 兎園会解散後、旧構成員が出した「外録」とは別に、馬琴が独自に「別集」「拾遺」「余録」と続けて出した。 余録はその最後のもので、 2巻 1冊。天保 4年(1833)頃の成立。引用元は「新燕石十種(国書刊行会版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二兎園小説余録

《都記》とき

→帥記

《言国卿記》ときくにきょうき

 山科言国の日記。文明 6年(1474)から文亀 2年(1502)までの日次記が残る。応仁の乱の最中から乱後にかけての公武の様子(幕府の内紛も含む)や、 所領における御家人の動態がよく記されている。「一」で始まる一つ書きで、仮名交じり文である。 引用元は「史料纂集」(藤女子大学図書館蔵)。
年表二

《言経卿記》ときつねきょうき

 山科言経の日記。天正 4年(1576)から慶長13年(1608)までの記録がある。有職故実を伝える家柄であり、 また典籍の書写を積極的に行った。これにより典籍流布の過程の原点を知ることができる。京都のいわば「再開発」の様子や、 医学に関する記述も豊富に含まれる。引用元は「大日本古記録」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年表二

《常盤》ときわ

  6巻及び系図と引歌 1巻、計 7冊。荒木田麗女作の擬古物語。安永 3年(1774)成。 あちらこちらに愛人がいた中将が主人公で、唯一心底から愛していた内大臣の姫と結婚してからすっかり更生したという筋。 引用元は「荒木田麗女物語集成」(藤女子大学図書館蔵)。
常盤

《常盤の香》ときわのか

 紫暁編。 1冊。寛政11年(1799)刊。「雪の光」に続き、蕪村17回忌の追善集として編み、上梓したもの。 引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
常盤の香

《徳川実紀》とくがわじっき

 徳川将軍のうち初代の家康から10代の家治までの事歴を、将軍を中心として述べた史書。江戸幕府撰。 将軍ごとに編を分かち、編年体で叙述する。寛政11年(1799)に林述斎が編纂を建議し、享和元年(1801)に正式決定。 編集総括は林述斎、編集主任は成島司直。文化 6年(1809) 2月の起稿で、天保14年(1843)12月に献上された。 収載範囲は天文11年(1542)から天明 6年(1786)まで。平仮名交じり文で統一されているが、史料の原形態はあまり崩さぬように収録されている。 引用元は「新訂増補国史大系(新装版)」(石狩市民図書館蔵)。
年表二徳川実紀

《独吟一日千句》どくぎんいちにちせんく

  1冊の俳諧追善集。西鶴編。延宝 3年(1675)自序。同年に歿した妻のために 1日で詠んだ独吟千句で、 「追善誹諧」と題した百韻10巻は、どれも「ほととぎす」題の釈経発句で詠み始める。最後に宗因らの追善発句を載せる。 引用元は「定本西鶴全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
独吟一日千句

《読老庵日札》どくろうあんにっさつ

 著者は老樗庵。この人について苗字は岡田とも立野ともいわれるが、全く違って本名が中野觚であるともいう。 序跋ともになし。考証随筆で、83項目ある。引用元は「鼠璞十種(国書刊行会版)」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
読老庵日札

《徳和歌後万載集》とくわかごまんざいしゅう

 15巻 2冊の狂歌集。四方赤良(大田南畝)編。天明 4年(1784)成、 5年刊。「万載狂歌集」の続編で、版元の依頼で編んだものという。 万載集のときと異なり、部立にパロディの要素はなく、また入集した作者の顔触れも赤良門の者が中心をなしている。引用元は「江戸狂歌本選集」(札幌大学図書館蔵)。
徳和歌後万載集

《都考抜書》とこうばっしょ

 本居宣長著。古今の諸書から京都に関する事項を抜き書きしたもの。 6冊。延享 3年(1746)起筆、宝暦元年(1751)頃脱稿か。 但し 7冊目以降も存した可能性がある。京都・京都に関するあらゆる事項を書き抜いたものの堆積で、 3冊目までには「京志」、 4冊目には「京城志」の内題がある。 稿本とはいえ一種の京都便覧たり得る。引用元は「本居宣長全集」(石狩市民図書館蔵)。
年表一都考抜書

《とこよもの》とこよもの

  1冊の狂歌集。尋幽亭載名編。文化 5年(1808)成。同年 7月18日の唐衣橘洲七回忌を期した追善集で、編者による序の次に画者橘実吉(神屋蓬洲)による肖像画と序が載り、 その後はすべて追善句という構成。引用元は「江戸狂歌本選集」(札幌大学図書館蔵)。
とこよもの

《土左記》とさき

→水左記

《年忘噺角力》としわすれはなしずもう

  5巻 5冊の噺本。岡本対山・椎本下物撰。安永 5年(1776)刊。前々年から大坂で催された「噺の会」における優秀作品集の第 1弾。 48話を収める。引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
年忘噺角力

《となみ山》となみやま

→ありそ海

《宿直譚》とのいがたり

 「宿直文」の改刻改題本。順序を変え、挿図を速水春暁斎のものに改めている。→宿直文

《宿直文》とのいぶみ

  5巻 5冊の読本。三宅嘯山作、下河辺拾水画。天明 7年(1787)刊。全部で12章となっているが、内容で分けると 6話となる。 作者は俳人でありながら中国白話小説の翻案者でもあり、本作にも「十二楼」・「石点頭」の翻案・翻訳が含まれている。 引用元は「日本随筆大成(新版)」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
宿直文

《飛梅千句》とびうめせんく

→守武千句

《飛梅千句》とびうめせんく

 仮題。 1冊の俳諧連句集。編者未詳。延宝 7年(1679)序。13人で詠んだ一日千句で、発句の題は奇数巻が「梅」で偶数巻は「松」。 引用元は「定本西鶴全集」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
飛梅千句

《都鄙談語》とびだんご

  1巻の噺本。亀文子作。安永 2年(1773)刊。39話を収める。「飛談後」「さしまくら」に続くもので、 それぞれ作者名が異なるが、恐らく同一人物と思われる。 4・ 5篇の予告があるが、未刊とみられる。 引用元は「噺本大系」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
都鄙談語

《とら雄遺稿》とらおいこう

 太魯編。安永 5年(1776)序。同年歿した虎雄の追悼集で、虎雄の発句を季題順に並べ、それから追悼句を載せる。 引用元は「蕪村全集」(藤女子大学図書館蔵)。
とら雄遺稿

《取組手鑑》とりくみてかがみ

  1冊の洒落本。関東米(振鷺亭か)作。寛政 5年(1793)刊。手管を相撲にこじつけた作で、前々年の京伝筆禍事件もものかは、 「横綱床入之図」なるものを堂々と載せている。引用元は「洒落本大成」(北海道大学附属図書館本館蔵)。
取組手鑑

《鳥のみち》とりのみち

 玄梅編の俳諧撰集。 2冊。元禄10年(1697)序。珍しい奈良の蕉門俳書で、まだ刊行されていなかった「おくのほそ道」の文章なども収められている。 上巻に発句、下巻に歌仙を収録。引用元は「俳書叢刊」(藤女子大学図書館蔵)。
鳥のみち

《屠龍工随筆》とりょうこうずいひつ

 小栗百万著。著者が没した安永 7年(1777) 6月に門人の留倫が校訂したもの。特に脈絡はなく、思うがままに書きつけられた随筆で、比較的言葉に関するものが多い。 著者は江戸の俳人で、伽羅菴と号した。引用元は「続日本随筆大成」(北海道大学附属図書館北分館蔵)。
屠龍工随筆
前画面に戻る