金葉和歌集
《金葉和歌集二度本巻第十》雑部下

  源頼光が但馬守にてありける時。たちのまへにけたがはといふかはのある。かみよりふねのくだりけるを。 しとみあくるさぶらひしてとはせければ。たでと申物をかりてまかるなり。といふをきゝて。くちずさみにいひける源頼光朝臣
たでかるふねのすぐるなりけり
  これを連歌にきゝなして相模母
あさまだきからろのをとのきこゆるは
  すまひぐさといふくさのおほかりけるを。ひきすてさせけるを見て読人不知
ひくにはつよきすまひぐさかな

とるてにははかなくうつるはなゝれど

詩歌に戻る