崑山集
《崑山集巻第三》蛙

はだかにてすまふ取べき蛙哉    中島内蔵

《崑山集巻第五》郭公

なのらぬは下手のすまふか子規

《崑山集巻第六》扇

扇相撲とれるはゆびのまたの哉   山内正泰
(中略)
骨ぐみもつよきはあふぎ相撲哉   々

々…長頭丸。

《崑山集巻第七》相撲

矢といひてなげしすまふやうつぼがけ
すまひ取頼みやかくるちからがみ
羽返しはしきよき小とり遣ひ哉
足を先とるは勧進ずまひ哉
幡磨なげにとるやしかまの勝ずまひ
神の前でなげほうり子の相撲哉   三河吉田清良勝
そり帰る弓や相撲の引出もの    伊藤正賀
声かけてなぐるぞゑいや大相撲   利政
のりがちの相撲はわれのつぎめ哉  江戸住島源左衛門常久
ひざを流す相撲の手もや水車    中島
すまひとる節も年中行事哉     吉也
得手物かことりづかひの羽がひじめ 藤田友宣
たがこしをそらすなことりづかひの手高瀬元晴
碁の手かや打こかひたるせき相撲  重宗
下帯の色や赤まが関ずまひ     梶山保友
下帯をしめてや井手の里相撲    同
鐘を月の夜相撲の手やしもくぞり  住田政信
人とわれの相撲はかちもまけもなし 同
なげ打やてんねん礫に勝相撲    道永
足ぶみやひねりずまふの八文字   林鹿
手をとるといへど足取すまひ哉   江戸奥田彦右衛門本包
山雀がへうたんなげの相撲哉    了安寺夕翁
弓取の名乗は鑓かつきずまふ    大坂満成
鬼ともゝ取や六道の辻相撲     長頭丸

《崑山集巻第七》秋扇

秋立てとらぬは扇ずまひ哉

《崑山集巻第八》萩

小また取や萩が下手のすまひ草   同

同…長頭丸。

《崑山集巻第八》秋草

秋のゝの行事はいかにすまふ草
野辺の秋もたつ方ほめんすまひ草
(中略)
合せばや鬼のしこ草すまひ草
(中略)
露につより風によはるやすまひ草
(中略)
野分こそ芝居やぶりのすまひ草   未得
よしをのゝ花なとらせそすまふ草  伊藤平兵衛正賀
風の手を師匠にとるやすまふ草   江戸宗成
(中略)
手をとるや野辺のかづらも相撲草  同

同…長頭丸。

《崑山集巻第十》月

そる月は相撲にかつら男かな    平井延易

《崑山集巻第十一》芋

いもの子や相撲とらねどきぬかづき

《崑山集巻第十二》冬草

すまひ草冬まであるや取おくれ   山田昌長

《崑山集巻第十三》水鳥

いれくびの鴨や波間のすまひとり  伊藤正賀

《崑山集附録廻文部》春草

咲ふまずよけ足あげよすまふ草   勢州冨田広瀬彦三郎兼吉
詩歌に戻る