眉山
《眉山上》

  浴衣なからに身を撫て居る   東随
この比の相撲の首尾を又咄す    李卜
    露■■■■窓おろし込   甫水

《眉山上》

逢んとやに稲田苅身に古清軍    夕
    今更こハし相撲場の疵   珠
念仏の噺のしこる高野道      屑

夕…吟夕。以下同じ。
珠…探珠。
屑…和屑。


《眉山上》

畠をよけて通夜の月       牛
老たるハ相撲噺も声ひくき     夕
 まくらハ桐の木にてよきもの   風

牛…子牛。
風…如風。


《眉山下》

わら男御鬮とりけり相撲の間    省云
夜すまふに鉢巻ぬけて坊主哉    風礫
勝たらハ何と名乗らふ紙すまひ   班竹
すまふ見て親仁のむかしはなし哉  琴上弟源次
詩歌に戻る