蓑笠
《蓑笠巻之上》

   さくりまはりて牛房引らん   沙長
おかしいそ手にもたらさる角力とも  考越
    よほと聞ある寺の夕くれ   天垂

《蓑笠巻之上》

 あとからもまたこからやまから   羅
独して角力の果を無念かり      羅
  よいかけんなる酒にいたさう   惟

羅…舎羅。
惟…三惟。


《蓑笠巻之下》

    月さんやりと浜の蔵なみ   角
小角力の相手をまねくちから瘤    仝
   染ちらしたる羽織うるさき   羅

角…芦角。
羅…舎羅。


《蓑笠巻之下》秋之部

見物を踏て出たる角力かな      市中

《蓑笠巻之下》冬之部

角力場をわすれて行や初しくれ    天垂
詩歌に戻る