むかし語
《むかし語天》

○むかし去来。応々といへど扣くや雪の門といへる句を得て。其比同門の諸生に評せしむるに。何れも賞美せし中に。 其角許六は。まことに雪の門かな。下五文字すぐれたり。といへり。去来曰。情なき誉様也。明る間を敲きつゞけや雪の門かく言とも雪の門は遁すまじ。 五文字珍しとて五文字を以て句とせず。自賛には只此句に自然と寂の見えたるを第一とす。惣じて翁の句。 つよき句も弱き句も。狂じたるも厳重なるも。軽きも虚なるも。寂の付たるをみなうらやむ所也。此句にたまたま寂の見えたるを。 あはれ翁の在世ならば。快一笑を見るべきものを。と歎息し侍る。されど自寂の付たるとのみ覚えて。衆評に此事なければ。 愚意覚束なし。花守や白きかしらを付合せ。かく申侍りしを。翁も寂色見えたりとて賞美し給ふ。此句又翁とわれと同意なり。と。自賛ありしとなむ。
   等類の事
  猪の寝に行かたやあけの月   去来
此句自賛にて翁に語りければ。帰るとて野辺より山に入鹿のあと吹送る荻の上風。と其場の面白き事は。古人もよく知り給ひてあと吹送るとまでよまれたり。 只。寝に行かたや明の月と作したる迄にては。汝が手柄はなかるべし。と難じ給ひしとなり。
  小鳥さへ渡らぬほどの深山かな 去来妹千子
かく申侍りしを。去来難じて曰。一鳥不啼山更幽といふをおかしたり。と。又其角。去来に語て曰。 先師の流行をしたふものを見るに。梅が香にのつと日の出る山路哉 と吟じ給へば。或はすつとの。きつとのといへり。 師ののつとは真言ののつとにて一句の主人公也。門人のきつとの。すつとのは。きつともすつともせず。見ぐるしかりし。 我これを学ぶ事なし。といへりとなん。
八十年を経て当時の歳旦を見るに。等類古みの穿鑿は扨置。ゆつたりとしてかざり縄といへば。ゆつたりとしてはなの春。 気もゆつたりと千代の春。日もゆつたりと御代の春。のと。来るとしも又来るとしも万代不易を祝過して流行等類の沙汰に及ばざるは。 彼いふ癖を。師に習ひていと見ぐるし。
蓮二房自述の書に。蕉門に七名八躰の付かたといふ事。所々に出し置しが。尾の露川を難ずるとて。拷問は辰の刻から暮る迄。 の附句。硯に紙の重石吹ちるの句の外は。千眼一等の場にてよく附たりとも覚えず。又。暁の夢に行灯の火をとぼしといふ句に。 嫁々が子でない爺々の子になれといふより。さう泣ふなら嫁々が子でなしといふかたは。句作も付合も露川のかたまさるべし。 殊に拷問の附合。天相観想の句は。前句に曾て附ず。翁の曰。加賀の門人のために。附句の大数を書あつめたれど。如是記さば附句は爰にとゞまりてかへつて初心のまどひなるべし。と。 其書を反古にし給ひしとなん。誠に蕉門の附方は千変万化なるべし。
或人。宗長に。附句はいかゞし侍るがよし。と問たるに。上手の連句は他人の中よきがごとし。表向は遠けれど。下心よく付ておのづからのにほひ有。 下手は親類の中悪きに似たり。表向したしけれど。下心よからず。と申されしと聞しは。めでたきおしへなれ。
(篭を組側にあぶなう目をふさぎ
松葉の埃の煮る鍋蓋
(窮屈さうに袴着るなり
燭台の小サキ家にかゝやきて
(相撲にまけていふ事もなし
山頂は山伏村の一かまへ
(焼さして柴とりに行庭のはな
土かきさがす春の風筋
(鼬の声の棚もとのさき
箒木はまかぬに生て茂る也
(緒に緒をつけて咄す主筋
田の中に堀せぬ石の年ふかし
(とし寄て身は足軽の追か□し
泣て酒呑乗物の前
(一むしろなぐれて残る市のくさ
這かゝる子の飯つかむなり
(厂帰る白根に雲のひろがりて
うち乗馬にすくむ襟まき
(扨も鳴たるほとゝぎすかな
西行の無言の時のゆふまぐれ
(水汲かへて捨る宵の茶
窓開てを入るゝ軒のはな
(さかづきをそこらに巨燵とりまきて
としよりひとり日待つとむる
(城北の初雪晴るゝ蓑ぬぎて
起て火をふく鐘撞が妻
(雨のあがりの日は長閑なり
糞引雪車もおかしき雪のうへ
(科のむかしを島陰の菴
うきことの百首に魚の名をよみて

数しげゝればこゝに洩す。まことに。翁の附句は他人の中よきとやいはむ。

帰るとて…明ぬとて。
荻の上風…萩の下風。
追か□し…追からしか。
…雀。
巨燵…炬燵。


《むかし語天》

   吹までは帆をきせる肌寒   舟
相撲かとおもへば般若声そふな   鳳
 菓子もさすがにいにしへの京   白

舟…用舟。
鳳…子鳳。
白…既白。

詩歌に戻る